kotoe's notebook

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


814/ (長野)蓼科高原ウォーキング

2014/05/24(土・晴れ)

今日は長野県蓼科高原ハイキングツアーに参加し、ハイキングに
出かけました。スタート(蓼科湖)~ゴール(尖石縄文考古館)まで
の9kmコースでした。

行程:
さいたま新都心(7:00)=桶川(8:00)談合坂SA(休憩)=中央道
原PA(休憩)=蓼科湖(11:40スタート)=各自ハイキング9km(3時間)
=尖石縄文考古館(ゴール14:40集合)=信州野沢菜センター諏訪店
(買い物休憩)=狭山PA(休憩)=桶川(18:30)=大宮=新都心。

添乗員さんによると、今日の蓼科高原ハイキング、参加者は東京さいたま
横浜各地からのバス、延べ20数台もありました。ツアー会社の大きいな
イベントでした。久しぶりに大きなハイキングイベントに参加して、いい
天気に恵まれ、疲れたが楽しいハイキング、良い一日でした。

1 
蓼科湖。スタート地点、長野県茅野市北山にある湖です。
d0029363_17452921.jpg


2 
「蓼科湖周囲約1km、面積0.08km²の人造湖で、湖面標高は1250m。」
d0029363_17453970.jpg


3 
周囲をカラマツや白樺の林に囲まれ、湖面に蓼科山を映す蓼科湖。
d0029363_17454819.jpg


4 
蓼科湖。
d0029363_17455645.jpg


5 
蓼科湖。
d0029363_1746320.jpg


6 
いろんな花が咲く、心地よいハイキングルート。
d0029363_17461243.jpg


7
d0029363_17462446.jpg


8
d0029363_17463414.jpg


9
d0029363_17464487.jpg


10
d0029363_17465222.jpg


11 
トイレ休憩の一つ、「マハロカフェ」。
手作りお菓子や地元農産物を販売してます。
d0029363_1747585.jpg


12
d0029363_17471899.jpg


13
d0029363_17472679.jpg


14 
石遊(いしやす)の湯。
「軍事用の鉄鉱石を掘り出していた諏訪鉄山跡地から湧出した温泉です。」
d0029363_2114873.jpg


15 
蓼科山。
d0029363_212464.jpg


16 
美しい山藤の花。
d0029363_212203.jpg


17
d0029363_2123215.jpg


18 
渋川大橋。
d0029363_2124383.jpg


19 
千年豆腐(小林豆腐工房)。昔ながらの手作り豆腐。
d0029363_2125534.jpg


20 
笹原集落。
d0029363_213851.jpg


21 
笹原集落。
d0029363_213195.jpg


22 
笹原集落。
昔ながらの暮らしの風景が残り、自然環境にとけ込んだ美しい集落。
d0029363_2141099.jpg


23 
笹原集落。
d0029363_214201.jpg


24 
笹原集落。
d0029363_2133380.jpg


25 
笹原集落。
d0029363_2134446.jpg


26 
笹原集落。
d0029363_2135745.jpg


27 
山寺の白山神社。
d0029363_2144753.jpg


28 
三井の森。
「三井の森は、三井不動産グループの不動産事業会社。おもに蓼科、
軽井沢および南房総勝浦で別荘地開発やゴルフ場運営などを行なって
いる」。
d0029363_2145847.jpg


