<   2015年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

988/ (千葉県安房鴨川)前原海水浴場

2015/07/24(金・晴れ)

今日は家族と前原海水浴場へ行ってきました。海水浴場へ行くのは
20代のOL時代、30数年ぶりでした。

千葉県鴨川市の前原海水浴場の「前原横渚海岸」はゆるやかな
美しい弧を描く、海岸線に沿って植えられヤシの木が南国ムードを醸し
だしています。「日本の渚百選」に選定されておりという記事を読んだので、
今日はわざわざ家から遠い(千葉県安房鴨川)前原海水浴場へ行きました。

自宅から東京駅へ一時間、東京駅から特急「わかしお号」に乗って2時間、
家から千葉県安房鴨川の前原海水浴場まで、片道3時間もかかりました。

1 
家から8時に出て、安房鴨川に着くのは11:00でした。
d0029363_1695216.jpg


2 
駅近辺の自転車屋で自転車をレンタルして、前原海水浴場へ。
海岸まで歩行だっと10分前後、ほかの場所でも寄って見たいので、
自転車をレンタルしました。(一日¥500)
d0029363_1610032.jpg


3 
東京の海水浴場とは違い、海水はとっても綺麗。人も少なかった。
d0029363_1610775.jpg


4 
海の家「黒潮」。
d0029363_16101493.jpg


5 
d0029363_16102283.jpg


6
d0029363_16102945.jpg


7 
「黒潮」で場所を借りました。一日一人¥1500。
d0029363_16103749.jpg


8 
眺めはワンダフル!!
d0029363_16104513.jpg


9 
家族は海に入った。私は荷物番、海を見るたけが目的。
d0029363_16105538.jpg


10
d0029363_1611498.jpg


11 
東京海水浴場の混雑と比べ、前原海水浴場の人がほんとうに少ない、
のんびりしていて、とっても最高。
d0029363_16111554.jpg


12 
眺めるだけで癒されます。
d0029363_16112465.jpg


13
d0029363_1612176.jpg


14
d0029363_16121024.jpg


海水浴場で3時間くらい滞在しました。
その後、海岸サイクリングし、海岸の夏風を満喫しました。

15 
午後16:00の特急くろしお号に乗って、東京に戻りました。
d0029363_16123130.jpg


16 
車窓から見た幕張の夕日。 
d0029363_16123957.jpg


往復電車6時間、安房鴨川に滞在5時間、日帰りの千葉安房鴨川
前原海水浴場。海水浴場は混雑もなく、海水が透きとおって海潮が強く、
素晴らしい海水浴場です。楽しい一日でした。














---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-30 13:47 | 行楽

987/ 夏の鎌倉散策

2015/07/19/日  鎌倉(神奈川県鎌倉市)

