<   2016年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

1126/ (利尻島)オタトマリ沼

~2016/10/28~30 2度目の礼文島利尻島の旅(8)~

2016/10/29(土・晴れ)

「オタトマリ沼は周囲1kmの小さな沼。
周囲には遊歩道が整備され、自然にあふれた赤エゾマツ原生林の中を
オタトマリ沼と利尻山を楽しみながら散策する事ができる。

オタトマリ沼から見た利尻山が、北海道銘菓”白い恋人”のパッケージ
写真になっていると言われることがあるが、実際にはオタトマリ沼の裏側に
ある沼浦展望台から見た利尻山が、パッケージに使われている。」

1
d0029363_2358353.jpg


2
d0029363_23585140.jpg


3
d0029363_23585992.jpg


4
d0029363_23591615.jpg


5
d0029363_23594362.jpg


6
d0029363_23595158.jpg


7
d0029363_00979.jpg


8
d0029363_00360.jpg


9
オタトマリ沼の売店。(おみやげや軽食)
d0029363_001727.jpg


10
焼つぶ貝。
d0029363_002595.jpg


11
焼ホタテ。
d0029363_003572.jpg


12
250円、美味しかった。
d0029363_004641.jpg


13
もう一軒の売店。(海産物販売)
d0029363_005431.jpg


14
店内の無料コーヒー。
外は寒くて、温かいコーヒー、体が温まった。ありがとうございました。
d0029363_01133.jpg


~つづく














-------------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-30 21:21 | 旅に出る

1125/ (利尻島)姫沼

~2016/10/28~30 2度目の礼文島利尻島の旅(7)~

2016/10/29(土・晴れ)

フェリーが利尻島の鴛泊港到着後、利尻島最初の見学景点は「姫沼」。

「姫沼は人造湖。大正時代中期の1917年に、既にあった3つの小沼を
せき止め、湧水を利用して水位を上昇させて造られたという。
上空から見るとほぼ円形で、最大水深は4m。
”姫沼”の名前の由来は、その際にヒメマスを放流したことにちなむ。」

1
(利尻島)鴛泊港。
d0029363_1536972.jpg


2
(利尻島)鴛泊港。
d0029363_15362037.jpg


3
(利尻島)鴛泊港。気温は3.5度でした。
d0029363_15362916.jpg


4
鴛泊港から眺めた利尻山。
d0029363_15363916.jpg


5
鴛泊港から眺めた利尻山。
d0029363_15364691.jpg


6
姫沼
原生林に囲まれ静かな姫沼、湖の周囲は散策道が整備されている。
d0029363_15365572.jpg


7
d0029363_1537627.jpg


8
d0029363_15371576.jpg


9
d0029363_15372493.jpg


10
d0029363_15373316.jpg


11
d0029363_15374174.jpg


12
d0029363_15375280.jpg


13
湖の一周を周りました。歩きながら、8年前来たの記憶が蘇る返った。
d0029363_153831.jpg


14
姫沼
d0029363_15382695.jpg


15
d0029363_15401041.jpg


16
鮮やかな実、名まえはなんでしょう?
d0029363_15385091.jpg


17
d0029363_1539039.jpg


18
d0029363_15391332.jpg


19
d0029363_1539257.jpg


20
姫沼
d0029363_15393484.jpg


21
d0029363_15394699.jpg


22
姫沼
d0029363_1540176.jpg


23
d0029363_15402015.jpg


24
姫沼の売店。
d0029363_15403016.jpg


~つづく















------------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-30 15:42 | 旅に出る

1124/ (礼文島)スコトン岬

~2016/10/28~30 2度目の礼文島利尻島の旅(6)~

2016/10/29(土・晴れ)

