<   2016年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1101/ (小豆島)二十四の瞳 岬の分教場

~2016/06/24~25小豆島しまなみ海道の旅(5)~

2016/06/24(金・曇り雨)

佃煮・京宝亭の次、二十四の瞳・岬の分教場にきました。

岬の分教場:
「”二十四の瞳”の舞台となった田浦分校。明治35年(1902)8月田浦尋常小学校
として建築された。葺平屋建校舎で2教室と教員住宅を含んでいます。
その後、明治43年から苗羽小学校田浦分校として、3教室を使用していましたが、
昭和46年(1971)3月閉鎖されました。
”二十四の瞳”の小説の舞台となり、昭和29年松竹映画”二十四の瞳”(監督:木下恵介、
主演:高峰秀子)のロケに使用され、一躍有名になり、訪れる人が絶えません。
教室には当時のままの机やオルガン、子どもたちの作品などが残っており、椅子に
腰掛けて目をつむるとありし日の想いでがよみがえるでしょう。」

1
二十四の瞳 岬の分教場。

d0029363_9581622.jpg


2
二十四の瞳 岬の分教場。
d0029363_9585738.jpg


3
二十四の瞳 岬の分教場。
d0029363_959931.jpg


4
二十四の瞳 岬の分教場。
d0029363_9591869.jpg


5
二十四の瞳 岬の分教場。
d0029363_9592779.jpg


6
二十四の瞳 岬の分教場。
d0029363_9593654.jpg


7
二十四の瞳 岬の分教場。
d0029363_9594496.jpg


8
d0029363_959548.jpg


9
d0029363_100292.jpg


10
苗羽小学校田浦分校。
d0029363_1001399.jpg


11
苗羽小学校田浦分校。

d0029363_1002429.jpg


12
苗羽小学校田浦分校。

d0029363_1003919.jpg


13
岬の分教場入場券220円。今回のは「二十四の瞳映画村」へ行かなかった。
d0029363_1004936.jpg


14
受付兼靴を履き替える所。
d0029363_101176.jpg


15
教室廊下。
d0029363_1013897.jpg


16
教室廊下。
d0029363_1014999.jpg


17
一・二年教室。
d0029363_10218.jpg


18
一・二年教室内。
d0029363_1023080.jpg


19
当時のままの机やオルガン、椅子に腰掛けて目を閉じると、
ノスタルジックな気分に引き込まれてしまいます。
d0029363_1024384.jpg


20
一・二年教室内。当時の楽譜も置いたまま。
d0029363_1025657.jpg


21
一・二年教室内。当時の楽譜も置いたまま。
d0029363_103586.jpg


22
一・二年教室内。
d0029363_1031516.jpg


23
三・四年教室。
d0029363_1032522.jpg


24
三・四年教室内。
d0029363_1033953.jpg


25
机にある大きなそろばん。そろばんを弾いた時の懐かしい音が甦ります。
d0029363_130932.jpg


26
当時に使っていたレトロ蓄音機や黒電話など。
d0029363_1302376.jpg


27
苗羽小学校田浦分校沿革。

d0029363_1035162.jpg


28
三・四年教室内。
教室の後ろには、映画が撮影された当時の写真が飾られています。
d0029363_1035984.jpg


29
三・四年教室内。
教室の後ろには映画が撮影された当時の写真が飾られています。
d0029363_1042141.jpg


30
五・六年教室。
d0029363_1043293.jpg


31
五・六年教室内。隅にあるレトロピアノ。
d0029363_1044248.jpg


32
五・六年教室内。気になるレトロピアノ。
d0029363_1045629.jpg


33
ピアノを弾いてみたいです、音が出るでしょうか?
d0029363_105718.jpg


34
五・六年教室内
d0029363_1051736.jpg


35
敷地内の「二十四の瞳館」。
d0029363_1052837.jpg


36
「岬の醤油ソフトクリーム」、前回食べました。今回は食べなかった。
味?忘れました。。
d0029363_1053748.jpg


37
売店内。
d0029363_1054842.jpg


38
「醤油ソフトクリーム」の販売コーナー。
d0029363_1055719.jpg


39
売店内のカフェエリア。正門前の海が見えるカフェ、いい感じ。
d0029363_10686.jpg


40
岬の分教場前の海沿い通り。
d0029363_1061912.jpg


41
通り脇の郵便ポスト。郵便物の回収、一日一便のみ。
d0029363_1063026.jpg


ゆっくりと時間が流れた見学、気持ちでは過去と現在を行ったり来たりしていて、
なんとも言えない感情が湧きました。

~つづく















------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-06-30 14:40 | 旅に出る

1100/ (小豆島)佃煮・京宝亭

~2016/06/24~25小豆島しまなみ海道の旅(4)~

2016/06/24(金・曇り雨)