江の島を散策後、時間があったので、江の電で鎌倉にきました。
3連休と好天に重ねて、大勢の行楽客で、江の電は息が苦しく
なるほど大変混み合っていました。

1 
(江の電)江ノ島駅ホーム、人、人、人。。
d0029363_1521517.jpg


2 
鎌倉駅。
d0029363_1522544.jpg


3 
小町通り鳥居。
d0029363_1523214.jpg


4 
小町通り。
d0029363_20553479.jpg


5 
「でいどーん」手創美術工芸店。
d0029363_1525159.jpg


6 
アジサイソフトクリーム。
d0029363_1525941.jpg


7 
「和食処ふくろう 」の店前。

d0029363_1533991.jpg


8  
「和食処ふくろう 」の店前。
d0029363_1535116.jpg


9
d0029363_154070.jpg


10
d0029363_1541694.jpg


11 
「凸凹堂鎌倉」。
個性的な店や雑貨屋がいっぱい。見てて楽しい。
d0029363_1542596.jpg


12 
鎌倉蒟蒻「しゃぼん」。
d0029363_1543535.jpg


13 
Patisserie雪乃下。パティスリー&カフェの店。
d0029363_1544922.jpg


14 
オヴァール(OVALE)鎌倉本店アイス クリーム。
d0029363_15675.jpg


15 
鶴岡八幡宮鳥居。
d0029363_1561850.jpg


16 
豊島屋本店(鳩サブレー)。
d0029363_1562737.jpg


17
d0029363_1563614.jpg


18
d0029363_1564885.jpg


19
d0029363_1565861.jpg


20
d0029363_15775.jpg


21
d0029363_1571957.jpg


22 
一通り回って散策し、鎌倉駅に戻りました。 
(鎌倉駅→小町通り→鶴岡八幡宮→若宮大路→鎌倉駅)
d0029363_1573293.jpg


23 
小町通りの回転寿司「海鮮三崎港」。
d0029363_1574332.jpg


24 
d0029363_1575622.jpg


25 
鎌倉名物「生しらす寿司」。
d0029363_158657.jpg


26 
ごちそうさまでした。
d0029363_1581545.jpg


27 
鎌倉駅構内のポスター。お気に入り。

d0029363_1582660.jpg


28 
d0029363_1583514.jpg


29 
帰りの青いロマンスカー。(初めて乗りました)
d0029363_1584360.jpg


30 
木を中心にした座席、とっても好き。
d0029363_1585486.jpg


31 
乗り心地が落ち着きます。また乗りたいです。
d0029363_159320.jpg


一日、江の島と鎌倉2ヶ所を散策、いつもと違い長い一日を感じました。
江の島と鎌倉、何回来ても好きな町です。秋にまた来たいと思います。














--------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-28 23:30 | 行楽

986/ 夏の江の島散策

2015/07/19/日   江の島(神奈川県藤沢市)

3連休の日曜日、主人と江の島へ散策に出かけました。
若者たちでにぎわう夏の島「江の島」、主人は行ったことがない、
行ってみたいと言ったので、今日一緒に散策にいきました。

1 
新宿駅・ロマンスカー「江の島」。
d0029363_5292437.jpg


2
d0029363_5293180.jpg


3 
片瀬江の島駅。
d0029363_5293844.jpg


4 
江の島東浜海水浴場。
d0029363_5294543.jpg


5 
江の島東浜海水浴場。
d0029363_5295259.jpg


6 
江の島東浜海水浴場。
d0029363_5295927.jpg


7
d0029363_530968.jpg


8 
江の島湘南海岸。
d0029363_5301619.jpg


9 
江の島湘南海岸。
d0029363_5302693.jpg


10 
江の島片瀬海岸。
d0029363_5303448.jpg


11 
江の島アイランドスパ。
d0029363_5304492.jpg


12 
「アジサイ」アイスクリーム。
d0029363_5305557.jpg


13 
江ノ島弁財天仲見世通り。
d0029363_531486.jpg


14 
江の島神社。
d0029363_5311422.jpg


15 
江の島神社。

d0029363_531256.jpg


16 
相模湾。
d0029363_5314626.jpg


17
d0029363_531567.jpg


18
d0029363_532528.jpg


19 
御岩屋道。
d0029363_5321514.jpg


20
d0029363_5322595.jpg


21 
稚児ヶ淵。
d0029363_5323796.jpg


22 
稚児ヶ淵。
d0029363_5324537.jpg


23 
稚児ヶ淵。
d0029363_5325340.jpg


24 
稚児ヶ淵。
d0029363_5331111.jpg


25 
亀石。
d0029363_5332013.jpg


26 
亀石。
d0029363_5333023.jpg


27 
岩屋。
d0029363_5334065.jpg


28 
岩屋。
d0029363_5335037.jpg


29 
見晴亭・しらす丼。

d0029363_5341259.jpg


30
d0029363_5342678.jpg


31 
龍恋の鐘。
d0029363_5343411.jpg


32 
龍恋の鐘。
d0029363_534441.jpg


33
d0029363_5345645.jpg


34
d0029363_535558.jpg


35
d0029363_5352454.jpg


36 
江の島電鉄・江の島駅。
d0029363_5353519.jpg


好天に恵まれて、江の島を一周まわりました。汗いっぱいかいた。
江の島で若者からたくさん活気と元気をもらって、気持ちが若返り、
良い一日でした。















-----------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-27 21:27 | 行楽

985/ 富山駅(北陸新幹線)

~2015/06/28~30能登半島の旅(24)~ (おわり)