「日本最北限の地スコトン岬、緯度的には稚内の宗谷岬が日本最北端ですが、
”北に限りない”という意味で、最北限です。」

1
d0029363_23122237.jpg


2
d0029363_23124233.jpg


3
民宿「島の人」。
ロマンし過ぎて、一度泊まってみたいです。

d0029363_23125946.jpg


4
民宿「島の人」。
d0029363_2313724.jpg


5
d0029363_23132720.jpg


6
風が強くて、前進むのは大変でした。
d0029363_23131559.jpg


7
晴々とした天気、肌を刺すような冷たい風は、尋常ではない。

d0029363_23145952.jpg


8
風速はどんのくらいあるでしょうか?体が弾き飛ばされそうになった。
片手は柵につかまって、片手はシャターを押しました。写真撮るを苦労しました。
スコトン岬の風は魔の風です。

d0029363_23143061.jpg


9
右はとど島(海驢島)。
「礼文島のスコトン岬から北方約1キロメートル沖合に位置する離島であり。」

d0029363_23141991.jpg


10
とど島(海驢島)。
「北海道礼文郡礼文町に属する無人島。名称は”海馬島”や”トド島”
とも表記され、またアイヌ語における名称はポンモシリ(Ponmosir)である。
利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる島であり。
20世紀初頭から1980年代にかけては、昆布やウニの漁期に限って漁業者が
居住していた。高台には海驢島灯台が存在する。」

d0029363_23133615.jpg


11
d0029363_231581.jpg


12
冷たい強風が吹いていた、海が大荒れ、波しぶきが凄かった。
d0029363_23152121.jpg


13
建物はスコトン岬唯一の売店「島の人」。
地元ガイドさんの話では、スコトン岬は私有地です。
d0029363_23153523.jpg


14
売店「島の人」。
売店「島の人」、民宿「島の人」、スコトン岬、オーナーは全部同じ人です。
(地元ガイドさんより)

日本最北限の地は国有地ではなく、私有地です。すごいわぁ~
d0029363_23154597.jpg


15
d0029363_23155587.jpg


16
売店「島の人」、店内。
d0029363_2316442.jpg


17
とど肉、買う人がいるでしょうか?500円なら、買ってもいいです。
d0029363_23161840.jpg


18
最北限のトイレ。
スコトン岬の撮影スポット、おそらく、日本一番人気なトイレ。
d0029363_23163693.jpg


19
「最北限」という言葉は、切なく魅力。
d0029363_23164958.jpg


20
車窓から。
d0029363_23165891.jpg


21
車窓から。
d0029363_2317873.jpg


22
昼食の場所「船舶漁業協同組合食堂」。
d0029363_23172049.jpg


23
盛付け豪華、礼文島の恵み、美味しかった。
d0029363_231732100.jpg


24
船舶漁業協同組合食堂。
d0029363_23175740.jpg


25
(礼文島)香深港。
d0029363_23181132.jpg


26
利尻山に面した香深港。
d0029363_23182188.jpg


27
(礼文島)香深港。
d0029363_23183288.jpg


28
(礼文島)香深港。

d0029363_23185462.jpg


29
(礼文島)香深港。
d0029363_2319474.jpg


30
(礼文島)香深港。
d0029363_23191662.jpg


31
(礼文島→利尻島)フェリー内。
d0029363_23192518.jpg


32
(礼文島→利尻島)フェリー内。乗船時間40分ぐらい。
d0029363_23193723.jpg


~つづく














-----------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-27 00:32 | 旅に出る

1123/ (礼文島)澄海岬

~2016/10/28~30 2度目の礼文島利尻島の旅(5)~

2016/10/29(土・晴れ)

澄海岬、名の通り、晴れた日は海が澄んで見えるところです。

1
d0029363_8534893.jpg


2
d0029363_23563626.jpg


3
d0029363_8541010.jpg


4
d0029363_8542255.jpg


5
澄海岬
残念、今日は強風のため、海浪は荒れており、澄海岬ではなく浪海岬でした。
d0029363_8544060.jpg


6
澄海岬
d0029363_8545264.jpg


7
澄海岬
強風の日には浪海岬になりました。
d0029363_8551438.jpg


8
展望台
d0029363_8552514.jpg


9
展望台
d0029363_8553576.jpg


10
澄海岬展望台から。
d0029363_8555556.jpg


11
澄海岬展望台から。
d0029363_8554397.jpg


12
車窓から
d0029363_8562539.jpg


13
車窓から
d0029363_856598.jpg



~つづく














-----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-26 08:58 | 旅に出る

1122/ (礼文島)桃台・猫台

~2016/10/28~30 2度目の礼文島利尻島の旅(4)~

2016/10/29(土・晴れ)