29 
三井の森。広い山林の敷地内、木造な別荘がたくさん建てられた。
d0029363_2151018.jpg


30 
三井の森・竜神池遊歩木道 。木道が整備されていて歩きやすいです。
d0029363_2152125.jpg


31 
三井の森・竜神池遊歩木道 。
森林浴を浴びながら、心地良いハイキングでした。
d0029363_2153389.jpg


32 
三井の森・竜神池。
d0029363_1202159.jpg


33 
静かな竜神池です。
聞こえたのは鳥のさえずりと、風が木々を揺らす音と自分の歩く音。
d0029363_216176.jpg


34 
竜神池。
d0029363_216387.jpg


35 
竜神池畔には、康耀堂美術館があります。
d0029363_2161470.jpg


36 
竜神池畔歩道。
d0029363_2162548.jpg


37
d0029363_217251.jpg


38  
13:37、ゴールしました。歩行時間は2時間弱でした。
尖石縄文考古館の駐車場。
d0029363_2171392.jpg


39 
集合時間まであと1時間があるので、尖石縄文考古館内を見学しました。
d0029363_2172837.jpg


40 
尖石縄文考古館内。展示物の撮影は禁止。
d0029363_2174215.jpg


41
館内を見学後、館内のカフェでひと休。バニラと抹茶のソフトクリーム(¥300)。
ハイキング後のアイスクリーム、格別美味しかった。
d0029363_2175365.jpg


42 
昼食に配られたお弁当。野沢菜とたけのこご飯。
d0029363_218377.jpg


43 
カフェのテラス席で、お弁当を頂きました。
食事後のアイスコーヒー(¥360)。幸せ時間にありがとう。

d0029363_2181693.jpg


44 
館外の芝生に、ツアー会社主催の豚汁のお振る舞い。
d0029363_2182756.jpg


45
d0029363_2184096.jpg


46 
森の中の豚汁、味は最高。
d0029363_2185017.jpg


47 
駐車場のバス行列。自分のバスは「ス15」。
d0029363_219256.jpg


48
帰り、休憩と買い物に「信州野沢菜センター諏訪店」に寄りました。
今日3つ目のアイスクリーム、野沢菜ソフトクリーム。(¥300)
d0029363_219178.jpg


49 
蓼科高原ウォーキングマップ。

d0029363_2192971.jpg


・蓼科高原ハイキングに出会えた花々

~end















---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-05-27 09:08 | ウォーキング

813/ (名古屋)フジヤマ55らーめん屋  

~2014/05/01~2名古屋伊勢鳥羽の旅(7)~ (おわり)

2014/05/02(金・晴れ)

午後17:03の新幹線で東京に帰るので、”藤の回廊”を散策後、
時間はあまりないので、タクシーで「フジヤマ55つけ麺ラーメン」
という店へ行って、昼食をしました。
この店も娘の地元友人の紹介で、娘はどうしても食べたいので、
タクシーで行きました。
店の場所は、”大須万松寺通り”の近く、名古屋城から結構距離が
あります。タクシー代は¥1800でした。(痛い)

タクシーは市内の繁華街を通る時、車窓から見た巨大な観覧車。
ちょっとびっくりしました。見るだけで、ちょっと怖い。
その後の調べで、観覧車の名は「スカイボート」。名古屋市内栄に
あるビルに張り付いた観覧車。ビルは6階建てで、「スカイボート」
は最高52メートルの高さになる。名古屋城の天守閣が48メートル
だからそれよりも高い。

1 
スカイボート。(車窓から)

d0029363_215452.jpg


2 
”大須万松寺通り”前で、タクシーから降りて、ここから歩行する。

d0029363_215155.jpg


3 
娘はi-phoneで店へのルートを検索し、5分くらい歩いた後、店に着きました。
建物は古い民家から改装されたように見えます。
黒白の看板、地味ならーめん屋のイメージでした。
d0029363_2152975.jpg


4 
食券の自動販売機。
私は魚介豚骨のつけ麺食券を買いました(¥820)。娘も私と同じでした。

d0029363_2153827.jpg


5 
店内はとっても狭い、全部カウンタ席。(14席)
入った時、店内の客は全員男性で、満席でした。
娘と男性客の間に座り、テーブルに「つけ麺の楽しみ方」案内紙。

d0029363_2154592.jpg


6 
もう一枚は「こちら まぜそば」。

d0029363_2155428.jpg


7 
魚介豚骨のつけ麺がきました。
d0029363_216318.jpg


8
魚介豚骨のつけ汁、味が濃厚、つけ汁の上に魚粉が小山になっている。
私にはちょっと慣れない味です。
d0029363_21614100.jpg


9
太麺で腰がしっかりしていますが、オバサンの私は噛みにくかった。
麺はほとんど噛まずに呑みこんだ。

まずいではないが、とっても美味しいでもないです。
このつけ麺を食べるために、¥1800のタクシー代も払ったこと、
バカバカしいと思いました。
d0029363_2162292.jpg


