kotoe's notebook

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


838/(淡路島)伊弉諾神宮

~2014/08/24~26瀬戸内海の旅(2)~

2014/08/24(日・晴曇雨)

バスは徳島空港から約40分走った後、淡路島の伊弉諾神宮に
来ました。今日の最初の観光景地です。

1 
淡路島と徳島鳴門にかかる大鳴門橋。
d0029363_1558.jpg


2 
橋長は1,629m。
d0029363_151390.jpg


3 
淡路島の伊弉諾(いざなぎ)神宮。兵庫県淡路市多賀にある神社。
d0029363_152140.jpg


4 
一の鳥居。
「1995年1月17日の阪神・淡路大震災で鳥居が倒壊したため、
同年11月に再建された。」
d0029363_153046.jpg


5
d0029363_155375.jpg


6 
放生の神池。
「幽宮跡の御陵を中心にあったとされる濠の遺構とされる。
命乞いに鯉、快癒の報賽に亀を放って祈願する。」
d0029363_16256.jpg


7
d0029363_161058.jpg


8 
表神門。
d0029363_16442.jpg


9 
拝殿。
d0029363_173925.jpg


10
「『古事記』、『日本書紀』によると、伊弉諾尊・伊弉冊尊の二神が
天上の『天の浮橋』に立って、『天の沼矛』をもって青海原をかきまわし、
その矛を引き上げたときに、矛の先から滴り落ちる潮が凝り固まって
一つの島となった。
これが『おのころ島』で、二神は、その島に降りて、夫婦の契りを結んで
国生みをされた。初めに造られたのが淡路島で、その後次々に島を生み、
日本の国を造られたとあります。」
d0029363_162131.jpg


「この『おのころ島』の所在地については色々な説がありますが、
南あわじ市には古くからおのころ島の地名があり、二神を祭る
『おのころ島神社』があります。他に淡路島南端の沼島、北端の絵島
、あるいは淡路島全体であるという説もあります。
国生みののち、伊弉諾尊と伊弉冊尊は、この大地を守るべき神、国土、
海原、自然の神々を生む『神生み』へと進み、天照大神、月読命、
素戔鳴命の三神を生みます。」

11
d0029363_163179.jpg


12 
大神樹・夫婦大楠。

d0029363_175299.jpg


13 
夫婦大楠。

d0029363_17176.jpg


14 
伊弉諾神宮を中心とした太陽の運行図。
d0029363_183970.jpg


15 三笠宮崇仁親王御手植。
d0029363_18476.jpg


16 
悠仁親王殿下御誕生記念植樹。

d0029363_173522.jpg


~つづく














----------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-08-30 01:58 | 旅に出る

837/ 羽田から徳島へ

~2014/08/24~26瀬戸内海の旅(1)~

2014/08/24(日・晴曇雨)

今日は2泊3日(8/24~26)のツアーで瀬戸内海旅に行ってきました。
瀬戸内海で主な観光場所は淡路島と小豆島の2つの島。
瀬戸内海の島は、行ったことがないので、とても楽しみにしてます。

行程
羽田(JAL11:10)~徳島空港(12:20)=淡路島・伊弉諾神宮=
あわじ花さじき=淡路島・南淡路ロイヤルホテル(宿)。

1
集合時間は10:20、9時すぎ空港に早めに来たので、
夏休みでしょうか、空港出発ロビーでは、人で溢れていました。
d0029363_22354850.jpg


2 
今日の搭乗券、11:10発のJAL便。
d0029363_22355526.jpg


3
時間がありますので、空港内のてんやで、ワンコイン天丼を頂きました。
朝食は天丼?ちょっと笑いました。てんやの「ワンコイン天丼」が大好き。
味が美味しい、値段がやさしい。
d0029363_2236544.jpg