今日の行程:
(稚内)ホテルめぐま→6:30フェリー乗船→8:25礼文島→桃台・猫台展望台
→澄海岬→スコトン岬(日本最北限の地)→昼食(船舶漁業協同組合食堂)
→香深港(礼文島)→13:25フェリー乗船→14:10鴛泊港(利尻島)→
姫沼→オタトマリ沼→仙法志御崎公園→畑宮食品(買い物)→
利尻マリンホテル(宿泊)。

今日は礼文島と利尻島、2島を観光するので、朝のフェリー乗船時間は
6:30でした。

1
香深港(礼文島)
d0029363_8383058.jpg


2
フェリー内
d0029363_839751.jpg


3
フェリー内
d0029363_8391633.jpg


4
フェリー内
d0029363_8442947.jpg


5
晴れでしたが、強風で、フェリーの揺れが大きいでした。
2時間の乗船、すっかり酔ってしまいました。
酔い止め薬を飲んだが効き目がなく、吐きました、辛かった。
d0029363_8444043.jpg


6
桃台。8年ぶりでした。
d0029363_8444817.jpg


7
桃台
d0029363_845335.jpg


8
桃台

d0029363_8451190.jpg


9
d0029363_8452235.jpg


10
d0029363_8455563.jpg


11
d0029363_9503877.jpg


12
d0029363_8463498.jpg


13
d0029363_8494870.jpg


14
猫岩(展望台から)
d0029363_8465790.jpg


15
猫岩(展望台から)
d0029363_847789.jpg


16
d0029363_8472698.jpg


17
d0029363_848243.jpg


18
d0029363_8492278.jpg


19
d0029363_849363.jpg


20
d0029363_850186.jpg


21
車窓から。
d0029363_8501742.jpg


22
日食観測記念碑。
「昭和23年5月9日午前10時22分に金環日食が観測され、海外から1500名
の科学者が礼文島に訪れました。戦後の日本にとってとても明るい話題にもなり、
準備から観測まで日本人が一貫して携わったと言われています。」

車窓から
d0029363_8502817.jpg


25
金環日食観測記念碑。
「その偉業を讃える為に当初違う場所に記念碑が建てられていましたが、
工事の障害になる不運もあり、平成15年に香深地区の厳島神社境内に移設。
日食をイメージした新しい記念碑と共に雄大な利尻富士を毎日眺めています。」

車窓から
d0029363_8503822.jpg


~つづく













---------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-23 19:22 | 旅に出る

1121/ (稚内)ホテルめぐま

~2016/10/28~30 2度目の礼文島利尻島の旅(3)~

2016/10/28(金・晴れ)

今晩の宿は稚内市の「ホテルめぐま」。日本最北端に位置する大人の隠れ宿。
手頃なツアー料金、こんな上品で優雅なホテルに宿泊すること、びっくりしました。
機会があれば、また泊まりたいです。

1
d0029363_0354420.jpg


2
ホテルめぐまの位置。
d0029363_1912761.gif


3
d0029363_0355530.jpg


4
d0029363_036838.jpg


5
d0029363_0361711.jpg


6
d0029363_03627100.jpg


7
d0029363_0363928.jpg


8
d0029363_0365215.jpg


9
d0029363_037475.jpg


10
d0029363_037151.jpg


11
d0029363_0374713.jpg


12
d0029363_037582.jpg


13
d0029363_0381876.jpg


14
d0029363_0383164.jpg


15
d0029363_18262757.jpg


16
夕食
d0029363_1871690.jpg


17
夕食の品書き。
d0029363_1872969.jpg


18
ホタテ形の露天風呂。とても素晴らしい。
夕食前、寝る前、翌日朝、計3回お風呂に入りました。極北の温泉、最高。

d0029363_18102772.jpg


19
ツインの部屋、一人宿泊。ありがとうございました。
d0029363_18104858.jpg


20
部屋のコーヒータイム、じゃがいもバタースイーツ。
d0029363_1811448.jpg


21
お菓子タイム、カレー味のポテト、美味しかった。

d0029363_1811234.jpg


22
カレー味のポテト。

d0029363_181273.jpg


23
d0029363_18113818.jpg


24
テレビの天気予報でした。(10/29未明)
d0029363_18122451.jpg


~つづく














------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-22 23:18 | 旅に出る

1120/ 宗谷丘陵・宗谷岬

~2016/10/28~30 2度目の礼文島利尻島の旅(2)~

2016/10/28(金・晴れ)