10 
その後、地下鉄に乗って、名古屋駅へ。
駅の売店で、おみやげを買った後、新幹線ホームへ。
d0029363_2163232.jpg


11 
のぞみ240、17:03の新幹線。新横浜までノーストップ。
d0029363_2164159.jpg


12 
のぞみ240号がホームに入りました。
d0029363_2165112.jpg


13 
名古屋駅で買ったコーチンわっぱめしの駅弁(¥880)。
家で食べました。
d0029363_217272.jpg


14 
名古屋駅で買ったおみやげ。(5点¥1680)
d0029363_217143.jpg


~おわり

感想:
母娘二人の旅行、今回で2回目。旅途中小さい喧嘩もあったが、
楽しかったです。娘は今年や来年に結婚するかもしれない、そのため
娘との思い出作りで、これからも時間があれば、母娘で旅したいと思います。


















---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-05-10 22:17 | 旅に出る

812/ 名古屋城外の「藤の回郎」

~2014/05/01~2名古屋伊勢鳥羽の旅(6)~

2014/05/02(金・晴れ)

名古屋城を散策後、東門の出口から出ました。
出口の脇に「藤の回郎」という歩行道。
燦々と咲き誇る藤に惹かれて、娘と藤の回郎を散策しました。

1
d0029363_1937633.jpg


2 
場所は名古屋城東口を出て、左折にすぐ、 約660メートルのまっすぐな藤の回廊。
d0029363_19371539.jpg


3 
白藤は初めて見ました。とってもきれい。
d0029363_19372266.jpg


4 
白藤に見惚れてしまいました。
d0029363_19374611.jpg


5 
思いもよらず美しい藤の散策、娘と二人興奮しました。
d0029363_19373871.jpg


6 
藤の写真をいっぱい撮りました。
d0029363_19375315.jpg


7
d0029363_1938296.jpg


8
d0029363_19381113.jpg


9
d0029363_19382132.jpg


10 
かわいい小学生の行列。
d0029363_128489.jpg


11 
手をつないでいる姿、とっても微笑ましく可愛かった。

d0029363_19384222.jpg


~つづく















-----------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-05-09 20:20 | 旅に出る

811/ 名古屋城

~2014/05/01~2名古屋伊勢鳥羽の旅(5)~

2014/05/02(金・晴れ)

”本丸御殿”のつづき、天守閣も入って見学しました。
天守閣全体の建物を撮りたいですが、眺め良いポイントがなか
なか見つからないので、東門の庭園広場から撮りました。

「名古屋城は、織田信長誕生の城とされる今川氏・織田氏の
那古野城の跡周辺に、徳川家康が九男義直のために天下普請
によって築城したとされる。以降は徳川御三家の一つでもある
尾張徳川家17代の居城として明治まで利用された。」

1 
大天守閣。(東門の庭園広場から)
d0029363_11425342.jpg


2
「”名古屋城”は姫路城、熊本城とともに日本三名城に数えられ、
伊勢音頭にも『伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張名古屋は城でもつ』
と詠われている。大天守に上げられた金の鯱(金鯱)は、城だけでなく
名古屋の街の象徴にもなっている。」

小天守閣。(東門の庭園広場から)
d0029363_1143121.jpg


3
「大小天守と櫓、門、御殿などの一部は昭和戦前期まで残存していたが
名古屋大空襲(1945年)によって大部分を焼失した。戦後に天守などが
外観復元され、現在城跡は名城公園として整備されている。」

大小天守閣。(東門の庭園広場から)
d0029363_1143825.jpg


4
大天守閣の中に入って見ました。入口に大きな「金鯱」。

金鯱:
「名古屋城の金鯱は雄(北側)と雌(南側)に分かれており、大きさ
や形が異なっています。」
鯱は古くから中国に伝わる伝説の海獣「シビ」から転化したといわれて
います。その「シビ」はインドの「マカラ」という神格化された想像上の
動物が起源だという説もあります。
昔、日本や中国では火災が起きると消化する方法が一切ありません
でした。そのため、すべてを焼き尽くす火災は人々から大変恐れられて
いました。そこで、剣鉾のような鋭いひれを持ち、虎のように凶暴で鯨まで
切り裂いて食べてしまい、さらに泳げば大波を立てて雨を降らせると信じ
られていた『鯱』は高層建築の天守閣にうってつけの飾りでした。」
d0029363_11432294.jpg