オリーブ園を離れた後、バスは小豆島佃煮の名店「京宝亭」にきました。
ここではお買い物でした。

前回に来た時も「京宝亭」にきました。その時、佃煮の買い物以外、
「佃煮アイスクリーム」も食べました、美味しくなかったではないですが、
慣れない味でした。

”佃煮・京宝亭”について
「小豆島「醤(ひしお)の郷」に歴史と伝統を受け継いだ
つくだ煮販売処「京宝亭」があります。
店内には、佃煮をはじめ、醤油・醤油豆・もろみ・素麺・オリーブ製品など、
小豆島の特産品が多数取り揃えられています。
また、2種類のアイスクリーム”佃煮アイスクリーム”、”オリーブ抹茶入り
アイスクリーム”も大好評!
事前に要予約で工場見学も可能!インターネットからも商品の購入や
工場見学の予約ができます。」

1
佃煮・京宝亭
d0029363_1216354.jpg


2
佃煮・京宝亭
d0029363_12162069.jpg


3
佃煮・京宝亭
d0029363_12162943.jpg


4
d0029363_12163741.jpg


5
醤油カステラ。
試食がなかったので、買わなかった。
普通のカステラを醤油につけて食べる、その味を想像するだけで、
買うのはやめました。

d0029363_12164784.jpg



~つづく















------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-06-29 14:27 | 旅に出る

1099/ (小豆島)オリーブ園

~2016/06/24~25小豆島しまなみ海道の旅(3)~

2016/06/24(金・曇り雨)

フェリーから降りて、バスは小豆島第一の観光景点「小豆島・オリーブ園」に
きました。「小豆島・オリーブ公園」に来たことがあります、でも「小豆島・
オリーブ園に来たことがない。
ガイドさんに聞いたら、「”オリーブ公園”と”オリーブ園”の場所が違います」
と言われました。

オリーブ園は「株式会社オリーブ園」が経営する施設、
オリーブ公園は「小豆町」が経営する公園。
二つの場所は少し離れてる、両方ども見所があります。
時間があれば、両方へ行きたいですが、時間がなければ、やはり行きたい
のは「小豆島・オリーブ公園」です。