宗谷丘陵は、北海道稚内市の宗谷岬南部に広がる、標高20メートル
から400メートルまでの日本最北の丘陵地帯。

1
宗谷丘陵(車窓から)。
d0029363_2312164.jpg


2
宗谷丘陵(車窓から)。
d0029363_23124639.jpg


3
宗谷丘陵(車窓から)。
d0029363_23125631.jpg


4
宗谷丘陵(車窓から)。
遠くに見えるのは、宗谷丘陵の一番高い丸山(167m)。
d0029363_23132126.jpg


5
宗谷丘陵(車窓から)。
山頂にある建物は「自衛隊のレーダー施設」だそうです。(ガイドさんより)
d0029363_16383453.jpg


6
宗谷丘陵(車窓から)。
d0029363_1624710.jpg


7
宗谷丘陵(車窓から)。
宗谷丘陵には「宗谷黒牛」が放牧されています。
d0029363_1625749.jpg


8
宗谷丘陵(車窓から)。
d0029363_163568.jpg


9
祈りの塔(車窓から)。
「1983年9月1日に発生した大韓航空機撃墜事件の慰霊塔。
1985年9月1日に岬の裏の丘の上に建立。」

d0029363_1631637.jpg


10
祈りの塔(車窓から)。
「塔の先端は事件の起きた樺太沖の海馬島(モネロン島)を指している。
高さは20メートルで、台座の16段の羽は被害者の国籍数、張られた石の数
269個は被害者数をそれぞれ意味する。」

d0029363_1632938.jpg


11
5回目の宗谷岬。

d0029363_1643757.jpg


12
宗谷岬。相変らず、強風で寒かった。
d0029363_164564.jpg


13
d0029363_165628.jpg


14
d0029363_1653122.jpg


15
宗谷岬音楽碑。
「碑の中央にはめこまれている黒御影石でできた平板に歌詞と楽譜が刻まれている。
音響装置が備え付けられていて、ボタンを押すと千葉紘子の歌う曲がフル・コーラスで
流れるようになっている。」

d0029363_1654893.jpg


16
宗谷岬に面した海
「宗谷岬に面した海は日本海?オホーツク海?」と調べました。
「北海道の宗谷岬と樺太の西能登呂岬を結ぶ線が日本海とオホーツク海の境界
ですので、ちょうど境目に当たります。」

なるほど、宗谷岬右の海はオホーツク海、左の海は日本海。
極北の海の境にある宗谷岬、なんだかロマンに溢れます。

d0029363_166492.jpg


17
d0029363_1661474.jpg


18
最北の売店「柏屋」。

d0029363_1662434.jpg


19
売店「柏屋」で買った「日本最北端到着証明書・100円」。(5枚目)
d0029363_1664053.jpg


~つづく















--------------------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-21 16:08 | 旅に出る

1119/ 羽田空港から稚内まで

~2016/10/28~30 2度目の礼文島利尻島の旅(1)~

2016/10/28(金・晴れ)

10月28日~30日、利尻島礼文島へ旅行しました。
利尻島礼文島の旅は2008/08/26~28以来、2回目です。
旅立つ前、とてもわくわくしていました。

今日の行程:
大宮自宅→電車→羽田空港→10:45ANA便→稚内空港12:35
→昼食(オプション)、昼食を申し込まなかったので、稚内駅内の売店で軽食、見物
→宗谷丘陵(車窓見学)→宗谷岬→ホテルめぐま(宿泊)。