5 
天守閣の構造:
「”大天守”は層塔型で5層5階、地下1階、その高さは55.6メートルと、
18階建ての高層建築に相当する。屋根には、より軽量で耐久性の
ある銅瓦が2層目以上のすべてに葺かれている。
”小天守”は2層2階、地下1階で、大天守への関門の役割があった。」
d0029363_11432922.jpg


6
d0029363_11433555.jpg


7 
城下の様子 享元絵巻。
d0029363_11434392.jpg


三英傑の画:徳川家康・豊臣秀吉・織田信長。
「三英傑は、愛知県出身で名古屋にゆかりがあり、戦国時代に
おいて天下を統一へ導いた3人の戦国大名について、主に愛知県
や名古屋市で顕彰する呼称。」

8 
徳川家康。(1542~1616)

d0029363_114411.jpg


9 
豊臣秀吉。(1537~1598)

d0029363_11441378.jpg


10 
織田信長。(1534~1582)

d0029363_11442532.jpg


11
d0029363_1144403.jpg


12
d0029363_11445319.jpg


13 
真剣にレポートを書いている小学生。
d0029363_11451140.jpg


14 
d0029363_11452297.jpg


15  
7階は展望フロアと売店。
d0029363_1145311.jpg


16 
下りる時、階段を見下ろしました。7階はかなりの高さがあります。
d0029363_11454374.jpg


17 
天気が暑くて、いちごカキ氷を食べました。(¥380)

d0029363_11455276.jpg


18 
近くにいる犬コーギー、とてもかわいい。

d0029363_1146730.jpg


19 
今日は小学生たちの見学がすごく多い。
d0029363_11461675.jpg


20 
整然とした制服姿は、とっても可愛いかったです。
d0029363_11462645.jpg


21
d0029363_1146389.jpg


22 
東門近くの「清正公石曳きの像」:
「慶長15年(1610年)加藤清正が徳川家康に願い出て、天守閣の
石垣工事を竣工しました。工事がスタートしたのは、その年6月。
暑いときに採石・運搬・寸法調整を機械なしでおこなう大変な工事
ですが、なんと3カ月足らずで完成させてしまったのです。
汗をかいた加藤清正は、巨石を修羅に乗せて運ぶとき、石の上に乗り、
気勢を上げたと伝えられ、世に「清正の石曳き」といわれています。
清正の偉業をたたえて『清正公石曳きの像』が二の丸に建立されて
います。」
d0029363_1143159.jpg


23 
清正の石曳。
d0029363_12474791.jpg


24 
天守城7階の売店で買ったおみやげ。
(城のしおり¥200+四つ葉ストラップ¥350+織田信長ストラップ¥380。)
d0029363_11464745.jpg


25 
織田信長ストラップ。

d0029363_11465865.jpg


~つづく















----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-05-08 20:57 | 旅に出る

810/ 名古屋城「本丸御殿」

~2014/05/01~2名古屋伊勢鳥羽の旅(4)~

2014/05/02(金・晴れ)

朝起きて、窓から名古屋城が見えました。
朝食後(8:30)、部屋に戻って、大きなベッドの寝心地があまりにも
良かったので、娘と2度寝しました(8:30~10:30)。

昨日は慌ただしい観光でしたが、今日はのんびりに市内観光と
思います。午前は部屋のベッドで気持ち良い寝旅をしました。
正午前、ホテルをチェックアウト後、名古屋城へ行きました。

