<   2014年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

834/ 鳥取空港から羽田へ 

~2014/06/28~29鳥取の旅(7)~ (おわり)

2014/06/29(日・晴れ)

一泊2日の誕生旅、いよいよおわります。
鳥取砂丘から鳥取駅に戻ってから、空港へのバス発車時間まで、
少し時間があったので、駅内のドトールカフェでひと休み。
ほんとうは、旅の締めくくりはすなば咖啡にしたかった。

1
鳥取駅内のドトールカフェ。ケーキセット¥590

d0029363_1663489.jpg


2 
バスターミナル2番のりばで、16:55の鳥取空港行きバスに乗りました。
d0029363_1664495.jpg


3 
さよなら、すてきな一泊2日の一人誕生旅。
一人旅でも詳細な計画があれば、出来ることです。
d0029363_1665192.jpg


4 
バス20分走った後、鳥取空港に着きました。運賃¥460。
d0029363_1665990.jpg


5 
鳥取空港。
d0029363_167888.jpg


6 
一階のチェックインカウンター。
d0029363_1671517.jpg


7 
一階のロビー。
d0029363_1672541.jpg


8  
2階は検査と出発のフロア。
d0029363_1673590.jpg


9  
2階検査フロアから、外の眺め。
d0029363_167458.jpg


10 
手荷物検査。
d0029363_1675457.jpg


11
17:55東京行きの便は、羽田の雷雨で、20分遅れました。
出発時間は18:15に変更されます。
d0029363_168714.jpg


12 
売店をいろいろ見て、「日本海新聞」もあります。
読みたいですが、有料なので、買わなかった。
d0029363_1681786.jpg


13 
待合室から。2日間旅のことが頭をよぎった。
d0029363_1682773.jpg


14 
搭乗通路から鳥取空港建物を撮影しました。
d0029363_1683860.jpg


15 
今日の席は通路側。翼だけ写真を撮りました。

d0029363_1685165.jpg


16  
19:45に羽田空港に到着。羽田は雨でした。
d0029363_169291.jpg


17 
夜21:30頃帰宅しました。
食卓に、娘がバースデーケーキを買ってくれた。
主人、娘からプレゼントを頂きました。上海で勤務する息子からの
お祝いのメールも届きました。
d0029363_1691755.jpg


家族に愛されて、幸せに満ちる。
母のわかまま一人旅、いつも温かく見守ってくれる家族に感謝します。
これからも健康で、家族を大切にします。

~おわり















----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-31 17:23 | 旅に出る

833/ 鳥取砂丘

~2014/06/28~29鳥取の旅(6)~

2014/06/29(日・晴れ)

白兎海岸からバスで鳥取駅に戻りました。午後の予定は鳥取砂丘。
鳥取砂丘行き帰りのバス本数が多いから、時間的に余裕があります。
駅内の飲食店で昼食をとりました。

1
鳥取駅構内。
d0029363_18573361.jpg


2
鳥取駅構内の「Cafe&Lunch Jurney(ジャーニー)」店で、
昼食のラーメンセットを頂きました。¥720

d0029363_18574523.jpg


3
店内に置かれた地元の新聞(山陰中央新報)も読みました。
d0029363_18575294.jpg


4
昼食後、13:10のバスで鳥取砂丘へ。
鳥取砂丘は2回目なので、気持ち的に楽です。
d0029363_1858034.jpg


5
バス20分走った後、”鳥取砂丘センターリフトのりば”に到着。その後、
リフトに乗って、砂丘へ行きました。(片道5~6分くらい。往復¥300)
d0029363_1858764.jpg


6
良い天気に恵まれ、砂丘のパノラマ風景すごくきれい。
d0029363_18581553.jpg


7
前回(6月18日)は、無料の長靴をレンタルして、砂丘の頂所へ上りました。
今回の目的は「らくだ乗り」です。砂丘の一番高いところへ上らなかった。
d0029363_18582268.jpg


8
鳥取砂丘:
「東西約16km、南北約2km。このうち起伏の最も大きい浜坂砂丘は、
3列あるいは4列の大砂丘が並行して、雄大なスロープをみせ、
その風下側(南側)斜面は35度前後の急斜面となっている。」
d0029363_18583026.jpg


9
砂丘の向こうは日本海です。
d0029363_18584026.jpg


10
砂丘の頂上に登れば、日本海を見下ろす風景です。
d0029363_18585069.jpg


11
中国の敦煌砂壁を連想してしまいました。
d0029363_1859166.jpg


12
「鳥取砂丘は、鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる広大な砂礫地で、
遠州灘砂丘(静岡)、吹上浜砂丘(鹿児島)、と並ぶ日本の三大砂丘です。」
d0029363_18591018.jpg


13
「砂丘は、山陰・鳥取県東部の日本海沿岸、鳥取市福部町にあり。
東西16km、南北2km、最高起伏47m。日本最大の砂丘である。」
d0029363_1859222.jpg


14
鳥取砂丘の形成:
「中国山地の花崗岩質の岩石が風化し、千代川によって日本海へ流された
あと、海岸に集まったものが砂丘の主な砂となっている。海中の砂を海岸に
向けて流れ寄せる潮流と、海岸線に堆積した砂を内陸へ吹き込む卓越
風の働きで形成された。」
d0029363_18593171.jpg