4
その後、空港内の売店を見回りました。
台湾異常人気の日本お菓子・「東京サイダー」も見つけた。
東京限定品の”東京サンダー・ブラックサンダー”。(22個入り、¥756)

d0029363_22364118.jpg


5
「天然水・アナと雪の女王」。¥108

d0029363_23152223.jpg


6 
機内から。
d0029363_22364923.jpg


7 
機内から。
d0029363_22365693.jpg


8 
今日は窓際席。日ノ丸の機翼と雲のコントラスト、とてもきれい。
d0029363_2237411.jpg


9 
天空カフェ。

d0029363_22371159.jpg


10
機内買い物は、i-pad mini用革製ケース(ピンク)。¥3600

d0029363_22371967.jpg


11 
JALロゴ入りがお気に入り。

d0029363_23524425.jpg


12 
四国上空。
d0029363_22372932.jpg


13 
四国上空。
d0029363_22372992.jpg


14 
徳島空港に着陸しました。
d0029363_22374019.jpg


15 
徳島空港。(下機後通路から)
d0029363_22375034.jpg


16 
徳島空港は2回目です。
到着ロビーに、一面大きいな阿波踊りの壁画。
d0029363_22381022.jpg


17 
添乗員さんのところで、初めてツアーの人たちと顔合わせしました。
d0029363_22381934.jpg


18 
空港外、阿波おどりのモニュメント。
d0029363_22382766.jpg


19 
待機している観光バス。
d0029363_22381160.jpg


20 
今日のバス座席表。

d0029363_2239415.jpg


~つづく














---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-08-30 00:32 | 旅に出る

836/ (長野)上高地ウォーキング

2014/08/05(火・晴雨)

今日は日帰りツアーで上高地ウォークへ行ってきました。
大宮から上高地まで、バス片道5時間弱、上高地滞在時間3時間、
5時間+3時間+5時間=13時間。

朝7時に出発、さいたま新都心に戻ったのは21:30でした。
バスはトイレ付きバス。運転手2人が交代していました。
上高地は3回目、とても好きな場所です。

行程
さいたま新都心(7:00)=横河SA(休憩)=風穴の里(休憩)=上高地
(12:20、大正池下車)=ウォーク=上高地温泉ホテル(日帰り入浴)=
ウォーク=河童橋(散策)=バスターミナル(15:20集合)=(帰り)
安曇野スイス村(休憩、買い物)=上里SA(休憩)=大宮(21:00)。

1
昼12:20、バスは大正池に到着しました。
d0029363_1724345.jpg


2
大正池
「焼岳は、大正4年6月(西暦1915年)に大噴火しました。この時
流れ出た土石流で梓川がせき止められ、これによって生まれたのは
大正池です。その後、しだいに上流や支流から土石が流入したこと
により、池面積は当時の4分の1程度になり、はじめの頃は多く見られた
立ち枯れた木も少なくなりました。」

d0029363_1725138.jpg


3
美しい大正池。
d0029363_17251327.jpg


4
大正池池畔で、道の駅「風穴の里」で買ったももを頂きました。
ももはいつもよりとても美味しい。

d0029363_17261785.jpg


5
かわいい鴨ちゃんがよってきました。
d0029363_17264217.jpg


6
同じ道の駅「風穴の里」で買ったみずみずしいプルーン。
うまい~、幸せありがとう。
d0029363_17262879.jpg


7
透き通った大正池の水。
d0029363_17271291.jpg


8
池面に周囲の樹々の影を映して、とてもきれい。
d0029363_1727688.jpg


9
焼岳。
d0029363_1727838.jpg


10
焼岳
「焼岳(標高2455m)は、今なお噴気活動を続ける活火山で、
約2300年前のマグマ噴火により現在のような山体となりました。
このようなドーム形の火山を一般に鐘状火山(トロイデ)といいます。
最近では、昭和37(1962)年6月に水蒸気爆発があり、泥流が大正池
まで押し出しました。」
d0029363_17282217.jpg