1 
朝、部屋の窓から。
d0029363_1121836.jpg


2 
部屋はスタンダードダブル(ホテルのhp写真と同じ部屋)。
寝心地の良いベッドなので、朝食後娘と2度寝しました。
d0029363_1391134.jpg


3  
12:30名古屋城に来ました。入場券大人¥500。
d0029363_1122890.jpg


4
「名古屋城は、名古屋市中区・北区にあった城である。
『名城』、『金鯱城』、『金城』の別名を持つ。」

d0029363_112453.jpg


5 
「名古屋城は日本100名城に選定されており、
国の特別史跡に指定されている。」

d0029363_1123881.jpg


6 
復元された「本丸御殿」。
d0029363_1125497.jpg


7 
本丸御殿復元工事を見学しました。

d0029363_2183414.jpg


8 
本丸御殿とは:
「かつて名古屋城の本丸には、天守閣の南側に本丸御殿がありました。
この本丸御殿は、近世城郭御殿の最高傑作と言われ国宝に指定されて
いた建物で、現在、国宝になっている京都二条城の二の丸御殿と並ぶ
武家風書院造の双璧と言われていました。」
d0029363_113981.jpg


9
「勇壮な天守閣と優美な御殿が並び建つことで、名古屋城は城郭建築
としての風格を形成しており、1930年(昭和5年)に国宝に指定されましたが、
1945年(昭和20年)5月、空襲により天守閣、本丸御殿ともに焼失して
しまいました。」
d0029363_113183.jpg


10
「戦後の復興にともない、1959年(昭和34年)に天守閣は再建されました。
本丸御殿についても、江戸時代の文献のほか、多くの写真、実測図が
残されており、在りし日の姿を忠実に蘇らせることが可能です。」
d0029363_113282.jpg


11 
本丸御殿の重要文化財について:
「狩野派の絵師により描かれた障壁画。1,047面が重要文化財に指定。」
d0029363_1133639.jpg


12
「名古屋城本丸御殿は、狩野貞信や狩野探幽など日本画史上最大の
画派『狩野派』の絵師たちにより、部屋ごとに異なる題材で床の間絵、
襖絵などが描かれ、絢爛豪華に彩られていました。」
d0029363_1134726.jpg


13
「戦災により本丸御殿は失われましたが、取り外すことができた襖絵や
天井板絵などは焼失を免れ、今も大切に保管されています。
そのうちの1,047面が国の重要文化財の指定を受けています。」
d0029363_1135697.jpg


14
「狩野派芸術をよみがえらせるため、当時と同じ素材や技法を使い、
ミクロ単位の作業を行う。狩野派の絵師たちが、全精力を注いで描いた
障壁画。その美と色彩感覚を現代によみがえらせるため、平成4年より、
本格的な復元模写が進められています。」
d0029363_11442.jpg


15
「忠実に復元するためには、当時の絵師が使っていた素材や技法を用い
なければならず、そのため顕微鏡やコンピュータ、史料などで研究・分析。
ミクロ単位の観察をもとに緻密な作業が行われ、江戸時代の絵師たちの
感性とダイナミズムの再生に挑み続けています。」
d0029363_1141745.jpg


16 
本丸御殿。
d0029363_1142689.jpg


・名古屋城本丸御殿

見学感想:
本丸御殿と障壁画の復元工事はたいへん素晴らしい。
粛々とした本丸御殿内の雰囲気と美しく上品な障壁画、見るうちに、
気持ちを引き締めた。素人の私ですが、本丸御殿の解説を読んでも
理解できないことが多い。でも、復元された本丸御殿と障壁画を見て、
その復元工事の壮大さと難しさをよく分かりました。
素晴らしい日本国の重要文化財に感動しました。

本丸御殿内部の写真撮影を許可することを感謝いたします。

~つづく















-----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-05-07 22:00 | 旅に出る

809/ (名古屋)みそかつ矢場とん

~2014/05/01~2名古屋伊勢鳥羽の旅(3)~

2014/05/01(木・晴れ)

真珠島を見学後、鳥羽駅に戻って、18:02の特急名古屋伊勢線で
名古屋駅(19:43)に戻りました。
鳥羽の滞在は「鳥羽湾めぐりとイルカ島+ミキモト真珠島」の3時間
でした。

