kotoe's notebook

<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


875/ 羽田から虹橋空港へ

~2014/10/31~11/03上海国際マラソン応援旅(1)~

2014/10/31(金・晴れ)

マラソンにはまった息子は、今年上海国際マラソン(42.195km
フルコース)に参加しました。マラソン歴は一年半、去年は上海国際
マラソン(ハーフ)に参加したが、今年はフルマラソンに挑戦しました。

息子初めてのフルマラソン、完走できるかどうか、途中で足の調子が
悪くなったらなどをいろいろ想像し、少し不安になってきました。急遽
上海へ旅立ち、息子の上海国際マラソンを応援に行きました。

午前10:05の便なので、早めで家から出ました。チェックイン後空港内散歩。

1 
羽田国際線ターミナル。(江戸舞台)
d0029363_1252213.jpg


2 
江戸小路。
d0029363_9201913.jpg


3
江戸小路の奥に、今年8月に誕生した新名所「おこのみ横丁」と
「はねだ日本橋」。
おこのみ横丁。初めてきました。すてきな空港散歩道です。
d0029363_9202848.jpg


4 ”
おこのみ横丁”から見た「はねだ日本橋」。
d0029363_9204433.jpg


5 
”おこのみ横丁”から見た出発ロビー航空会社のカウンター。
d0029363_9203612.jpg


6
”はねだ日本橋”の奥にある、「TIAT SKY HALL」前の吹き抜け空間。
TIAT SKY HALLは国際線ターミナル内の多目的ホールです。
d0029363_18462359.jpg


7
TIAT SKY HALL隣の「吉野屋」に入って、朝食をとりました。
牛丼有名な吉野屋、一回も入ったことがない、今日は初めてでした。
d0029363_9205343.jpg


8 
焼き鮭定食、ワンコインの¥500。味も値段も大満足でした。
d0029363_921195.jpg


9 
その後、「はねだ日本橋」を歩いて見学しました。
d0029363_9211080.jpg


10
「『はねだ日本橋』の設計は梓設計・安井建築設計事務所、施工は
大成建設が担当した。総ひのき造り。江戸時代に東京にあった木造
の日本橋を一部再現した。」旅たちは 昔も今も 日本橋。
d0029363_9213143.jpg


11
「橋全長は約25メートルで、幅は約4メートル。最大15メートルスパン
の吉野ヒノキを30~35トンも使用し.設計は、伝統的な木造建築を専門
とする中村外二工務店が担当した。]
d0029363_9214232.jpg


12 
壁面に書かれている錦絵これは江戸城です。
他には、日本橋、神田、浅草、等が書かれていました。
d0029363_9215440.jpg


13 
「はねだ日本橋」から見た下の出発ロビー。
d0029363_922351.jpg


14 
TIAT Sky Road。
d0029363_9221536.jpg


15 
TIAT Sky Roadの「お祭り広場」。
d0029363_9222426.jpg


16 
TIAT Sky Roadの「お祭り広場」。
d0029363_922376.jpg


17 
TIAT Sky Roadから見た下の「江戸小路」。
d0029363_9224763.jpg


18 
手荷物を検査した後、中の待合室。10:05の上海行き便。
d0029363_9233363.jpg


19 
今日の機内食。
d0029363_9234324.jpg


20
12:25(日本時間13;25)、上海虹橋空港到着後、タクシーでホテルへ。
d0029363_9235330.jpg


21 
上海のタクシー車内。
d0029363_924756.jpg


22 
タクシー車内から見た「2014上海国際マラソン」の掲示。
d0029363_9241894.jpg


途中、タクシー運転手が「すみません、ガソリンが無くなりそうので、
ちょっとガソリンスタンドに寄って、ガソリンをいれます。その際、
タクシーメーターを一時停止します。」と言いました。

「助動車専用」、”助動車”というのは中国の”電動自転車”です。
漕がなくても進む、時速約30㎞。値段約1000元前後、普通の自転車
だと200元くらい。

23 
上海のガソリンスタンド。
d0029363_1254749.jpg


24
ホテルのチェックインは午後3時以後、早めに到着したので、荷物を
フロントに預けた後、ホテル隣のレストランで軽食をとりました。(15.5元)
d0029363_9243634.jpg