11
焼岳の案内板に蝶々が止まっていました。
d0029363_17272966.jpg


12
人が近づいても動かない。
上高地の鴨も蝶々も人懐っこい。
d0029363_17284815.jpg


13
前回は梓川ルートを歩いたので、今日は田代橋を渡って、
上高地温泉ホテル方向の林道ルートを歩いた。

d0029363_17281621.jpg


14
d0029363_1729920.jpg


15
歩く心地よいの板道。

d0029363_17293668.jpg


16
熊目撃情報の掲示板:
目撃日:7月25日午前12時頃
場所:田代湿原付近で「ツキノワグマ親子2頭」が目撃されています。

上高地5つのルール
・採らない(植物や昆虫などの生き物を採らないでください。)
・与えない(野生動物にエサを与えないでください。)
・捨てない(ゴミはすべてお持ち帰りください。)
・持ち込まない(ペットや外来生物を持ち込まないでください。)
・踏み込まない(歩道を外れて歩かないでください。)

d0029363_17304419.jpg


17
上高地温泉ホテル。
d0029363_1730779.jpg


18
上高地の温泉に一度入りたいので、日帰り入浴しました。
d0029363_1730884.jpg


19
ホテル売店の隣に、日帰り入浴券の自動販売機。

d0029363_1731681.jpg


20
入浴料¥800。フェイスタオル¥200。

d0029363_17305174.jpg


21
右側は靴とリュック荷物のロッカー。左側は入浴券受付の窓口。
d0029363_17311888.jpg


22
上高地の温泉は最高、露天風呂の風景も素晴らしい。
次回来ても入りたいです。

d0029363_17312447.jpg


23
上高地温泉ホテル館前の風景。
d0029363_17313816.jpg


24
温泉入浴、40分間をかかったので、集合時間まであと一時間、
早足で河童橋へ向かいました。
d0029363_17315442.jpg


25
d0029363_17322459.jpg


26
d0029363_1735370.jpg


27
河童橋。
d0029363_17353488.jpg


28
河童橋。
d0029363_17353356.jpg


29
d0029363_17355528.jpg


30
穂高連峰・梓川。
d0029363_1736018.jpg


31
穂高連峰・梓川。
d0029363_17361478.jpg


32
穂高連峰。
d0029363_17362116.jpg


33
穂高連峰。
d0029363_17363488.jpg


34
河童橋・穂高連峰・梓川。何回見ても好きな風景。
d0029363_173658100.jpg


35
河童橋・穂高連峰・梓川。
この風景を見るために、往復10時間のバスに乗ってきました。
d0029363_1737731.jpg


36
d0029363_17373377.jpg


37
木造な上高地郵便局。上高地に似合う建物。
d0029363_1738521.jpg


38
上高地観光センター内。
d0029363_17384891.jpg


39
上高地観光センター内。
d0029363_1738312.jpg


40
上高地観光センター内。
d0029363_1738109.jpg


41
上高地桃ソフトクリーム。¥300
d0029363_17383423.jpg


42
15:20集合時間、バスターミナル。
d0029363_17384489.jpg


帰り、上高地バスターミナル15:30に出発、途中安曇野スイス村
(休憩と買い物)と上里SA(休憩)を経って、21:00大宮に着きました。

日帰りの上高地は、バスに乗る10時間はたいへん長くて、体力が必要。
来年は上高地で一泊でもしようと思うようになりました。

・上高地の花々














---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-08-24 01:54 | ウォーキング

835/ (群馬)白根山ウォーキング

2014/07/06(日・晴曇)

今日は群馬県「草津白根”コマクサ”ウォーク」ツアーに参加して、
ウォーキングに出かけました。

行程:
さいたま新都心(7:00)=上里SA(休憩)=白根山ロープウェイ山麓駅
=ロープウェイ=ロープウェイ山頂駅=徒歩(リフト乗り場)=リフト
=白根火山口一周ウォーク(から釜・コマクサ群生地・本白根展望所・
鏡池)歩行約7km=ロープウェイ山頂駅=ロープウェイ=ロープウェイ
山麓駅(ゴール)=浅間酒造観光センター(買い物)=上里SA(休憩)=
さいたま新都心(18:30)。