2015/06/30(火・曇り)

新湊大橋を車窓見学後、バスは富山駅へ向かいました。
3日間安全運転のドライバーさんに、心から感謝します。

富山駅で一時間の自由時間、18:15に新幹線中央改札口前で
添乗員さんと待ち合わせした後、18:30の新幹線に乗車しました。

1 
富山駅で一時間の自由時間があったので、駅構内をみて回りました。
d0029363_16304119.jpg


2 
駅ビル正面の巨大看板。

d0029363_164345.jpg


3 
駅前の路面電車停。(路面電車富山駅)
d0029363_16312377.jpg


4 
駅構内の「立山そば」。
お腹がすいてないのに、「立山そば」の写真を見て、つい店内に入りました。
d0029363_1631307.jpg


5 
「立山」」の文字が入ったかまぼこの蕎麦、ちょっと魅力に見える。(¥420)
d0029363_16313677.jpg


6 
「立山」」の文字が入ったかまぼこ、どこで買えます?
おみやげとして買いたいです。
d0029363_16314356.jpg


7 
店内の壁、シンプル。
d0029363_16315380.jpg


8 
入口の食券自動販売機。
d0029363_1702121.jpg


9 
駅に隣する「きときと市場・とやマルシェ」館内。  
d0029363_1632390.jpg


10 
「とやマルシェ」館内。  
d0029363_1632129.jpg


11 
「とやマルシェ」館内。  

d0029363_16322138.jpg


12 
「とやマルシェ」館内フローリングの絵。  
d0029363_1633661.jpg


13 
「とやマルシェ」館内フローリングの絵。 
d0029363_16325819.jpg


14 
新幹線(中央口)改札横の売店、入口の絨毯絵 
d0029363_16325041.jpg


15 
新幹線中央口改札。18:15添乗員さんと待ち合わせる場所。
d0029363_1630567.jpg


16  
18:30、東京行き「はくたか576号」。
d0029363_16331522.jpg


17 
新幹線がホームに入りました。 
d0029363_16332683.jpg


18 
シャッター押しまくるのは私だけでした。
d0029363_1633351.jpg


19 
外観とってもすてきな北陸新幹線。
d0029363_16334373.jpg


20  
9車2列C席。
北陸新幹線の車掌さん、意外と若いイケメンさんです。

d0029363_16335278.jpg


21 
添乗員さんからもらった「団体旅客 途中下車証明書」。

d0029363_1634282.jpg


22 
長野(19:31)
d0029363_16341349.jpg


23 
軽井沢(20:04)
d0029363_16342169.jpg


24 
高崎(20:22)
d0029363_1634294.jpg


25 
大宮(20:26)
d0029363_1634451.jpg


旅写真日記24篇もエントリーしました。
時間がかかりましたが、マイノートに記録して良かったと思います。
美しい能登半島の旅、忘れられない3日間でした。

~おわり。














----------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-25 18:09 | 旅に出る

984/ (富山県)新湊大橋

~2015/06/28~30能登半島の旅(23)~

2015/06/30(火・曇り)

2泊3日旅の締めくくりは、2012年開通した「新湊大橋」の車窓
見学でした。

「新湊大橋は、富山県射水市の富山新港に架かる日本海側最大
の2層構造の斜張橋。2002年11月に延長3600mの臨港道路
富山新港東西線の一部として着工、上層の車道部分が2012年
9月23日に開通。下層の自転車歩行者道は2013年6月16日に
開通した。」

「橋は上は車道、下は歩行者通路の2層構造になっています。
橋下の歩行者道路の愛称は、『あいの風プロムナード』です。」

1
d0029363_085995.jpg


2
d0029363_091458.jpg


3
d0029363_092861.jpg


4
「総延長はアーチ部分も含めて3.6km、橋を支える主塔の高さは127m、
海上に架かる主体部分が600m。斜張橋としては日本海側最大級。
晴れた日には、橋から日本海や立山連峰、能登半島が一望できます。」

d0029363_095912.jpg


5
d0029363_010896.jpg


6
d0029363_0102010.jpg


7
d0029363_0103115.jpg


8
d0029363_0103837.jpg


9
d0029363_0104955.jpg


10
d0029363_011613.jpg


11
d0029363_0111732.jpg


12
d0029363_0112728.jpg


「新湊大橋の車窓見学」は旅の行程にはないです、
ドライバーさんのおもてなしプレゼントでした。
素晴らしい新湊大橋の車窓見学、ほんとうにありがとうございました。

~つづく














---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-24 20:24 | 旅に出る

983/ (富山県)雨晴海岸

~2015/06/28~30能登半島の旅(22)~

2015/06/30(火・曇り)