ホテルにチェックインして、部屋で少し休んでから、名古屋駅地下街へ
遅くなった夕食をとりました。
せっかく名古屋に来たから、娘はどうしても名古屋名物の店で食事
したいので、地元友人の紹介で、駅内の「味噌かつ・矢場とん」店で
夕食をしました。

1 
名古屋地下街通路の「みそかつ・矢場とん」の広告。
d0029363_13594112.jpg


2 
「みそかつ・矢場とん」・名古屋駅エスカ店。
「横綱ぶた」は矢場とんのマスコットキャラクター。

d0029363_1401070.jpg


3 
夜20:30という時間、店内はまだ客でいっぱい。
d0029363_1402170.jpg


4 
昭和22年(1947年)に創業。67年の老舗。

d0029363_1403931.jpg


5
d0029363_1405948.jpg


6
娘は「わらじトンカツ単品」を注文しました。(¥1296)
トンカツ2枚とキャベツがてんこ盛りになっています。味はミソ味、ソース味、
ミソ&ソースの3種類が選べます。
d0029363_141673.jpg


7 
娘のビール。私は酒が飲めません。

d0029363_1411749.jpg


8 
私はみそかつ定食。(¥1296)
d0029363_1412798.jpg


9
d0029363_1413730.jpg


10 
みそかつの量が多いなので、お腹がいっぱいになりました。¥3240。

d0029363_1415185.jpg


11  
お休み前、部屋の窓から撮った名古屋街の夜景。(部屋は41階)
d0029363_142065.jpg


12 
夜の闇に、宝石を散りばめたような夜景。とてもきれい。

d0029363_1421218.jpg


13 
部屋のカードキー・4120室。
d0029363_1422280.jpg


~つづく

 











-------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-05-06 20:46 | 旅に出る

808/ (三重鳥羽)ミキモト真珠島

~2014/05/01~2名古屋伊勢鳥羽の旅(2)~

2014/05/01(木・晴れ)

1 
真珠島遊覧船乗り場の側にミキモト真珠島の建物。
d0029363_10151137.jpg


2 
目玉は「海女実演」です。
d0029363_10152061.jpg


3 
橋を渡って、真珠島内を散策しました。
島内の広い敷地に、創業者”御木本幸吉”の銅像。
d0029363_10152853.jpg


4 
”真珠の島”石碑。
d0029363_101535100.jpg


5 
島内から美しい鳥羽湾を眺める。
d0029363_10155095.jpg


6 
「真珠博物館」前に、案内役の海女姿スタッフ。
d0029363_1216796.jpg


7 
「真珠博物館」内の展示。
d0029363_1016986.jpg


8 
「真珠博物館」内の展示。
d0029363_10162226.jpg


9 
ミキモトパールクラウン。
d0029363_10163286.jpg


10 
ミキモトパールクラウン。
d0029363_10451412.jpg


11 
御本木五重塔。
d0029363_10164361.jpg


12 
御本木五重塔。

d0029363_10452819.jpg


13 
自由の鐘。

d0029363_10165323.jpg


14 
自由の鐘。

d0029363_10454192.jpg


15 
そろそろ海女の実演時間、外に出ました。
d0029363_1017283.jpg


16 
海女実演を見学する「海女スタンド」。
d0029363_10171565.jpg


17  
17:20、今日の最終「海女実演」。
白い磯着の二人若い海女さん、入社3年目の海女さんです。(放送により)
d0029363_10173086.jpg


18 
一人はすばやく海に飛び込んだ。
d0029363_10174023.jpg


19 
海女さんが飛び込むの姿勢はとてもきれい、息を止めて海に潜る。
d0029363_10175297.jpg


20 
今日の海水温度は15度でした。
d0029363_1018317.jpg


21
海女さんが海に潜る際、「ピューっ」という音が響きました。
「”ピューっ”という音は海女の呼吸を整える”磯笛”です。海女さんは海中
から一気に上って来て、まず息を吐くときに吹き、その後波間に漂いながら
息を整えている間中、吹いています。」
d0029363_10181428.jpg