15
d0029363_18593960.jpg


16
見渡す一面の砂漠、日本とは思えないほど美しいです。
d0029363_18594875.jpg


17
砂漠に海がない、鳥取砂漠の側に日本海です。
d0029363_18595827.jpg


18
砂丘の向こう、海と空の境が分からなくなります。
d0029363_190899.jpg


らくだ屋の料金は
①らくだの横に並んで撮影。1人100円。
②らくだにまたがって撮影。1人500円。 (手持ちのカメラで)
③遊覧(1人乗り)1300円。大人子供同料金。
④遊覧(2人乗り)2500円。大人・子供同料金。

19 
らくだと記念写真。¥500
d0029363_9143912.jpg


スタッフが「らくだ屋の店へ行って、ポストカードサイズの記念写真が、
ただでもらえる」と言って、引換券をくれました。
「ただ」と聞いたら、うれしくて、早速大通りに下りて、らくだ屋へ行きました。

20 
大通りから見たリフトの風景。
d0029363_1902697.jpg


21 
大通りから見たリフトの風景。
d0029363_1903453.jpg


22 
大通りにある「らくだ屋」のおみやげ店に来ました。
d0029363_190449.jpg


23
そこで見たのは、「ポストカード中の写真は切手のような小さい、そして、
大きい写真とセットになっています」、料金は1000円。買うのは自由。
普段は買わないです、今日は誕生日であり、一回限りで写真を買いました。
d0029363_141419100.jpg


24 
折り返しのリフトに乗って、砂丘センターに戻りました。

d0029363_1905497.jpg


25 
売店で買った「梨ソフトクリーム」。¥250
d0029363_191223.jpg


26 
おみやげ。
鳥取砂丘の砂入りのストラップとボールペン。(¥440+¥360)
国立公園の鳥取砂丘、自然公園法で砂を持ち出しが禁止されている。
砂入りのおみやげなら、問題ないようです。

d0029363_10334459.jpg


27 
鳥取砂丘の砂入りボールペン。
d0029363_1912093.jpg



~つづく















--------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-31 10:48 | 旅に出る

832/ (鳥取)白兎海岸

~2014/06/28~29鳥取の旅(5)~

2014/06/29(日・晴れ)

白兎神社を散策後、「白兎歩道橋」を渡って、白兎海岸へ
行きました。

1
白兎歩道橋を渡る前、白兎神社側から見た風景。
三角屋根の木造建物は「鳥取駅行き」バス停です。

「日本で初めてのラブストーリーの発祥地”白兎”として、
2010年に”恋人の聖地”に認定されました。」

d0029363_21491515.jpg


2 
白兎海岸
「白兎海岸は、昔”隠岐の島”に流されたうさぎがワニザメをだまして
”気多の崎”まで渡ろうとしたが、だまされたことに気がついたワニザメ
に皮をむかれて苦しんでいる時に、”大国主命”が通りかかり、『真水で
身体を洗い、ガマの穂にくるまっていなさい』と言われ完治したという
神話『因幡の白うさぎ』の舞台といわれています。」
d0029363_21492536.jpg


3 
白兎神社から白兎海岸への横断橋・「白兎歩道橋」。
d0029363_21493275.jpg


4
「白兎歩道橋」は平成17年から着工し、平成19年6月29日に
歩道橋が通行できるようになりました。橋の長さ24m(国道横断部)。
幅2m(歩行者通行幅)。高さ5m(国道から桁下までの高さ)。」
d0029363_21493940.jpg


5 
白兎歩道橋から見た「大国主命と因幡の白うさぎ」銅像の風景。
d0029363_21524338.jpg


6 
白兎歩道橋から見た”国道9号”の風景。
d0029363_21495624.jpg


7 
白兎歩道橋からみた”白兎海岸”の風景。
d0029363_21504100.jpg


8 
国道9号と並行する美しい白兎海岸。
d0029363_21501282.jpg


9 
神話の地・白兎海岸。茶色建物はバス停です。
d0029363_2150235.jpg


10 
神話の地・白兎海岸。

d0029363_21503455.jpg


11 
童謡「大黒さま」の歌碑。
鳥取県出身の作曲家・田村虎蔵が作曲した童謡「大黒さま」の歌碑。
d0029363_21504345.jpg


12 
海岸に降りました。
d0029363_21505326.jpg


13 
海岸から見た”白兎歩道橋”。
d0029363_2151356.jpg


14 
美しい日本海をぼーっと眺めました。
日本海の海水を手で触った、冷たくて気持ちがいい。
d0029363_21514254.jpg


15 
年を重ねる誕生日に、一人で日本海を眺めることはすてき。
d0029363_21511237.jpg


16 
すてきな旅時間、最大な誕生日プレゼント。
d0029363_21512227.jpg


17
日本海にちなんだ演歌がたくさんあります。ほとんど悲しみや切ないの
歌詞とメロディー。なぜですか?日本海は悲しみの海でしょうか?
d0029363_21515115.jpg