晴海岸(あまはらしかいがん)
「『雨晴海岸』は日本海に突き出した能登半島の東側基部に位置し、
丘陵性山地が海に臨み白い砂浜と松林の海岸が続いている。
年間を通じて晴れた日には、富山湾を隔てて東方に雄大な北アルプス
の3000m級の山並みが浮かび上がってみえる景勝地でもある。」

「『雨晴』の名は、義経伝説に由来する。
源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨の晴れるのを待った
という『義経岩』。このことから、『雨晴』の地名がついたと言われている。」

1 
雨晴海岸(富山県高岡市)。
d0029363_20193567.jpg


2 
雨晴海岸
d0029363_2019505.jpg


3 
雨晴海岸
d0029363_20194239.jpg


4 
透き通った海水。
d0029363_20195736.jpg


5 
透き通った海水。
d0029363_202049.jpg


6 
義経岩
d0029363_231482.jpg


7 
義経岩洞内。
d0029363_22553537.jpg


8 
義経岩洞内。
d0029363_22554919.jpg


9 
義経岩洞内。 
d0029363_20202047.jpg


10
線路側の義経杜。

d0029363_20203090.jpg


11 
雨晴海岸と雨晴岩。
d0029363_20205534.jpg


12 
雨晴海岸と雨晴岩。
d0029363_23121129.jpg


13 
行った時、ちょうど地元テレビ局の撮影でした。
d0029363_11451190.jpg


14 
地元テレビ局の撮影。
d0029363_20211556.jpg


15 
バス駐車場にある看板
「奈良時代に越中の国守として高岡市伏木の地に赴任していた大伴家持は、
この海岸を幾度と訪れ、渚の美しさを万葉集の中で詠んでいる。
また、松尾芭蕉も「『おくのほそ道』で『有磯海(女岩)』を訪れており、
『おくのほそ道の風景地』として、平成26年3月に国の名勝に指定された。」
d0029363_20212470.jpg


16 
こんな風景が見られたら、どんなに幸せでしょう?
d0029363_20215983.jpg


17 
おくのほそ道の風景地。

d0029363_20221177.jpg


18 
歌人の美しい意境。

d0029363_20213754.jpg


19 
車道脇のハナマス。
d0029363_20223389.jpg


20 
(北海道道花)ハナマスが大好きな花です。
d0029363_2022458.jpg


21 
富山湾の雨晴海岸でハナマスに出会えたこと、とってもうれしい。
d0029363_20225445.jpg


22 
咲いているハナマスは一輪だけ。

d0029363_2023647.jpg


23 
ハナマスの実。
d0029363_2023174.jpg


24 
ハナマスの実もかわいい。
d0029363_20232870.jpg


25 
ハナマスの実。
d0029363_20233618.jpg


26 
ホタルブクロ。
d0029363_20234565.jpg


27 
ホタルブクロ。
d0029363_20235653.jpg



~つづく














----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-23 23:18 | 旅に出る

982/ (富山)氷見漁港場外市場

~2015/06/28~30能登半島の旅(21)~

2015/06/30(火・曇り)

氷見漁港場外市場
「氷見の海沿いに位置する大型施設で、建物は漁師の作業場で
ある番屋をイメージしたもの。氷見漁港でとれた鮮魚や海産加工品、
おみやげなどを取り扱う販売店や、地元グルメを味わえる飲食店
などが並ぶ。」