1
オリーブ園。
d0029363_103697.jpg


2
d0029363_1032520.jpg


3
オリーブ園。
d0029363_1033664.jpg


4
d0029363_1034586.jpg


5
d0029363_1035262.jpg


6
園内にジャカランタの花が満開。
緑のオリーブ畑の中に淡い紫色のジャカランタ、とっても目立ちます。
d0029363_1041038.jpg


7
雨に濡れたジャカランタ、可憐で綺麗。
d0029363_1041731.jpg


8
ジャカランタの絨毯。
d0029363_1042889.jpg


9
オリーブの森。園内にはオリーブ木がたくさん植えられている。
d0029363_1043627.jpg


10
d0029363_1044417.jpg


11
雨に濡れていたオリーブの葉っぱ、きれい。
d0029363_1045396.jpg


12
葉っぱと実の上に光る雨粒、彩を増している。
d0029363_10555.jpg


13
日本最古のオリーブ原木。

d0029363_1051567.jpg


14
d0029363_11451094.jpg


15
日本最古のオリーブ原木。
d0029363_1052510.jpg


16
ギリシャの風車(オリーブ公園)。
オリーブ園から歩行10分くらい、「オリーブ公園のギリシャ風車」にきました。
d0029363_105553.jpg


17
オリーブ公園内のギリシャの風車:
「小豆島の姉妹島であるギリシャ・ミロス島から贈られた風車。平成4年建設。」
d0029363_106157.jpg


18
オリーブ公園内のギリシャの風車。
d0029363_1062732.jpg


19
d0029363_1063984.jpg


20
d0029363_1064888.jpg


21
ギリシャ風車の写真を撮ってから、折り返し「オリーブ園」に戻りました。
オリーブ油しぼり機。(オリーブ園内)
d0029363_1065850.jpg


22
オリーブ油しぼり機。
d0029363_107944.jpg


23
オリーブ園内のカフェ。
d0029363_1072030.jpg


24
オリーブ園内のカフェテラス。
d0029363_107351.jpg


25
オリーブ園内の売店。

d0029363_107457.jpg


26
オリーブの森で摘んだハート形の葉っぱを「しおり」してもらいました。
d0029363_107535.jpg


27
出来上がった「マイオリーブしおり」。

d0029363_1350395.jpg


28
びっくりするほど、オリーブ商品がいっぱい。

オリーブカレー。
d0029363_108330.jpg


29
オリーブ茶。オリーブサイダー。オリーブ醤油サイダー。
d0029363_1082019.jpg


30
オリーブサイダー。オリーブ醤油サイダー。オリーブコーラ。オリーブラムネ。
d0029363_1083220.jpg


31
オリーブリーフソフトクリーム。
d0029363_1084615.jpg


32
買ったのは「オリーブアイスキャンデー」。200円。
d0029363_1085526.jpg


33
オリーブアイスキャンデー。
d0029363_10947.jpg


~つづく











--------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-06-29 07:11 | 旅に出る

1098/ (高松港)小豆島フェリー

~2016/06/24~25小豆島しまなみ海道の旅(2)~

2016/06/24(金・曇り雨)

今日の行程:
(羽田空港)9:45JAL便=11:00高松空港(香川県)=バス=高松港
=フェリーに乗船=(小豆島)土庄港=オリーブ園=佃煮(京宝亭)買い物
=(二十四の瞳)岬の分教場=寒霞渓(ロープウェイ)=オーキドホテル
=(夕食後)夜の土庄港”石の広場”を散歩=「太陽の贈り物」彫刻=
ホテルに戻る=お休み。


高松空港からバスは約40分を走った後、高松港に到着しました。

高松港
「高松港は、香川県高松市にある港湾。備讃瀬戸(瀬戸内海のうち岡山県と
香川県の間の海域の名称である)東部の中央部に位置しており、
本州や小豆島、直島諸島などの離島と四国を結ぶ海上交通の要衝で、
入港船舶隻数、フェリー旅客数およびフェリー貨物トン数が全国第2位
という日本屈指の旅客港である。」

1
高松港。
d0029363_2382281.jpg


2
d0029363_2364866.jpg


3
高松港マップ。
d0029363_23254685.jpg


4
小豆島マップ。
d0029363_9352811.jpg


5
(待合室内)小豆島ゆき運賃表。
d0029363_2372643.jpg


6
(小豆島土庄港ゆき)フェリー乗船券自動販売機。
大人片道690円。往復1320円。(乗船60分)

d0029363_2373476.jpg


7
乗船まで時間が少しあったので、高松港内をいろいろ見ました。
d0029363_2374316.jpg


8
d0029363_238730.jpg


9
新幹線船首ような船は「スーパーマリン高速船」です。(高松港~小豆島、30分)
d0029363_2381424.jpg


10
いよいよ、バスがフェリーに乗船。
d0029363_2393049.jpg


11
乗客がバスに乗ったまま、乗船しました。
d0029363_2394086.jpg


12
d0029363_2394950.jpg


13
バスから下車しました。
d0029363_2310029.jpg


14
フェリー内、大型車のほか、中小型車も乗船していました。
d0029363_23101195.jpg


15
d0029363_23102235.jpg


16
フェリー内客室。
d0029363_23103522.jpg


17
フェリー内売店。
d0029363_23104813.jpg


18
フェリー内昼食。
オプション昼食のお弁当(一つ)を注文しました。(主人の分)
かごめ弁当(1080円)、二十四の瞳映画村オリジナル竹籠弁当。
d0029363_030368.jpg


19
自分は旅で、食事のオプションを注文したことがない。
主人が同行する時、主人の分だけを注文します。(オプション弁当はほとんど1000円から)
d0029363_0305077.jpg