18 
神話にあるように、ワニザメの背中に似た岩礁がある。
d0029363_2152219.jpg


19 
白兎海岸で30分の散歩後、再び白兎歩道橋を渡って、
「道の駅・神話の里白うさぎ」へ行きました。
d0029363_21521244.jpg


20 
白兎歩道橋から見た「道の駅・神話の里白うさぎ」建物。
d0029363_21523452.jpg


21 
木目調の「白兎歩道橋」。
美しい白兎海岸と青い空の景観にすごくマッチしてます。
d0029363_21525347.jpg


22 
「道の駅・神話の里白うさぎ」の建物に入りました。
d0029363_2153467.jpg


23 
館内の「道の駅 神話の里 白うさぎ」の駅舎?

d0029363_21531447.jpg


24 
道の駅神話の里、名誉駅長・「命(みこと)」の札。
出勤時間8:30~19:00、休憩4時間。
d0029363_21532654.jpg


25 
名誉駅長「命(みこと)」です。11月で5さいになりました。
d0029363_21533715.jpg


26 
赤い目の超かわいい名誉駅長ミコトちゃん。
d0029363_215348100.jpg


27 
うさぎミコトちゃんがかわいくて、抱きしたくなります。

d0029363_2154017.jpg


28 
動物病院長名まえ入りの「健康証明証」。
d0029363_21541239.jpg


29 
縁結び因幡の白うさぎ。
ちょっと太ってる、でもかわいい。記念に「縁結び因幡の白うさぎ」の
ぬいぐるみを買いました。¥756
d0029363_2154217.jpg


30 
ごまソフトクリーム。¥330
d0029363_21543113.jpg


31 
バスの時間が近づきますので、歩道橋を渡って、バス停にきました。
d0029363_21544045.jpg


32 
木造のバス待合小屋。
d0029363_21544959.jpg


33
d0029363_21545896.jpg


34 
バス待合小屋中の様子。
d0029363_2155791.jpg


35 
バス待合小屋の外、素晴らしい眺望です。
d0029363_21551735.jpg


36  
11:55の鳥取駅行きバスが来ました。
d0029363_21552791.jpg


37 
市内の橋欄干。(車窓から)
d0029363_21553690.jpg


38 
帰宅した後、「縁結び因幡の白うさぎ」を愛車に置いた。
d0029363_2156131.jpg


~つづく















------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-29 02:15 | 旅に出る

831/ (鳥取)白兎神社

~2014/06/28~29鳥取の旅(4)~

2014/06/29(日・晴れ)

今日の予定、午前は”白兎神社”、午後は”鳥取砂丘”。その後、
16:55のバスで鳥取空港へ、17:55のANA298便で、羽田に帰る。

白兎神社行きと帰りのバス本数が少ない、1~2時間一本くらい。
散策の時間を入れて、午前は「白兎神社・白兎海岸」へ行くことにした。

1 
白兎神社行きバスは、バスターミナル5番のりばです。
d0029363_20515873.jpg


2  
9:55の「白兎海岸行き」のバスに乗りました。

d0029363_20521032.jpg


3  
10:34、「白兎神社前」に到着した。(片道¥600、約40分)

d0029363_20521869.jpg


4 
「大国主命と因幡の白うさぎ」の銅像。
旅立ち前、ネットで「大国主命と因幡の白うさぎ」の写真を何回も
見ましたので、今日は銅像実物が目前に、ちょっと感動しました。
d0029363_2052285.jpg


5 
「大国主命と因幡の白うさぎ」の銅像。
d0029363_20523692.jpg


6
d0029363_2052449.jpg


神話「因幡の白うさぎ」:
「『因幡の白うさぎ』の話は、およそ1300年前に編纂された『古事記』に
書かれている神話です。
大国主命の話の始まりに『稲羽之素菟』として書かれています。『素菟』
とは、『もとの姿にもどったウサギ』あるいは『裸のウサギ』という意味です。
神話は次のような内容です。
昔、一匹のウサギが淤岐ノ島から対岸の気多岬に渡ろうとして、海の
ワニをだまして、上陸しようとした。そして、だましたことをワニに告げると、
怒ったワニはウサギの皮をむいて赤裸にしてしまった。そこに八上姫に
求婚するために通りかかった大国主命の兄神たちが、苦しんでいたウサギ
に『海の塩を浴びて、風に当たればよい』と教え、その通りにすると痛みが
増してしまう。最後にやってきた大国主命が『水門の真水で身を洗い、
ガマの花粉を体に付けばよい』と教え、その通りにするとウサギは元の
体に戻った。
広く知られている話はここまでです。神話の舞台は諸説があり、『淤岐ノ島』
は沖合にある島、あるいは島根県の『隠岐の島』という説もあります。」

7 
白兎神社石碑と鳥居(第一の鳥居)。
d0029363_20531489.jpg


8 
北里闌歌碑。
d0029363_20534091.jpg


9 
北里闌歌碑
「鰐の背に 似たる岩見ゆ 蒲ならぬ 浪の花散る 気多の岬に」
d0029363_20535161.jpg


10
d0029363_2054154.jpg


11 
ハマナス自生南限地帯。

d0029363_2056327.jpg


12 
北海道道花「ハマナス」、大好きな花です。
ハマナス自生南限地帯は、鳥取県白兎海岸の近くにあること、
知りませんでした。勉強になりました。
d0029363_20564359.jpg