22
海女さんがアワビを獲った瞬間、スタンド台の観客が一斉に拍手!
今日の海面は浮遊物が目立ちます、少し残念。
海女さんが気持ちよく作業するため、海を綺麗にしてほしいです。
d0029363_12163195.jpg


23 
よく見ると、いそ船内にストーブがあります、
海女さんが漁の後、暖を取るためです。

d0029363_11282627.jpg


24 
海女実演の見学、初めて見たので、とても良かった。良い勉強でした。
海女実演を見学後、島内の売店で買ったおみやげ
真珠センベイと真珠咖啡。(¥870+¥540)
d0029363_10184047.jpg


25 
お気に入りの「真珠センベイ」。
センベイの中に、かわいい真珠形の白い飴粒。
d0029363_15324587.jpg


26
d0029363_15325894.jpg


~つづく















-----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-05-05 21:44 | 旅に出る

807/ (三重鳥羽)鳥羽湾イルカ島めぐり

~2014/05/01~2名古屋伊勢鳥羽の旅(1)~

2014/05/01(木・晴れ)

今年のゴルテンウィーク、家では娘と二人だけです。
娘の職場ゴルテンウィークは4月27日~5月6日の10連休、
5月1~2日、母娘二人で名古屋伊勢鳥羽へ一泊2日旅にしました。

午前東京駅で10:00の新幹線で名古屋へ。11:40名古屋駅に
到着した。ホテルは名古屋駅ビル(JRセントラルタワーズ)内の
「名古屋マリオットアソシアホテル」。交通のアクセスがたいへん便利。

1 
名古屋マリオットアソシアホテル。

d0029363_20261465.jpg


2 
名古屋マリオットアソシアホテル。駅ビルの15階にあります。
d0029363_20594661.jpg


3 
名古屋マリオットアソシアホテルの空中ロビー。
ホテルのcheck inは15:00~、荷物をフロントに預けた後、
近鉄名古屋駅へ。
d0029363_20595453.jpg


4  
13:10の近鉄名古屋伊勢線に乗り、鳥羽へ。
d0029363_20262380.jpg


5 
黄色い先頭車体は、「ドクターイエロー新幹線」に似てます。
d0029363_20263149.jpg


6  
14:45に鳥羽駅に到着しました。
鳥羽は1979年留学生時に来た以来、35年ぶりです。たまらなく懐かしい。
d0029363_2026399.jpg


7
15:15の遊覧船に乗り、鳥羽湾めぐりとイルカ島を散策。
鳥羽湾めぐり遊覧船「龍宮号」。
d0029363_20305697.jpg


8
「龍宮号」遊覧船のカラフルな外観と船上デッキの龍宮モニュメントだらけ。
美しい鳥羽湾景観と合わないと感じます。
d0029363_0223696.jpg


9 
美しい鳥羽湾。
d0029363_8495325.jpg


10 
船内はなぜかカラフルな中華レストランような内装。
d0029363_023291.jpg


11
娘と二人はお祭りような遊覧船にがっかりしました。
船内の居心地は良くなかったので、デッキに出て、美しい鳥羽湾を眺めました。
d0029363_22154468.jpg


12
途中、イルカ島によりました。
d0029363_20314100.jpg


13 
イルカ島に上陸し、イルカショーを観賞しました。
d0029363_20312352.jpg


14 
イルカショー。
d0029363_20313258.jpg


15 
イルカショー。
d0029363_20314488.jpg


16
イルカ島で約30分の滞在後、16:15に再び遊覧船に乗りました。
今度の遊覧船は「フラワーマーメイド号」でした。
d0029363_22491880.jpg


17
船内はなぜか白いグランドピアノと女性歌手のモニュメントが置いてあります。
クラブとバーのような内装、これも美しい鳥羽湾景観と合わないと感じます。
d0029363_22493335.jpg


18 
美しい鳥羽湾。
d0029363_22155571.jpg


19
16:40に遊覧船は真珠島乗り場に到着しました。
その後、天橋を渡って、真珠島内を散策しました。
d0029363_2031578.jpg


~つづく















-------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-05-04 22:33 | 旅に出る