1 
氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」。
d0029363_3115530.jpg


2 
館内の案内図。
d0029363_3124921.jpg


3 
ひみ番屋街内。 
d0029363_312487.jpg


4 
パティシエの辻口博啓美術館から頂いたおみやげのスイーツ。
(バス乗客全員に)

d0029363_3122243.jpg


5 
お店で買ったと同じパッケージ。
d0029363_3123246.jpg


6 
開けて見たら、とってもキュートなスイーツ。
美術館カフェでこのスイーツ、一つ¥450も要する。
バス2台、乗客84名(42名x2)。全員に一つずつ、高価なスイーツを
プレゼントにします。パティシエの辻口博啓美術館の太っ腹に驚きました。
クラブツーリズムは、よほど大事なお得意様と感じます。

美味しかった、御馳走様でした。ありがとう。
d0029363_3124076.jpg


7 
市場内の商店。 
d0029363_3125810.jpg


8 
富山ブラックサイダー。なんの味でしょうか?(一本を買いました) 
d0029363_313668.jpg


9 
食用金箔の店もあります。

d0029363_3131561.jpg


10 
金箔のかがやきソフトクリーム。¥891(高い)
加賀屋ラウンジ飛天のコーヒー、金箔かけ放題。
 
d0029363_3132851.jpg


11
d0029363_3134262.jpg


12 
廻転氷見前寿司。(食べてみたかった)
d0029363_3134983.jpg


13 
天然温泉「足湯」。入ってみたが、休みでした。
d0029363_3135860.jpg


14 
市場側海岸沿いの広場。
d0029363_314881.jpg


15 
ブリを抱えている「ひみぼうずくん」。(氷見の寒ブリが有名)
d0029363_3141772.jpg


16 
幸せの「鐘」もあります。
”鐘”を鳴らしてみた、透き通った鐘の音が広場に響び渡す。
d0029363_3142725.jpg


17 
広場の向こうは富山湾海岸です。
晴れる日には富山湾越しにそびえる立山連峰と、氷見市沖に浮かぶ
唐島を一望できる。(今日は残念でした)
d0029363_3143646.jpg


18 
(晴れ日)立山連峰と唐島を一望できる風景。
(写真はhpから)絶景!!
d0029363_4211043.jpg


19 
七夕飾り。
d0029363_315324.jpg


20 
集合時間になりますので、バスへ向かいました。
d0029363_3151520.jpg



~つづく














----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-22 21:32 | 旅に出る

981/ (石川県)能登島大橋

~2015/06/28~30能登半島の旅(20)~

2015/06/30(火・曇り)

「”能登島大橋”は、石川県七尾市の和倉温泉地区から能登島地区へ
至る石川県道47号七尾能登島公園線上、七尾湾の屏風瀬戸に
架かるプレストレスト・コンクリート橋。石川県で最も長い橋である。」

「1982年4月3日、”能登島大橋有料道路”として開通。
建設事業費は55億円。橋長1050m、2車線で。
能登島大橋開通により七尾港と能登島を結んでいたフェリーは廃止
された。1998年7月1日、償還完了により無料開放された。
また、橋の開通により、能登島の観光開発が進み、”石川県能登島
ガラス美術館”、”のとじま水族館”などが建設された。」

1 
能登島大橋通過中。(自分の座席は前から2列目、通路側)
d0029363_0215779.jpg


2 
能登島大橋通過中。

d0029363_0221272.jpg


3 
能登島大橋通過中。

d0029363_0222294.jpg


4 
看板の場所。(能登島バス駐車場)
d0029363_0223416.jpg


5 
現在地。
d0029363_0394375.jpg


6 
(能登島)能登島大橋展望台から。
d0029363_027585.jpg


7 
(能登島)能登島大橋展望台から。
d0029363_0272148.jpg


8 
(能登島)能登島大橋展望台から。
d0029363_0272830.jpg


9 
(能登島)能登島大橋展望台から。
d0029363_0273750.jpg


10 
(能登島)能登島大橋展望台から。

d0029363_0275794.jpg


11 
(能登島)能登島大橋展望台から。

d0029363_028956.jpg


12 
(能登島)能登島大橋展望台から。
d0029363_0282467.jpg


13 
(能登島)能登島大橋展望台から。
d0029363_0283612.jpg


とても素敵な能登島大橋、沖縄今帰仁村の”古宇利大橋”を思い出しました。
能登島大橋も、古宇利大橋も日本の大橋絶景スポットです。

~つづく














-------------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-21 23:56 | 旅に出る