13 
大国主命、八上姫と白兎の砂像。
地面の白い小石は、恋愛成就の願い石のようです。
d0029363_2145619.jpg


14 
「大国主命と八上姫」「砂像とは」。
d0029363_20533188.jpg


15 
「大国主命と八上姫」
d0029363_2239065.jpg


16 
「砂像とは」
d0029363_22391434.jpg


17 
白兎神社参道両側には、表情が異なる小さなウサギの石像が
立ち並んでいます。
d0029363_2059562.jpg


18 
小ウサギ石像の表情が生き生き。小石は縁結び石。

d0029363_20571058.jpg


19 
小うさぎ石像はピョンヒョンと走る姿、とてもかわいい。

d0029363_20572041.jpg


20
d0029363_20565768.jpg


21 
第二の鳥居。
d0029363_20573420.jpg


22 
御身洗池。(不増不滅の池)
神話中の「いかなる旱天、豪雨にも水の増減がない」の神池。
d0029363_20575435.jpg


23 
”不増不滅の池”、水はなぜ泥水のようで。
澄みとおった池水であれば、もっと神話にびったり。
d0029363_2058390.jpg


24 
白兎神社樹叢

d0029363_20574482.jpg


白兎神社樹叢:
「この神社は『大国様と白兎』の神話で有名な神社であります。
白兎が身体を洗い、ガマの穂にくるまったと云われる『不増不滅の池』
があり、この周囲には常緑のタブ、シイノキ、アカガシ、ヤブニツケイ、
トベラ、モチノキ、カクレミノ、クロキなどの低木が多く育っています。
 これは北西方向の黒松が冬期の寒風を遮ぎったために生育した
もので、日本海岸地方の原始林景を今に残している重要なもの
であるため、昭和十二年国指定の天然記念にされました。」

25 
白兎神社。
日本の神社がたくさんあります。この鳥取県日本海沿いの小さな
神話の神社・「白兎神社」、なぜか親しみ感が湧きます。
神話中の傷ついた白兎のことを想像すると、愛しくなります。
d0029363_20582463.jpg


26 
d0029363_20581475.jpg


白兎神社
「大黒さまと白うさぎの神話で知られ、『古事記』『日本書記』にも記されている
由緖ある神社である。
神話にゆかりの白兎を祭り、皇室の紋章である菊花を型どっと菊座石が
社殿の土台に使われている。
神社の前には、いかなる旱天、豪雨にも水の増減がないという『不増不滅
の池』があり、神話によればこの池で、皮をむかれた赤裸の白兎が真水で
身体を洗い、ガマの穗でくるんだ。といわれている。
鳥居をくぐり、石段を上がった右手には、言語学者、北里翁の詠んだ
『ワニの背に似たる岩見ゆ蒲ならぬ、浪の花散る気多の岬に』の歌碑が
立っている。」

27 
白うさぎおみくじ。¥300

d0029363_20583497.jpg


28 
白うさぎの中におみくじが入っています。
d0029363_23592495.jpg


29 
近くに、たくさんおみくじを樹に結びます。
d0029363_20584557.jpg


30 
第二の鳥居。
d0029363_20585572.jpg


31 
第一の鳥居。
日本海に面した白兎神社の鳥居、素晴らしい風景です。
d0029363_20591433.jpg


32 
白兎神社で買ったおみやげ。3点¥1100。
d0029363_23591470.jpg


33 
白うさぎ裏のシールをはがして、おみくじが出ます。
d0029363_23593376.jpg


34 
中吉です。

d0029363_23595390.jpg



~つづく















------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-27 00:16 | 旅に出る

830/ 鳥取ワシントンホテル

~2014/06/28~29鳥取の旅(3)~

2014/06/28(土・晴曇雨)

午後、遊覧船に乗った時降りだした小雨は夕方5時ごろやみました。

バスで鳥取駅に戻った後、ロッカーの荷物を取に行って、その後、
今晩の宿・「鳥取ワシントンホテルプラザ」チェックインしました。
「鳥取ワシントンホテルプラザ」は鳥取駅の側です。

部屋で少し休憩した後、今晩の夕食と明日朝食の食品を買う
ため、外に出ました。

1 
鳥取ワシントンホテルプラザ。

d0029363_1455155.jpg


2 
鳥取駅北口前のロータリー。
d0029363_146104.jpg


3
鳥取駅北口前。茶色建物は「ホテルニューオータニ鳥取」。
6月18日にツアーで来た時、宿泊したホテル。
d0029363_146113.jpg


4 
鳥取駅南口にものぞいてみました。
d0029363_1461988.jpg


5 
駅内のJR運賃表。全部知らない駅名です。
d0029363_1462685.jpg


6 
ドア閉め、窓一つ無しの「すなば咖啡」。
外から店内の様子をのぞむことが出来ません。
d0029363_1463444.jpg


7 
入ってみたかった「すなば咖啡」。
d0029363_147385.jpg


8 
開放的カフェであれば、夕食でもしようと思います。

d0029363_1471427.jpg


9 
朝食のメーニュも豊富で、値段がやすい。

d0029363_1472591.jpg


10
「すなば咖啡」の前で、行ったり来たりと徘徊していました。
入りたいのに、やっぱり、おばさん一人入りにくいカフェです。
d0029363_1464289.jpg