20
自分の昼食は、羽田空港コンビニーで買った「いなり&おむすび」お弁当。
d0029363_031167.jpg


21
昼食後、デッキへ出て見ました。
d0029363_0314885.jpg


22
雨が止みました。
d0029363_0313745.jpg


23
d0029363_032465.jpg


24
瀬戸内海の島々の数は、いったいどのくらいあります?
d0029363_0323216.jpg


25
調べで
「瀬戸内海には大小あわせて3,000もの島があり、
無人島や、周囲数メートルしかない小さな島も存在する。」
d0029363_0324216.jpg


26
有人島無人島大島小島を合わせ、3.000もの島があります。
すごい数!!
d0029363_0325415.jpg


27
すれ違いフェリー。
d0029363_0333956.jpg


28
一時間の乗船後、フェリーが小豆島の土佐港に到着5分前、
フェリー内に「バスに乗車の音楽合図が流れてきた」ので、
みんなは下に降りました。
d0029363_0334932.jpg


29
d0029363_0335959.jpg


30
全員がバスに乗車した後、バスはフェリーから外へ走り出した。
d0029363_0341025.jpg


31
(小豆島)土佐港。
d0029363_0342178.jpg


~つづく















-------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-06-28 22:35 | 旅に出る

1097/ 雨の高松空港

~2016/06/24~25小豆島しまなみ海道の旅(1)~

2016/06/24(金・曇り雨)

6月24~25日、クラブツーリズム 「小豆島しまなみ海道」のツアーに参加して、
主人と瀬戸内海へ一泊2日の旅をしました。
「小豆島しまなみ海道」の旅、主人は初めて、私は2回目でした。

出発時、東京は晴れだったが、高松空港(香川県)に着いた時激しい雨でした。
自分一人旅時、いつも晴れでした。主人との旅、いつも雨でした。
主人は雨オジサンだと思います。

1
羽田空港第一ターミナル。3番搭乗ゲート。
d0029363_19114641.jpg


2
9:45発高松行きJAL便。
d0029363_19115515.jpg


3
搭乗ゲートロビーから。

d0029363_19122558.jpg


4
機内から。

d0029363_19125575.jpg


5
着席後、まもなく機内のアナウンスは、
「高松空港は悪天候のため、万の一、関西空港に着陸変更」と流れました。
楽しみにしていた旅、まだ悪天候?主人同行の旅、いつも悪天候。
d0029363_19123579.jpg


6
d0029363_1913235.jpg


7
機内誌。「旅は自分探し」?一人旅、そうかもしれない。。
d0029363_19131192.jpg


8
11:00高松空港に到着しました。機窓外、旅人をお迎える無情雨でした。
d0029363_19131896.jpg


9
d0029363_19134426.jpg


10
高松空港。
d0029363_19133139.jpg


11
高松空港。
d0029363_19224976.jpg


12
添乗員さんがバスの座席表を持て待っていました。

d0029363_1914642.jpg


13
d0029363_19141478.jpg


14
明日は愛媛の松山空港から羽田に帰る。二日間のバスは愛媛のバス会社でした。
今日、バスは愛媛からわざわざ高松空港(香川県)に来ました。
d0029363_19143246.jpg


15
d0029363_19144442.jpg


16
車窓は雨。
d0029363_19145491.jpg


17

d0029363_1915842.jpg


18

d0029363_19152021.jpg



~つづく














-------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-06-28 19:07 | 旅に出る

1096/ (代々木公園)第17回タイフェスティバル

2016/05/15(日・晴れ)

テレビで、「第17回タイフェスティバルは5月14日、15日両日に、代々木公園
で開催される」という報道を見たので、自分は一回も見に行ったことがない、
行って見ようと思いました。

1989年さいたまにマイホームを買ってから。都内のイベント、あまり見に
行かなくなり。(電車長く乗るのは面倒)
今日は思いきって代々木公園へ、タイフェスティバルを見に行ってきました。

1
山手線代々木駅で降りて、駅ホームから改札口まで、人出の混雑に驚いた。
そして、代々木公園入り口の行列の長さ。
d0029363_12493113.jpg


2
代々木公園入り口に、ローラー族によるツイスト・ロカビリーダンス­がやっていました。
d0029363_12493953.jpg


3
リーゼントのロカビリーファッション&ツッパリスタイルでツイストなどを踊る姿は
1980年代に一世を風靡したローラー族を再現。
d0029363_1249483.jpg