25
その後、人民広場地下街の雑貨屋で、
かわいい缶とマウスパッドを買いました。(2つ15元)
d0029363_9245024.jpg


26
ホテルの部屋、ツインの部屋をとりました 。
マラソン当日、息子が走った後、休憩部屋として利用できます。
d0029363_925820.jpg


27
夕食、息子が来られなかったので、
自分の分だけの夕食”肉燥飯”をテイクアウトしました。(18元)
d0029363_9245940.jpg


上海一人旅3回目、3回ども同じホテルに宿泊。
ある程度、環境に慣れてきました。

~つづく













----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-11-21 08:13 | スポーツ

874/ 東京30K秋大会

2014/10/11(土・晴れ)

今日は荒川河川敷(東京都葛飾区)の堀切水辺公園で行われる
30㎞マラソン大会、そのランナーの一人の息子を応援に出かけ
ました。

マラソンは9:00からスタート、ゴールの地点で写真を撮りたい
ので、家から8時頃を出て、会場に着いたのは10時前でした。

1 
京成線堀切菖蒲園駅、はじめてきました。
d0029363_23585894.jpg


2
会場の堀切水辺公園は、京成線堀切菖蒲炎駅から徒歩15分、
結構距離があります。
d0029363_2359696.jpg


息子のゴール時間(だいたい12時~12時半)の間、
その前、会場をいろいろ見ました。

3
表彰台。
d0029363_23591420.jpg


4 
ランナーたちが走った後の食品。にぎり、パン、果物、飲料など。
d0029363_1185748.jpg


5 
参加者のオリジナル Tシャツ。
d0029363_119214.jpg


6 
荷物預かり所。
d0029363_23594287.jpg


7 
男女別トイレ。
d0029363_23595149.jpg


8 
女子更衣室。
d0029363_23595993.jpg


9 
男子更衣室。
d0029363_00115.jpg


10 
スタート&ゴール地点。
d0029363_003023.jpg


11 
会場を一通り見た後、ベンチで朝食のサンドイッチをいただきました。

d0029363_002075.jpg


12
11時過ぎ、ライナーたちが次々とゴールしました。
30㎞が2時間でゴール、すごいです。
d0029363_9531511.jpg


13  
2時間台ゴールのランナーたち。中高年のランナーも結構居ました。
d0029363_12075.jpg


14 
息子がゴールしました。2時間53分でした。
d0029363_9534859.jpg


15
息子マラソン歴1年、30㎞は2時間53分。良いと思います。
よく頑張りました。
d0029363_1202760.jpg


16
d0029363_9544631.jpg


17
ビールも配りました。ちょっと意外でした。
アルコール類はマラソンとは合わない。
d0029363_04564.jpg


18 
息子の同僚もゴールしました。
d0029363_1205882.jpg


19 
お疲れ様でした。
d0029363_1212515.jpg


20 
完走ポーズ。
d0029363_21182398.jpg


21 
その後、息子と別れてました。会場の「肺蘇生」の無料指導。
d0029363_1215616.jpg


22
d0029363_05283.jpg


23
d0029363_051295.jpg


24
d0029363_052572.jpg


25 
荒川対岸のスカイツリーが見えます。
d0029363_053663.jpg


26 
ランナーたちがスカイツリーを眺めながら、走りました。

d0029363_054880.jpg


27 
荒川河川敷のマラソン会場。きれいです。
d0029363_061282.jpg


28
d0029363_06228.jpg


29
d0029363_063466.jpg


30 
帰りのランナーたち。
d0029363_064456.jpg


31 
荒川之下流30景・その十二「堀切之景」。
d0029363_07553.jpg


32
d0029363_071787.jpg


「ゴールの写真を撮ってほしい」と息子に頼まれたので、
撮影兼応援に出かけました。
そのきっかけで、自分も半日行楽気分になりました、また、
ランナーたちの真剣な走る姿を見て、自分も若者に負けない
ように、いくつになっても新しい事に挑戦、明るく前向きに生きたい。














-------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-11-15 01:41 | スポーツ

873/ blog 9さいになりました

2014/11/12(水・曇り雨)

2005年11月12日に始まったこのブログ、今日で9年目になりました。
ブログを9年続けてきました。自分でもすごいと思います。
これからも一日一日を大切にしていきたいと思います。

d0029363_1871495.jpg














------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-11-12 18:18 | 日常

872/ 多摩川季節のめぐみマラソン

2014/10/04(土・晴れ)