11 
空は少し暗くなってきました。
駅内のコンビニで食品を買った後、ホテルに戻りました。
d0029363_1473769.jpg


12 
部屋の記念写真。
d0029363_1474721.jpg


13 
ワシントンホテル系列のホテル、何回も宿泊したことがあります。
部屋内インテリアはだいたい同じ。
d0029363_147578.jpg


14
d0029363_148515.jpg


15 
窓から線路が見えます。
d0029363_1481476.jpg


16 
買った食品(今晩夕食と明日朝食)。おむすび3つ。
d0029363_1482211.jpg


17 
カップメン2個。
d0029363_148359.jpg


18 
菓子パン3つ。
d0029363_1485675.jpg


19 
果物ぜり3本。2食、全部(むすび、めん、パン)ちょっと多いかなぁ。
d0029363_149511.jpg


20 
ホテルのレンタルパソコン。¥1000
d0029363_1491363.jpg


21 
中国、アメリカ、韓国、日本、4ヶ国言語対応。
d0029363_1492255.jpg


22 
天気予報も山陰の天気がメイン。旅に出た実感がします。
d0029363_1493183.jpg


23
日曜日昼12:55の「新婚さんいらっしゃい」は鳥取では土曜日の夜23:00。
偶然にも「鳥取、島根の新婚さん大募集!」。
d0029363_1493978.jpg


~つづく














----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-25 03:04 | 旅に出る

829/ (鳥取)浦冨海岸島めぐり遊覧船

~2014/06/28~29鳥取の旅(2)~

2014/06/28(土・晴曇雨)

鳥取駅からバス45分走った後、「浦冨海岸島めぐり遊覧船のりば」
に来ました。天気が曇りですが、遊びたい心は晴れでした。

1 
浦冨海岸島めぐり遊覧船のりば。(鳥取県岩美郡岩美町)
d0029363_2573494.jpg


2 
浦冨海岸島めぐり船のりば。
d0029363_2574598.jpg


3 
中はおみやげ売店と食堂。
売店は地元の海産物が中心、オリジナルグッズなど。
食堂は地元の網代漁港から獲ったイカの料理や、海産物を使った定食など。
d0029363_2575311.jpg


4
島めぐり遊覧船、遊覧時間50分。大人¥1300。子ども¥650。
(ボンネットバス周遊券を見せると大人料金¥1100。)
洞くつめぐり小型遊覧船。遊覧時間50分。大人¥2100。子ども¥1500。

d0029363_019202.jpg


5 
島めぐり遊覧船チケット。
d0029363_2581286.jpg


6
d0029363_2582240.jpg


7 
島めぐり遊覧船、定員95名。今日は満員に近い。
d0029363_0195269.jpg


8
浦富海岸は鳥取県岩美郡岩美町にある約15kmにわたるリアス式海岸。
d0029363_2584445.jpg


9
「浦冨海岸は1928年に、国の名勝天然記念物に指定され。”日本百景”、
”日本の白砂青松百選”、”日本の渚百選”、”平成日本観光地百選”
などに選ばれている。」
d0029363_2585359.jpg


10 
洞くつめぐり小型船だと、洞くつの中に入り込みます。
d0029363_259254.jpg


11 
ボートを楽しむ人たち。
d0029363_2592071.jpg


12 
海水の侵食による花崗岩の断崖、奇岩、洞門が続き。
d0029363_2593025.jpg


13
海面上に大小の島や岩が散在する風景が宮城県の松島に似て
いることから「山陰の松島」と呼ばれることもある。
d0029363_2593995.jpg


14
d0029363_2594896.jpg


15
d0029363_2595661.jpg


16
d0029363_30928.jpg


17
d0029363_302088.jpg


18
d0029363_303018.jpg


19 
透き通っていた海水、とても綺麗。
d0029363_304091.jpg


20
d0029363_31381.jpg


21
d0029363_314722.jpg


22
d0029363_32852.jpg


23
d0029363_322063.jpg


24 
餌を求めて、船を追いかけてくるカモメたち。
d0029363_323044.jpg


25 
いよいよ船が接岸します。素晴らしい島めぐりでした。
d0029363_324152.jpg


26 
売店でおみやげを買いした。

d0029363_325122.jpg


27 
いかすみ大根。¥550

d0029363_11502547.jpg


28 
網代港大漁タオル。¥700
d0029363_11511726.jpg


29 
浦冨海岸名物、いかすみソフトクリーム。¥250
d0029363_33177.jpg


30 
外で鳥取駅ゆきのバスを待っていました。
d0029363_331867.jpg


31 
降り続く小雨、旅情を誘う。
d0029363_332932.jpg


32
d0029363_333857.jpg


33
d0029363_334813.jpg


~つづく















---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-24 12:01 | 旅に出る

828/ 2014誕生日に旅立ち

~2014/06/28~29鳥取の旅(1)~

2014/06/28(土・晴れ)

誕生日に旅立ち、5年前から始まった自分の決まり。
今年は鳥取県です。なぜか鳥取県?
報道で「鳥取県は全国47都道府県中、面積は41番目で、人口は
最も少ない。スターバックスコーヒーがない。セブン-イレブンコンビニ
もない。」ということを知り、鳥取県を応援したい思いで、今年の誕生日
旅立ち地は鳥取県と決めました。