980/ (石川県七尾市)和倉温泉・加賀屋

~2015/06/28~30能登半島の旅(19)~

2015/06/30(火・曇り)

”辻口博啓美術館”を見学後、時間がありますので、近くの「和倉温泉・
加賀屋」にも入ってみました。

能登”和倉温泉 加賀屋”は、「日本のホテル・旅館100選で、総合
第1位に選ばれた」こと、前から知りました。
宿泊は無理ですが、今回の機会で、館内を見ることができました。

・和倉温泉 加賀屋の歴史(石川県七尾市)

1 
”辻口博啓美術館”の前から見た「加賀屋」建物。
外観は和風の旅館と思ったが、高層ビルの旅館です。
d0029363_16211089.jpg


2 
加賀屋正面。

d0029363_16211894.jpg


3
d0029363_16213012.jpg


4 
加賀屋正門。
d0029363_162137100.jpg


5 
加賀屋正門。
d0029363_16214571.jpg


6 
d0029363_16215254.jpg


7
広々としたロビーフロントの反対側に、
「慈孝庵」という茶室がいくつかあります。

d0029363_17102974.jpg


8 
一階茶室。
d0029363_16221811.jpg


9 
一階茶室。
d0029363_16223619.jpg


10 
一階茶室。
d0029363_16222663.jpg


11 
一階茶室。
d0029363_1622182.jpg


12 
一階茶室。
d0029363_1622946.jpg


13 
一階茶室。
d0029363_16224519.jpg


14
d0029363_1623310.jpg


15 
一階ラウンジ「花いかだ」。

d0029363_16231417.jpg


16 
一階ラウンジ「花いかだ」。

d0029363_16232836.jpg


17 
一階廊下。
d0029363_1623403.jpg


18 
一階、海に面しているラウンジ「飛天」。
d0029363_16234949.jpg


19 
一階、海に面しているラウンジ「飛天」。
午後の時間、ラウンジ内のお客さんが少なかった。

d0029363_16235887.jpg


20 
最初、”辻口博啓美術館”の海カフェでコーヒータイムにしようと思ったが、
加賀屋に来てから、コーヒー時間は加賀屋一階のラウンジ「飛天」でしよう
と変わった。

d0029363_17215752.jpg


21
加賀屋「ラウンジ飛天」のコーヒーはきっと高いと少々不安。
メニューを見たら、ケーキとコーヒーのセットは¥940です。(税別)
思ったより安いので、ちょっと感動しました。

d0029363_1624863.jpg


22 
品のあるケーキにも感動。

d0029363_16241959.jpg


23
ふたがついている和風コーヒーカップ。
蓋がついているコーヒー、飲んだことがないので、これも感動。(茶碗蒸しのようで)

d0029363_16242730.jpg


24 
コーヒーにかける「食用金箔」。
コーヒーに食用金箔をかける?知りませんでした。
やはり自分は世間知らず家庭主婦。。。

d0029363_232514100.jpg


25
加賀屋ラウンジ”飛天”でのすてきなコーヒー時間は、
今回の誕生日旅で、一番忘れられないことでした。

d0029363_16243563.jpg


26 
すてきなひと時、ありがとう。
d0029363_16244590.jpg


27 
そろそろ集合時間、
集合場所の加賀屋駐車場へと向かいました。
d0029363_16245697.jpg


・加賀屋の百年歩み:(加賀屋hpから)
明治39年9月、小田與吉郎【加賀屋】を創業。
昭和33年10月、昭和天皇・皇后両陛下、能登ご視察の際ご定泊を賜る。
昭和43年10月、天皇陛下、ご定泊を賜る
昭和56年1月、第6回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」において、
          総合第1位の評価を頂く。
昭和58年5月、昭和天皇陛下ご定泊を賜る。
昭和63年7月、天皇・皇后両陛下のご定泊を賜る。
平成6年9月、皇太子殿下・雅子妃殿下のご定泊を賜る。
平成8年9月、天皇・皇后両陛下のご定泊を賜る。
平成18年9月10日、加賀屋創業100周年記念日。
平成22年12月18日、台湾北投温泉に日勝生加賀屋オープン。
平成27年1月23日、第40回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」において、
             35年連続総合第1位の評価を頂く。