4
1980~1989に東京大田区に住んでいた時、休日によく代々木公園に来ました。
その時と同じ風景がよみがえった。懐かしい楽しいダンスパフォーマンス。
d0029363_12495833.jpg


5
休日の代々木公園内。
d0029363_1250623.jpg


6
誰も人の目に気にせず、それぞれの休日過ごし方、いいなぁ~
d0029363_12501328.jpg


7
d0029363_1250239.jpg


8
d0029363_12504231.jpg


9
園内に、花がいっぱい、人がいっぱい。
d0029363_1314672.jpg


10
公園内を歩いているだけで、楽しい気分になります。都会の刺激が、やっぱり必要。
d0029363_1313821.jpg


11
隅に静かな池もあります。
d0029363_132944.jpg


12
タイフェスティバル会場内。
d0029363_1251218.jpg


113
タイフェスティバル会場内。

d0029363_1251422.jpg


14
タイフェスティバル会場。人、人、人。

d0029363_13312633.jpg


15
タイフェスティバル会場内の売店。
d0029363_1252370.jpg


16
タイフェスティバル会場内の売店。
d0029363_1253059.jpg


17
タイフェスティバル会場内の売店。
d0029363_13321797.jpg


18
このタイ本番屋台の売店、行列が一番長い。

d0029363_12532095.jpg


19
調理場内、ぶら下がっているニワトリは、とっても印象的。

d0029363_12532883.jpg


20
こんな髪の毛格好をしていた若者。

d0029363_12593681.jpg


21
オレンジ服格好の若者。

d0029363_12594812.jpg


22
なにを表現したいの?

d0029363_130043.jpg


23
自分が楽しいパフォーマー。

d0029363_1301119.jpg


24
それでもなかなか人気でした。
d0029363_12543517.jpg


人出が多くたて、園内一時間の散策後、早々徹退しました。
気持ちでは刺激を受けるのは大事と分かったが、体では「人が混むと疲れ」
という老化現実を実感しました。。。















-------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-06-13 12:29 | 街散策

1095/ (東京)葛西臨海公園散策

2016/05/07(土・晴れ)

ゴールデンウィーク後半の土曜日、千葉に住んでいる親戚らと葛西臨海公園
で散策しました。

親戚は7人家族、夫婦二人と5人の子どもたち(7才~15才)。
奥様は主人とは従兄妹同士。旦那はアメリカ人牧師、教会の海外派遣で
千葉の教会で3年間就任。家族7人は一昨年の春から、アメリカ東海岸の
バージニア州から千葉に移住してます。
家の大宮から千葉までちょっと遠いなので、親戚家族とはなかなか会えません。

ゴールデンウィーク期間、主人が「一緒に食事しましょう」と親戚を誘いました。
当日11:30、新浦安駅前の「オリエンタルホテル 東京ベイ」のレストラン「グランサンク」
で、総勢10名で食事(バイキング)をしました。
コンミュニケションは英語が中心、主人は英語が堪能、息子もある程度の会話が出来、
英語一番下手のは私でした。それでも日本語+英語単語+手振り身振り、笑い誘う
コンミュニケションが出来ました。愉快な食事でした。