日本国内の旅はほとんどツアーや家族で、一人で行ったことがない
ので、旅立ち前、鳥取県の観光情報いっぱいを調べました。行きたい
場所、移動の市内バスルートや時刻など、結構時間がかかりました。
東京からはANAの「旅作(航空券+ホテル)」を利用しました。

鳥取は今月6月17~19日、2泊3日の山陰ツアーにも来ました。
その時、鳥取砂丘だけの観光でした、今回は山陰海岸国立公園・
浦冨海岸、神話の里・白兎海岸にも行ってみたいと思います。

1 
山陰海岸の鳥取へ誕生旅に立ちます。

d0029363_171476.jpg


2
羽田空港(第二ターミナル)に早めに来たので、
一階の”エアポートダイナーカフェ”で、朝食をとりました。

d0029363_17142089.jpg


3 
羽田空港(第二ターミナル)3階出発ロビー。
d0029363_17142931.jpg


4 
自動チェックイン機で搭乗券をとりました。
d0029363_17143729.jpg


5 
往復搭乗券。
d0029363_17144463.jpg


6 
検査後、中の待合処から。
d0029363_17145287.jpg


7
ANA295便、10:45発。ツアーの旅と一人の旅、気持ちが全然違います。
一人旅の気持ちは冒険に満ちる。行楽も身のまわりも、すべて自己責任。
d0029363_171504.jpg


8
鳥取空港に着きました。羽田から鳥取の飛行時間は1時間15分です。
空からみた鳥取空港の風景は、海に近い茶色建物です。
d0029363_17154949.jpg


9 
空港ターンテーブル側で荷物を待つ。
荷物は機内に持ち込みができるサイズ、面倒なので預けました。
d0029363_17155677.jpg


10 
空港出口の側に、砂像を製作しています。なんの砂像でしょうか?
d0029363_1716776.jpg


11
その後の調べで、製作中の砂像は「第14回全国障害者芸術文化祭、
鳥取大会のマスコットキャラクター「アートリピー」の砂像です。
7月3日にお披露目式が行われました。(写真はネットから引用)
d0029363_19485131.jpg


12 
「鳥取空港~鳥取駅」の連絡バス。
d0029363_17161738.jpg


13
d0029363_17162543.jpg


14 
羽田~鳥取、ANA一日5便があります。
空港連絡バスは、発着便に合わせて、運行してます。
d0029363_1716354.jpg


15 
街の風景を見たいので、前の座席に座りました。
d0029363_17164592.jpg


16 
鳥取の街、緑が多いとてもきれい。自分の住む街よりきれい。
d0029363_17165481.jpg


17 
駅前のメイン通り。
今日は週末なのに、通り両側の商店がシャッター が閉まっている店が
多い、街の歩行者が少ない。人口が少ないのせいでしょうか。
d0029363_17171269.jpg


18 
鳥取空港から鳥取駅まで約20分。運賃は¥460。
d0029363_1717462.jpg


19
12:50鳥取駅バスターミナルに到着しました。
午後の予定は山陰国立海岸・浦冨海岸遊覧船めぐり。
浦冨海岸遊覧船乗り場行きのボンネットバスの発車時間は13:10。
時間は20分しかない、荷物はホテルのフロントに預ける時間がな
かったので、バスターミナル近くのロッカーに預けた。(¥300)
d0029363_17172213.jpg


20 
「浦冨海岸遊覧船乗り場」行きのボンネットバス乗り場。

d0029363_2139373.jpg


21 
レトロなボンネットバス。
こどもの時、実家の町のバスはほとんどボンネットバス。とても懐かしい。
乗るのを楽しみにしています。
d0029363_17183048.jpg


22
ボンネットバスを待つ間、バスターミナル内のほかのバス停も
のぞいてみました。市内循環バス、100円。やすい!

d0029363_17173167.jpg


23  
100円循環バス「くる梨(くるり)」。
d0029363_17174034.jpg


24 
循環バス「くる梨」は、赤青緑の3コースがあります。
赤コース=樗谿公園、やまびこ館、観音院、玄忠寺、高砂屋、鳥取民藝美術館。
青コース=高砂屋、鳥取民藝美術館。
緑コース=仁風閣、鳥取城跡、鳥取民藝美術館、わらべ館。
区間に関わらず100円。
d0029363_17174956.jpg


25 
カラフルな観光スポット周遊バス・「ループ麒麟獅子」。
名まえは因幡地方に伝わる「麒麟獅子」にちなんだものである。
d0029363_17175854.jpg


26
「ループ麒麟獅子」バスの運行は、Aコース(左回り)とBコース(右回り)
があります。
ルート:鳥取駅=鳥取城跡=わらべ館=渡辺美術館=こどもの国=
砂丘センター展望台=砂の美術館=鳥取砂丘=鳥取港(賀露神社前)
=鳥取港(かにっこ館前)=湖山池=コカ・コーラウェストスポーツパーク
=とっとり出合いの森。