1
日本最北の町・稚内が大好き。”稚内”の文字を見るだけで、心が踊る。
d0029363_1022611.jpg


2
シンプルなe-チケット。
d0029363_1023528.jpg


3
d0029363_1025153.jpg


4
空港内のコンビニーで買った朝食。

d0029363_1025878.jpg


5
d0029363_1032119.jpg


6
d0029363_1031071.jpg


7
宗谷丘陵に風力発電の風車がいっぱい。(機上から)
d0029363_1033213.jpg


8
稚内空港に着陸しました。
d0029363_1034124.jpg


9
稚内空港
d0029363_1054847.jpg


10
7度、4度、2度、北の大地はもう冬でした。

d0029363_1055977.jpg


12
d0029363_1061559.jpg


13
車窓から。
d0029363_1062671.jpg


14
昼食のオプションを申し込んだ乗客は、この店(竹ちゃん)で昼食をとりました。

d0029363_1063547.jpg


15
私は昼食を申し込まなかったので、バス隣席の一人旅同士の三浦さん(80歳)
と稚内駅内で見物しました。

稚内駅ビル(キタカラ)。
d0029363_106461.jpg


16
稚内駅ビル(キタカラ)。
d0029363_1065696.jpg


17
稚内駅ビル(キタカラ)。
d0029363_107688.jpg


18
稚内駅ビル内で、三浦さんと昼食しました。
私は、羽田空港で買ったお弁当。三浦さんは家から持てきたおむすび。
一期一会の旅友、すっかり仲良くなりました。
d0029363_1071681.jpg


19
このツアー、一人女性の参加者は6名でした。
一日目のバス内、隣席の三浦さんは80歳です、神奈川県の逗子市から。
三浦さんは稚内、利尻島、礼文島の旅は初めてです。
80歳女性の日本最果て一人旅、胸にグッときました。

d0029363_10311525.jpg


~つづく














------------------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-20 20:08 | 旅に出る

1118/ 秋日桜木町港町一日遊

2016/10/08(土・晴れ)

爽やかな秋日、今日は大好きな街・桜木町へ散策に行きました。
家から電車で一時間、少々遠いですが、それでも乗り換えなし電車一本、
アクセスはとても良い。

1
2016年10月3日にグランドオープンした「横浜港水陸両用バス」。
d0029363_19573712.jpg


2
休日一日4便、60分コース。料金3500円、ちょっと高い。

ハワイ旅行に行った時、水陸両用ダックツアーに参加したことがあります。
ホノルル市内観光兼海の遊覧、3時間で49ドル。(約5500円)

d0029363_19575441.jpg


3
d0029363_195843.jpg


4
水陸両用バスは海を走る姿、やはり格好が良いです。
d0029363_19581519.jpg


5
d0029363_19582668.jpg


6
d0029363_19583645.jpg


7
d0029363_19584525.jpg


8
水陸両用バスが上陸しました。
d0029363_19585473.jpg


9
海沿いの結婚式場「アニヴェルセル みなとみらい横浜」
新郎新婦ちょうど外に出ました。ラッキー

d0029363_1959410.jpg


10
対岸に大勢の行楽客が一斉に大きな拍手、
対岸の行楽客に向かって、手を振った新郎さん。
いいなぁ、素敵な風景でした

海沿いの結婚式場「アニヴェルセル みなとみらい横浜」
d0029363_19592299.jpg


11
横浜赤レンガ倉庫イベント広場。
「横浜オクトーバーフェスト2016」を開催してます。

d0029363_19593199.jpg


12
入場料300円。中は超満員でした。
d0029363_200541.jpg


13
お酒全然飲めないので、雰囲気と歌でも堪能したいと思いました。
d0029363_2002153.jpg


14
d0029363_2003364.jpg


15
甘いに歌声に聞き惚れました。
d0029363_2004349.jpg


16
楽しいひと時でした。
d0029363_2005479.jpg


17
d0029363_2011886.jpg


18
夜まで港を散策しました。港の夜景、何回見ても綺麗。
d0029363_2013539.jpg


19
素敵な一日でした。
d0029363_2014642.jpg















---------------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-19 20:03 | 街散策

1117/ 最愛の娘が今日結婚しました。

2016/09/04(日・雨晴れ)

今日、最愛の娘の挙式でした。
場所は品川駅前のザ ランドマークスクエア(THE LANDMARK SQUARE)結婚式場。
双方身内の方のみの出席、小さく温かい家族挙式でした。

未明から大雨でしたが、朝8時ごろ、天気が晴れになりました。
神様がいるんがと思いました。

9時過ぎ、家族は品川へ向かいました。
帰宅したのは夜19時ごろでした。

バタバタ忙しい一日でした、
うれしいか、寂しいか、万感の想いでした。
願いはただ一つ、娘を幸せにして下さい。

1
d0029363_15522296.jpg


2
d0029363_1555334.jpg


3
d0029363_15551919.jpg


4
d0029363_15554679.jpg


5
d0029363_15562475.jpg


6
d0029363_15563512.jpg


7
d0029363_15564866.jpg


8
d0029363_1557138.jpg















--------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-11-19 16:02 | 家族