1
白根山ロープウェイ山麓駅(標高1550m)。
d0029363_2275895.jpg


2
今日のウォーギングマップ。

d0029363_2211033.jpg


3
白根山ロープウェイ乗り場。
d0029363_22101666.jpg


4
白根火山ロープウェイ乗車記念切符。(片道¥900、往復¥1500)
d0029363_221024100.jpg


5
白根山ロープウェイ
「殺生河原と草津白根山を結ぶ全長約2.4km。」
d0029363_22103491.jpg


6
ロープウェイ乗る時間約13分。
d0029363_22104255.jpg


7
天気が良ければ、赤城山や榛名山などを望むことが出来る、
今日は曇り空なので、残念でした。
d0029363_22104993.jpg


8
ロープウェイの終点「ロープウェイ山頂駅」、標高2020m。
d0029363_22115046.jpg


9
ロープウェイ山頂駅に着いた後、次は「本白根ゲレンデリフト」に乗ります。
d0029363_2212712.jpg


10
「本白根ゲレンデリフト」の乗る時間は約5分。
d0029363_22112269.jpg


11
「本白根ゲレンデリフト」の降りる場所、本白根山2171m。
ここからウォーキングスタート地点。
d0029363_012389.jpg


12
いわかがみ(岩鏡)と再会しました。2年ぶりです。
前回会ったのは八幡平山頂(2012年6月)でした。
高さ約20cmの可憐は高山小花、好きな花です。
d0029363_22115141.jpg


13
山頂のコマクサ群生地。
d0029363_2212219.jpg


14
コマクサ群生を見るのは初めてでした。ちょっと感動しました。
d0029363_2212574.jpg


15
d0029363_2212212.jpg


16
花が美しい花と、常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような
厳しい環境に生育することから「高山植物の女王」と呼ばれている。
d0029363_22123051.jpg


17
和名は花の形が馬(駒)の顔に似ていることに由来する。
花言葉は、「高嶺の花」・「誇り」・「気高い心」・「貴重品」。
d0029363_22124196.jpg


18
d0029363_22125151.jpg


19
d0029363_22134168.jpg


20
d0029363_22135029.jpg


21
d0029363_22132148.jpg


22
d0029363_22133179.jpg


23
d0029363_22134330.jpg


24
d0029363_22135125.jpg


25
d0029363_2214079.jpg


26
d0029363_2215925.jpg


27
本白根展望所、標高2145m。

d0029363_2214652.jpg


28
鏡池、標高2059m。
d0029363_22145221.jpg


29
本白根山・鏡池。
「鏡池もかつての噴火口の一つです。池の形は六角形に見えることから、
別名『亀池』とも言われています。」
d0029363_2215723.jpg


30
d0029363_22151662.jpg


31
d0029363_22153729.jpg


32
d0029363_22152571.jpg


33
d0029363_2216115.jpg


34
一時間半歩く後、ロープウェイが見えました。
d0029363_22161121.jpg


35
山頂駅も見えました。
d0029363_22171732.jpg


36
ロープウェイ山頂駅に到着しました。歩行一時間40分でした。
d0029363_22162963.jpg


37
ロープウェイ山頂駅で少し休憩した後、
再びロープウェイに乗って、山麓駅へ降りました。
d0029363_22164770.jpg


38
ロープウェイからの眺めはワンダフル!
d0029363_22173756.jpg


39
ロープウェイ山麓駅に到着しました。
明日は七夕、自分も願い事を書いた短冊を笹につけた。

d0029363_22165063.jpg


40
ロープウェイ山麓駅の駐車場にバスの行列。
d0029363_22211860.jpg


41
ウォーキング主催会社の「お振舞テント」。
d0029363_22172641.jpg


42
冷製甘酒と温泉まんじゅうを頂きました。

d0029363_22164844.jpg


43
ロープウェイ山麓駅の「青葉山レストラン」。
d0029363_2222349.jpg


44
青葉山レストランで買ったソフトクリーム。¥300
d0029363_22224973.jpg


45
山歩く時滑りこんで、怪我した同じバスの参加者。
添乗員に付き添われて、バスに戻りました。
そのため、帰りのバスは20分間遅れて出発した。

山ウォーキング、地面の起伏や狭い木道など、足元をよく見て歩く
ことはとても大切とつくづく思います。
d0029363_01377.jpg


46
帰りのバス内、遅くなった昼食のお弁当を頂きました。

d0029363_22231053.jpg


・草津本白根山の花

感想
天気は曇り空だったが、雨が降らなかったことは良かった。
山を横断歩く時、後ろを振り向いた山の素晴らしい風景に感動しました。
高山植物女王「コマクサ」にも会えた、良いウォーキングでした。

















-------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-08-11 16:18 | ウォーキング