一回乗車券300円。一日乗車券600円。
鳥取観光スポートを全めぐり、次回は乗ってみたいです。
d0029363_17181051.jpg


27 
お腹が空いてきました。
ベンチで、羽田空港で買ったおむすび2個を頂きました。
d0029363_17183990.jpg


28 
ボンネットバスがきました、でも、バスは普通のバス車両!!
ガイドさんが「申し訳ありませんですが、ボンネットバスが故障のため、
代車運行しております。」と言いました。
楽しみにしていたのに、がっかりしました。
d0029363_1718516.jpg


29 
ボンネットバス周遊乗車券。¥1000。
d0029363_1719187.jpg


30 
ボンネットバスの旅案内。
d0029363_17191154.jpg


~つづく














----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-23 07:23 | 旅に出る

827/ (大阪)伊丹空港 

~2014/06/17~19山陰の旅(13)~ (おわり)

2014/06/19(木・晴れ)

天橋立を離れた後、バスは大阪伊丹空港へ向かいました。
途中赤松PA(兵庫県神戸市)で休憩をとりました。
夕方18:00、大阪伊丹空港に着きました。

1979年3月2日留学で日本に上陸した空港は、大阪国際空港
でした。今日は、大阪国際空港(伊丹空港)とは35年ぶりの再会。
たまらなく懐かしい。

1 
伊丹空港。
d0029363_21542213.jpg


2 
空港の周り、全部変わりました。
d0029363_21543329.jpg


3 
ビル壁の「大阪国際空港」だけ、変わりません。
d0029363_2154404.jpg


4
d0029363_21544843.jpg


5
d0029363_21545870.jpg


6
d0029363_2155177.jpg


7
空港内、添乗員さんがみんなと挨拶とお別れの言葉をした後、
搭乗券を配りました。その後、解散になりました。

一人で空港内を見回って、中の施設、変わったか、変わらなかったか、
あまりよく覚えませんでした。ただただの懐かしい。
d0029363_21564492.jpg


8
19:30の便、時間はまた一時間があるので、空港内の飲食街で
夕食をとりました。食べたかったのは「大阪たこ焼き」です。
d0029363_21565417.jpg


9 
カウンター席で、調理の様子がよく見えます。
d0029363_215765.jpg


10 
美味しそう、頂きます。(¥490)

d0029363_21571895.jpg


11 
JAL134便、19:30の搭乗券。搭乗口17。
d0029363_21572747.jpg


12 
搭乗口17はどこ?案内図を見ると、現在地の目前!ぼけた。
d0029363_21573825.jpg


13
d0029363_21574777.jpg


14 
JAL便に乗るのは一年ぶり。ANAも好きですが、自分はJALファンです。
d0029363_21575527.jpg


15 
さよなら、なつかしい大阪国際空港。
d0029363_2158533.jpg


旅感想
2泊3日の山陰旅、岡山、島根、鳥取、兵庫、京都、大阪と2府4県に
渡る旅でした。湯郷温泉、出雲大社、足立美術館、鳥取砂丘、天橋立、
どれも素晴らしい観光地、濃厚で有意義な3日間でした。

~おわり。  

山陰の旅に出会えた花














---------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-19 23:09 | 旅に出る

826/ (京都)天橋立サイクリング

~2014/06/17~19山陰の旅(12)~

2014/06/19(木・晴れ)

飛龍観回廊で、天橋立のパノラマ風景を存分に堪能した後、
目玉の観光ポイント「天橋立」へと早足で行きました。

そこで、トラブルが発生した。午前、バス内穴が空いた靴は、穴が
大きくなったので、もう、靴買わないと駄目。参道のおみやげ店
一軒一軒に「スニーカーがありますか?」と聞いたが、ほとんどの
店が、サンダルとげたしか置いてない。6軒目のおみやげ店
(天橋立観光サンター・松吟)の女店主さんが「参道通りの角を
右折し、歩いて5分くらいコンビニーがあります、そっちへ行って
みては」と教えてくれたので、走ってそのコンビニーへ行きました。
そして、うそのようで、コンビニー内にスニーカーが売っています。
早速、新しいスニーカーを買いました。(¥1260)

天橋立のコンビニーはスニーカーが売ってます。東京では、スニーカー
が売っているコンビニーは見たことかことがないので、唯々の感謝です。
天橋立智恩寺の神様は、困っている観光客を守っていると感じました。

スニーカーを買った後、教えてくれた「天橋立観光サンター・松吟」の
女店主さんにお礼を言った後、店で”天橋立サイクリング”の自転車を
レンタルしました。(一日¥400)

1
レンタル自転車で天橋立を横断。
d0029363_10233257.jpg


2 
天橋立をゆくみち。
d0029363_10225984.jpg


3
「天橋立は、京都府宮津市の宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる
全長3.6km砂州である。日本三景の一つ。」
d0029363_1025960.jpg


4 
砂州にある一本道。
d0029363_10234093.jpg


5 
スニーカーを買うため、結構時間がかかったので、
速いスピードでサイクリングしました。
d0029363_10234950.jpg


6 
「砂州の砂嘴の幅は20mから最長170mに達し公路となっている。」
d0029363_10273860.jpg


7
「宮津湾の西側沿岸流により砂礫が海流によって運ばれ、天橋立西側の
野田川の流れから成る阿蘇海の海流にぶつかることにより、海中にほぼ
真っ直ぐに砂礫が堆積して形成されたとされている。」
d0029363_10241272.jpg