今日はJR鹿島田駅へ行って、(川崎)古市場陸上競技場で開催
されている「第2回・多摩川季節めぐみマラソン」、そのハフマラソン
に参加している息子を応援に出かけました。

1
d0029363_1713342.jpg


2 
JR南武線鹿島田駅から)古市場陸上競技場まで、徒歩約15分。
d0029363_17131172.jpg


3
コース:親子ラン(3km)。小学生マラソン(3km)。
10Km:往復(周回)となります。
ハーフマラソン:古市場陸上競技場全4往復(周回)となります。
d0029363_17131862.jpg


4 
スタート前
d0029363_17132692.jpg


5 
会場
d0029363_17133495.jpg


6 
会場
d0029363_17134294.jpg


7 
テント別の男子女子更衣室。
d0029363_17135394.jpg


8 
荷物を預ける所。
d0029363_1714016.jpg


9 
スタート後。
d0029363_17141184.jpg


10  
2周目のオオガネくん。(10㎞~)
d0029363_1044951.jpg


11 
ゴール後倒れこんだランナー。
d0029363_1051313.jpg


12
d0029363_17144120.jpg


13 
ゴール後起き上がれないランナー。
d0029363_1054667.jpg


14 
ゴールしたオオガネくん。
d0029363_18163342.jpg


15
d0029363_1715871.jpg


16
d0029363_1061922.jpg


17
d0029363_1064458.jpg


18 
参加賞は地元産新鮮野菜。
d0029363_17153434.jpg


19 
一緒に参加していた友人もゴールしました。
d0029363_1073341.jpg


20
d0029363_1075836.jpg


21 
マラソンが結んだ絆。
d0029363_2110579.jpg


22 
d0029363_1716670.jpg


その後、自分は先に帰宅しました。
なんだかすがすがしく、良い一日でした。














----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-11-09 17:44 | スポーツ

871/ 長崎空港から羽田へ  

~2014/09/29~10/01長崎の旅(12)~ (おわり)

2014/10/01(水・晴れ) 

長崎原爆資料館を見学後、2泊3日の長崎旅がいよいよ終わります。
バスでホテルに戻って、フロントに預けた荷物を取ってから、空港バスで
長崎空港へ向かいました。

1
長崎バスターミナルホテル。
d0029363_1243459.jpg


2
ホテルロビー。
d0029363_1245664.jpg


3
ロビー内の「空港線きっぷ販売機」。大人¥800。

d0029363_125786.jpg


4
ホテル前は空港行きバス停です。
バスターミナルホテルは長崎空港へのアクセスは抜群。

d0029363_1252084.jpg


5
バス内疲れて、寝てしまいました。目が覚めると空港につきました。
d0029363_1253324.jpg


6
長崎空港。
荷物を預けた後、空港内をいろいろ見渡しました。
d0029363_1254180.jpg


7
長崎空港国際線出発ロビー。
d0029363_1254966.jpg


8
フライトシミュレーター
d0029363_1255795.jpg


9
フライトシミュレーター。すごい。
d0029363_126662.jpg


10
空港2階。
d0029363_1261589.jpg


11
空港2階のレストランで、夕食をとりました。
天丼定食¥1010、美味しかった。
d0029363_1262572.jpg


12
19:00~21:00、2時間内東京行きの便は6便もあります。
d0029363_1263764.jpg


13
自分の便、19:00発。
d0029363_1264744.jpg


14
座席は一番後ろの41列目。前の列との間は比較的広い。
空港売店で買った沖縄九州限定キットカット。¥350
d0029363_126587.jpg


15
d0029363_127889.jpg


16
偶然にも雨が降りました、雨が似合う町・長崎。
思わず鼻声で”♪~長崎は今日も雨だった~♪”を歌いました。
d0029363_127162.jpg


大人の息子と初めての旅行、主人と二人の旅行より楽しい。
息子と九州港町長崎の旅、幸せに感謝します。

~おわり















----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-11-08 02:32 | 旅に出る

870/ 長崎原爆資料館

~2014/09/29~10/01長崎の旅(11)~

2014/10/01(水・晴れ)