昼食後、みんなは隣駅の葛西臨海公園で散策しました。
いい天気に恵まれて、浜辺は行楽人で賑わっていました。楽しい休日を過ごしました。

1
葛西臨海公園内、ガラス張りの展望レストハウス「クリスタルビュー」。
d0029363_8402690.jpg


2
展望レストハウス「クリスタルビュー」。
d0029363_8403633.jpg


3
展望レストハウス「クリスタルビュー」。
d0029363_8404494.jpg


4
展望ハウス「クリスタルビュー」から。(海側正面)
d0029363_8405914.jpg


5
展望ハウス「クリスタルビュー」から。(海側右)
d0029363_8405131.jpg


6
展望ハウス「クリスタルビュー」から。(海側右)
d0029363_8414231.jpg


7
展望ハウス「クリスタルビュー」から。(海側左)
丸い透明球体建物は「葛西臨海水族園」。白いテントは水上バス乗り場。
d0029363_8413334.jpg


8
展望ハウス「クリスタルビュー」から。(駅側)
d0029363_8412628.jpg


9
汐風の広場。正面建物は「展望ハウス”クリスタルビュー”」。
d0029363_8414977.jpg


10
2番目と3番目の子。
d0029363_8415748.jpg


11
お父さんと4番目の子。
d0029363_842418.jpg


12
水族館内5人の子どもたち。(4番目と5番目の二人は双子です)
d0029363_9223448.jpg


13
笑顔絶えず仲良く家族7人。

d0029363_9224544.jpg


14
別れの記念写真。(葛西臨海水族園入り口前)
d0029363_9225340.jpg


1年半ぶりの再会、5人子どもたち少し大きくなった。相変わらず、みんなはかわいい子。
日本の生活にもすっかり溶け込んでいるそうで、安心しました。
楽しい再会、いい時間を過ごしました。みんなさん、ありがとう。また会いましょう。















-----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-06-13 08:02 | 小さなフィールド

1094/ 鎌倉大仏

2016/05/05(木/祭・晴れ)

鎌倉海岸ウォーキング途中、長谷駅"高徳院”の鎌倉大仏にも寄りました。

鎌倉は好きな街です、年に2~3回鎌倉に来ます。
6月のアジサイ、11月の紅葉、かならず鎌倉に来ます。
でも、鎌倉大仏がいる長谷駅、鎌倉駅とは3駅の距離があるから、
鎌倉に来た時、必ず鎌倉大仏に寄りことは、あまりしませんでした。

鎌倉の寺と言えば「鶴岡八幡宮」です。
昔、鎌倉大仏は鎌倉「鶴岡八幡宮」内にあると思いました。

1
高徳院(入場券200円)。
d0029363_981850.jpg


2
鎌倉大仏は奈良大仏とともに、日本の二大大仏として知られる。
その大仏様が鎮座しているのは、「高徳院」という浄土宗の寺院です。
d0029363_982623.jpg


3
「”鎌倉大仏”の作者は不明ですが、”慶派”(運慶とそれに連なる仏師達)の作風
と宋代中国の仏師達からの影響の双方を併せ持つ、いかにも鎌倉期らしい仏像
といわれています。」

d0029363_99695.jpg


4
ゴールデンウィーク中、鎌倉大仏境内では外国の遊客がいっぱい。
d0029363_984364.jpg


5
「鎌倉大仏の高さ13.35m。台座を含む高さ18.03m。」
d0029363_992852.jpg


6
d0029363_985816.jpg


7
鎌倉大仏像、いろんな角度で撮りました。
d0029363_991419.jpg


8
鎌倉大仏像、いろんな角度で撮りました。
d0029363_992060.jpg


9
鎌倉大仏像、いろんな角度で撮りました。
d0029363_994265.jpg


10
鎌倉大仏像、いろんな角度で撮りました。
d0029363_995246.jpg


11
鎌倉大仏像、いろんな角度で撮りました。
d0029363_910295.jpg


12
境内の「藁草履」:
「藁草履は、常陸太田市松栄町に活動拠点を置く松栄子供会によって奉納された、
長さ1.8m、幅0.9m、重量45kgにも及ぶ大きな藁草履がかけられています。」

d0029363_9102486.jpg


13
d0029363_9103682.jpg


14
「与謝野晶子(1878~1942年)。歌碑建立、1952年。
碑文:
かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は 美男におわす夏木立かな」

d0029363_9105349.jpg


15
売店の大仏クッキー
d0029363_9112594.jpg


16
売店の大仏クッキー。
d0029363_9111341.jpg


17
大仏や偉人キャラクターのクッキー、食べると不敬にならないでしょうか。
d0029363_91112.jpg


18
鎌倉の名物しらす、しらす種類のお菓子がたくさんあります。

d0029363_9153466.jpg


19
d0029363_9114518.jpg


20
「金のたまる人」
同じ文章の置く物、家にも置いてあります。
d0029363_9115331.jpg


21
帰り、参道通りの「鎌倉ジェラート」に寄りました。
d0029363_9121069.jpg


22
店外テラス席に座っている二人着物姿の若い女性。
着物の背姿はとっても綺麗。

d0029363_9155953.jpg


23
思わず、ジェラートアイスとツーショットしました。
d0029363_9124023.jpg


24
美しい女性着物の背姿とジェラートアイスのツーショット。
d0029363_9124983.jpg















-----------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-06-03 08:49 | ウォーキング