8
d0029363_10235634.jpg


9 
「砂州一帯には約8,000本の松林が生え、東側には白い砂浜が広がる。」
d0029363_1024418.jpg


10
「風土記(丹後国風土記逸文)では、伊射奈芸命が天に通うために
梯子を作って立てたため「天の橋立」といったが、大神が寝ている間
に倒れて現在の姿になったとされる。」
d0029363_10242229.jpg


11  
3.6kmの松並木一本道、終点まであと0.5km。
d0029363_10243348.jpg


12 
松並木終点にきました。
傘松公園へ行く時間がないので、ここで折りかえします。
d0029363_1024428.jpg


13 
松並木終点の堤防。目前の海は阿蘇海です。
d0029363_10245088.jpg


14
d0029363_1025087.jpg


15 
(折り返し)松並木。
d0029363_1025193.jpg


16 
(折り返し)松並木。
d0029363_10252795.jpg


17 
ここで、ひと休み。
d0029363_10253970.jpg


18
d0029363_1026144.jpg


19 
穴空けた靴。
壊れた靴は東京に持って帰らないので、天橋立でさよならの記念写真。
この靴は柔らかくて、履きやすかった。台湾の嘉義(実家の町)で買ったもの。
3年間お疲れさまありがとう。
d0029363_1026105.jpg


20 
天橋立のコンビニーで買った白いスニーカー。(¥1260)
智恩寺の神様が困っている自分を助けて下さいましたので、
スニーカーを大事にします。
d0029363_10262153.jpg


21 
天橋立のやさしい風に吹かれているマイバッグ。
d0029363_10263041.jpg


22
d0029363_10263964.jpg


23
d0029363_10264964.jpg


24 
廻旋橋まで1.6km。
d0029363_10265987.jpg


25 
廻旋橋まで1.1km。
d0029363_1027987.jpg


26 
廻旋橋まで0.6km。
d0029363_10271919.jpg


27
d0029363_10272945.jpg


28
d0029363_10274841.jpg


29 
廻旋橋に着きました。

d0029363_10275834.jpg


30 
左側の赤色橋欄干は廻旋橋です。
正面の3階の建物は「おみやげ店・松吟」です。コンビニーを
教えてくれた店です。
自転車は店に返却した後、(お礼に)おみやげ2000円を買いました。
d0029363_1028787.jpg


31 
廻旋橋(写真はネットから)。
「天橋立の大橋立と小橋立を結び、橋の中央部分が90度回転する可動橋。
1923年に人力で動く橋が完成し、1957年から現在の電動式になった。」
d0029363_10281660.jpg



~つづく















---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-19 18:25 | 旅に出る

825/ (京都宮津)飛龍観回廊

~2014/06/17~19山陰の旅(11)~

2014/06/19(木・晴れ)

昼食後、天橋立の自由散策時間は2時間半です。15:50に
バス駐車場で集合なので、早速最初の観光地「天橋立ビューランド」
へ行きました。

参道通りから天橋立ビューランドまで、歩く約6分くらい。
文珠山山頂にある橋立ビューランドには、「股のぞき台、飛龍観展望台、
遊園地、レストランなど」があります。

1
d0029363_9212413.jpg


2
d0029363_23463771.jpg


3 
リフトで天橋立ビューランドへ上がりました。
d0029363_23464526.jpg


4
d0029363_11311347.jpg


5 
飛龍観展望台
「文珠山山頂の天橋立ビューランド内にある展望台。ここからは
真っ正面に真一文字にのびる天橋立を望むことができます。」
d0029363_1131569.jpg


6
「天橋立ビューランドから望む天橋立松並木は”飛龍観”と呼ばれ、
龍が天に昇る姿にたとえられています。」
d0029363_23471079.jpg


7
「股のぞき台」は”股のぞき”で眺めると、松がうろこ、
白砂が背びれで、龍が天に舞い上がる様に見える
ことがその名の由来。
残念ながら、今日「股のぞき台」前、行楽客がずっと
居たので、写真が撮れませんでした。

d0029363_8541113.jpg


8
d0029363_23472395.jpg


9
d0029363_23473636.jpg


10  
2012年にオープンした飛龍観回廊、さっそく上ってみました。
d0029363_23474858.jpg


11
飛龍観回廊は長さ約250m、高さは最大で約8.5m。360度の
パノラマ風景を楽しめます。上部の回廊部分は「龍」の体駆を
イメージしています。
d0029363_23475948.jpg


12
d0029363_2348964.jpg


13
d0029363_23481970.jpg


14 
緊張のせいでしょうか、歩くと少し揺れるを感じます。
d0029363_23483317.jpg


15 
高所恐怖症の自分、ゆっくり歩きながらほんとうに怖かった。
d0029363_23484445.jpg


16 
飛龍観回廊から見た天橋立。
d0029363_2348544.jpg


17 
龍が天に舞い上がる姿をイメージしながら、ドキドキの回廊歩きでした。
d0029363_2349353.jpg


18
d0029363_23491347.jpg


19
下りるリフト(片道6分くらい)、美しい天橋立パノラマの風景を堪能
しながら、心地良い空中散歩でした。
d0029363_23492368.jpg


20
d0029363_1127918.jpg



~つづく















------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-18 08:10 | 旅に出る