最後の見学は長崎原爆資料館。
長崎原爆資料館は、長崎市への原子爆弾投下に関する資料を取り扱った
長崎市立の資料館である。爆心地公園の近くにあります。

1
長崎原爆資料館。
(入館料大人¥200円、小中高学生¥100円、小学生以下無料)
d0029363_1173081.jpg


2
館内展示物の概要:
「1945年8月9日」「原爆による被害の実相」「核兵器のない世界を目指して
などのテーマに沿って、資料、写真、解説パネルなどが展示されている。 」
d0029363_129178.jpg


「館内には折れ曲がった工場の鉄骨、爆心地側の部分が熱線により
焼けた橋げたなど原子爆弾によって破壊された建物の一部が移設されて
いるほか、原爆投下で時が止まったままの「11:02の時計」などの被爆資料
を展示してます。」

3
被爆した浦上天主堂。
d0029363_1174829.jpg


「また、一部の資料には手で触ることができるようにしてあり、
原子爆弾の悲惨さ、凄惨さを伝える。長崎型原爆とも呼ばれる
「ファットマン」などの模型も展示されている。」

4
長崎に投下された原爆、ファットマン。
長さ:3.25m 直径:1.52m 重さ:4.5t 爆発力TNT火薬2kt相当。

d0029363_1293375.jpg


5
d0029363_1181343.jpg


6
d0029363_1182222.jpg


7
d0029363_1183247.jpg


8
d0029363_1184033.jpg


9
d0029363_1185667.jpg


10
「原爆資料館建物は爆心地に臨む高台に位置し、地上2階・地下2階
からなる。屋上部分は庭園化されている。玄関は地下1階。展示スペース
は地下2階に設けられており。」
d0029363_1191758.jpg


11
「地下1階より上には、平和関係のイベントで活用されることが多いホール
や図書室、長崎市の事務室がある。」
d0029363_119614.jpg


12
平和を祈る子。
d0029363_1192643.jpg


13
平和の母子像。
d0029363_1193687.jpg


14
ナガサキ誓いの火・灯火台。

d0029363_1194535.jpg


15
長崎誓いの火。

d0029363_1195782.jpg


16
長崎を最後の被爆地とする誓いの火(碑文)
d0029363_1110847.jpg


17
灯火台横には全国の人々が寄せた平和を願うメッセージが
陶板に焼きつけられ展示されている。
d0029363_11101718.jpg


18
平和を願う熱いメッセージ。
d0029363_11102475.jpg


19
一つ一つのメッセージが心に響く。
d0029363_11103673.jpg


~つづく















---------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-11-07 14:04 | 旅に出る

869/ 長崎平和公園

~2014/09/29~10/01長崎の旅(10)~

2014/10/01(水・晴れ)

原爆落下中心地(爆心地)を見学後、隣りの平和公園へもいきました。

原爆落下中心地公園北側、小高い丘にある平和公園は、悲惨な戦争
を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めて
つくられた公園です。面積は約18.6ヘクタール、入園は自由。

1
「平和の歩道」エスカレーター。
d0029363_1442893.jpg


2
d0029363_1443665.jpg


3
平和の泉
「原爆のため体内まで焼けただれた被爆者たちは「水を、水を」と
うめき叫びながら死んでいきました。その痛ましい霊に水を捧げて、
めい福を祈り、世界恒久平和と核兵器廃絶の願いを込めて浄財を
募り建設された円形の泉で、平和公園の一角、平和祈念像の前方に
あります。直径18メートルで昭和44年に完成しました。」
d0029363_1444339.jpg


4
「平和の泉」碑文:
平和の鳩と鶴の羽根を象徴した噴水が舞い、正面には、被爆し、
水を求めてさまよった少女の手記:
「のどが乾いてたまりませんでした。 水にはあぶらのようなものが
一面に浮いていました、どうしても水が欲しくて、とうとうあぶらの
浮いたまま飲みました。」が刻まれています。
d0029363_1445044.jpg


5
平和祈念像。原爆犠牲者の冥福と平和を願う祈りの広場。
d0029363_1445747.jpg


6
平和祈念像
「長崎市民の平和への願いを象徴する高さ9.7メートル、重さ30トン、
青銅製の平和祈念像。毎年8月9日の原爆の日を「ながさき平和の日」
と定め、この像の前で平和祈念式典がとり行なわれ、全世界に向けた
平和宣言がなされます。」
d0029363_145467.jpg