~つづく














--------------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-20 18:43 | 旅に出る

979/ (石川県七尾市)辻口博啓美術館

~2015/06/28~30能登半島の旅(18)~

2015/06/30(火・曇り)

辻口博啓(1967年3月24日)は、石川県七尾市出身のパティシエ。
・ 辻口博啓美術館 (石川県七尾市)

「1967年、石川県七尾市の和菓子屋「紅屋」の長男として生まれ、
元々は実家を継ぐつもりだったが、小学3年の時に招かれた友人の
誕生日会で生まれて初めてショートケーキを食べ、そのおいしさに感動し、
洋菓子職人を志すようになった。(実家は18歳の時に倒産)。」

1 
辻口博啓美術館。

d0029363_12121667.jpg


2 
辻口博啓美術館。
d0029363_12123875.jpg


3 
辻口博啓美術館。
d0029363_1212462.jpg


4 
角偉三郎美術館、辻口博啓美術館。
d0029363_12125396.jpg


5 
辻口博啓美術館。
d0029363_1213072.jpg


6
d0029363_1213715.jpg


7
d0029363_12131530.jpg


8
d0029363_12132286.jpg


9 
辻口博啓美術館内カフェ。
d0029363_12133056.jpg


10 
角偉三郎美術館。
d0029363_12133815.jpg


11
d0029363_12135144.jpg


12 
角偉三郎美術館。
d0029363_1213594.jpg


13 
辻口博啓美術館内カフェ。
d0029363_1214861.jpg


14
d0029363_12141663.jpg


15 
辻口博啓美術館内カフェ。

d0029363_12154337.jpg


16 
辻口博啓美術館内カフェ。
d0029363_12155682.jpg


17 
辻口博啓美術館内カフェ。

d0029363_1216680.jpg


18 
辻口博啓美術館内カフェ。

d0029363_12162326.jpg


19 
辻口博啓美術館内カフェ。
d0029363_12163771.jpg


20 
辻口博啓美術館内カフェ。
d0029363_12164625.jpg


21 
辻口博啓美術館入り口。

d0029363_12165580.jpg


22 
辻口博啓美術館入り口。

d0029363_12171295.jpg


23 
「辻口博啓 夢プロジェクト こども絵画コンクール」
d0029363_12172627.jpg


24 
最優秀グランプリ賞「夢の駅へ」。白山市立 美川中学校2年「藤沢優沙」さん。
花と蝶溢れる夢の新幹線、絵はとってもすてき!!

d0029363_12173657.jpg


25
d0029363_1217461.jpg


・辻口博啓氏の略歴:
1990年、史上最年少の23歳で「全国洋菓子技術コンクール」優勝。
1994年、フランスの「コンクール・シャルル・プルースト」で銀賞。
1997年、パティシエのワールドカップと呼ばれる「クープ・ド・モンド・
      ドゥ・ラ・パティスリー」のあめ細工部門で優勝。
1999年、フジテレビ『料理の鉄人』に出演。イタリアンの鉄人・神戸勝彦
      をバナナ対決で破り、パティシエとして初めて勝利した。
2000年、料理オリンピックのイタリア代表としてドイツに招かれた。
       これによりイタリア鉄人協会会員となる。
2004年、二子玉川の百貨店内に「和楽紅屋」オープンし、実家の紅屋
       の再建が叶う。
2006年、石川県和倉温泉で「辻口博啓美術館」を開館した。
2011年10月、SUPER SWEETS SCHOOL自由が丘校を開校。
2012年4月、石川県でスーパースイーツ製菓専門学校が開校。

感想:
辻口博啓というパティシエのことを知りませんでした。経歴を読んで、
18才に(1985)倒産した実家の製菓屋を2004年に東京のの百貨店内に
実家の紅屋を再建することが、とっても感動しました。
機会があれば、都内の辻口博啓の店へ行ってみたいです。

~つづく














---------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-07-19 20:27 | 旅に出る