7
平和祈念像
「制作者の長崎出身の彫刻家北村西望氏はこの像を神の愛と仏
の慈悲を象徴とし、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に
伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を
祈る”という想いを込めました。」
d0029363_1451256.jpg


8
平和祈念像作者の言葉。
d0029363_1451972.jpg


9
「折鶴の塔」
d0029363_1452738.jpg


10
「長崎の鐘」
「地元の”長崎県被爆者手帳友の会”などが中心となって
市民の手で建てられた。」

d0029363_146241.jpg


11
「平和」。(旧ソ連から1985年に贈られた)

d0029363_145547.jpg


12
「人生の喜び」。(旧チェコスロバキア社会主義共和国から贈られた)

d0029363_146918.jpg


13
「諸国民友好の像」。(旧西ドイツから贈られた)

d0029363_1463727.jpg


14
「地球星座。(アメリカミネソタ州セントポール市から贈られた)
d0029363_1454663.jpg


見学後、心がとても重くなりました。
平和の大切さを次世代に伝えることは、いかに重要とつくづく思います。

~つづく















-----------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-11-07 09:52 | 旅に出る

868/ 長崎原爆落下地

~2014/09/29~10/01長崎の旅(9)~

2014/10/01(水・晴れ)

軍艦島を見学後、大浦海岸通りのファミリーレストランで昼食を
とりました。その後、路電で平和公園にきました。

1
原爆落下中心地(爆心地):
「昭和20年(1945)8月9日11時2分。アメリカのB29爆撃機から
投下された原子爆弾は松山町171番地の上空約500mで炸裂
しました。」
d0029363_0344529.jpg


2
d0029363_0345355.jpg


「現在、その地には落下中心地標柱として昭和43年(1968)に建立
された黒御影石の碑が立てられており、園内には被爆当時の地層も
残されていますが、そこには原爆によって壊された家の瓦やレンガ、
3000度の熱で焼けたガラスなどが今も大量に埋没しています。」

3
「原爆殉難者名奉安」碑

d0029363_035233.jpg


4
浦上天主堂遺壁

d0029363_0352077.jpg

浦上天主堂遺壁:
「爆心地から北東へ約500mの小高い丘にあった浦上天主堂は、
1895年(明治28年)から建築に着手し、信徒たちの献金と労働奉仕
により、1914年(大正3年)に献堂式を挙げるにいたった。 そして、
1925年(大正14年)に正面の双塔が完成し、大小の鐘が吊された。
東洋一の壮大さを誇った天主堂であったが、1945年(昭和20年)
8月9日、午前11時2分、原子爆弾のさく裂により破壊され、わずかに
まわりの壁を残すのみとなった。 この側壁は聖堂の南側の一部で、
1958年(昭和33年)に新しい天主堂建設のためこの地に移築された
ものであり、壁上の石像はザベリオと使徒である。 しかし、風雨に
さらされて傷みが進んだため、安全性を考慮して現在の形状のまま
内部及び表面の補強を行った。」

5
d0029363_035339.jpg


6
d0029363_0354145.jpg


7
平和案内人
d0029363_10154188.jpg


8
平和案内人
d0029363_0355737.jpg


9
「原爆の爆風により、爆心地周辺のほとんどの樹木は倒れ焼き尽された
ことから70年は草木も生えないだろうという“70年不毛説”が流れましたが、
1ヶ月後には約30種類の植物が芽吹きました。この爆心地周辺も今では
すっかり緑に囲まれ、かつての惨状を思い浮かべるとその逞しい復興の力
を感じることができます。」
d0029363_036699.jpg


「公園の周囲にも約500本の桜の木が植えられ、桜の季節は花見の地、
また日頃から緑に囲まれた憩いの空間として親しまれています。」

10
爆心地「母子像」 (原爆落下日:1945/8/9 11:02)
d0029363_0361585.jpg


11
d0029363_0362492.jpg


12
d0029363_0363567.jpg


13
d0029363_0364527.jpg


戦争を起こすのは政治家。
犠牲になったのは一般の市民、政治家は死なない。
真の政治家は戦争を起こさないです。
どんな紛争があっても、戦争は絶対に起こしてはいけない。

~つづく















---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-11-07 01:32 | 旅に出る