kotoe's notebook

<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


806/ (群馬)アプトの道

~碓氷峠アプトの道ウォーキング(6)~ (おわり)

2014/04/17(木・晴れ)

第十号から第一号までのトンネルを全部くぐりました後、次は
レール残るままの信越本線の廃線跡遊歩道を歩きます。
JR信越本線の横川駅までつづく廃線レール遊歩道、綺麗に
整備された。

1
d0029363_2421939.jpg


2
d0029363_2423151.jpg


3 
旧丸山変電所。
旧丸山変電所跡は、2つのレンガ造りの建物で構成されている。
ハイキングコースの名所として完全修復された。
d0029363_2423945.jpg


4 
旧丸山変電所とまるやま駅跡。
d0029363_2424735.jpg


5 
旧丸山変電所について ~歴史~。 
建物の前には、「旧丸山変電所についての歴史と建物」の解説が
それぞれ掲示されている。
d0029363_2425527.jpg


6 
旧丸山変電所について ~歴史~。
d0029363_243318.jpg


7 
旧丸山変電所について ~建物~
d0029363_2431398.jpg


8 
旧丸山変電所について ~建物~
d0029363_2432136.jpg


9 
上の橋は「上信越自動車道碓氷橋」、美しい「斜張橋」です。
d0029363_2433297.jpg


10 
さくら吹雪を浴びながらのウォークでした。
d0029363_2434167.jpg


11
d0029363_2435360.jpg


12 
碓氷峠鉄道文化むら。
「JR信越本線横川駅に隣接した体験型鉄道テーマパークである。
1999年に開園。碓氷峠の歴史や資料、碓氷峠で活躍した鉄道車両、
国鉄時代の貴重な車両などを展示・公開している。また、信越本線の
廃線跡を利用してEF63形電気機関車の体験運転が行われたり、
トロッコ列車が運行されている。」
d0029363_244260.jpg


13 
JR信越本線横川駅。
高崎~(通常運行)~横川駅~(廃線=アプトの道)~軽井沢駅。
d0029363_2441418.jpg


14 
アプトの道・起点。(横川駅)
d0029363_2442392.jpg


15 
ハイキング終点の集合場所・おぎのや。
d0029363_2443152.jpg


16 
早めに到着したので、中でひと休み。
コーヒーミックスソフトクリーム、コーヒーの香りが濃厚、美味しかった。(¥330)
d0029363_2444246.jpg


・アプトの道で出会えた花

~おわり。

感想:

今日の「アプトの道」ハイキング、今までのハイキングとは違い、
美しい山風景と旧国鉄歴史の中を歩く、とても貴重な体験でした。

今まで知らなかった日本一の難所・碓氷峠と国鉄歴史について、
今日の歩くことで、その歴史に触れて、感觸が深いハイキングでした。
とても良かったと思います。
また機会があれば、もう一度”アプトの道”を歩きたいです。
















---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-25 21:20 | ウォーキング

805/ (群馬アプトの道) 第2第1 トンネル

~碓氷峠アプトの道ウォーキング(5)~

2014/04/17(木・晴れ)

碓氷湖を散策後、いよいよ最後の2つのトンネルをくぐりました。

1 
第二トンネル。(113m)
d0029363_13235190.jpg


2 
第一トンネル。(187m)
d0029363_1324189.jpg


3 
第一トンネル。

d0029363_13241013.jpg


4 
第一トンネル。(187m)

d0029363_13241824.jpg


~つづく。

















-----------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-24 20:36 | ウォーキング

804/ (群馬)碓氷湖一周ウォーク

~碓氷峠アプトの道ウォーキング(4)~

2014/04/17(木・晴れ)

第三号トンネルと第二号トンネルの間に、美しい碓氷湖があります。
「碓氷湖は、群馬県安中市にある湖。利根川水系碓氷川に建設
された坂本ダムによって形成される人造湖(ダム湖)である。」

1
d0029363_21545499.jpg


2
「碓氷湖は信越線の右側を流れる中尾川と碓氷川の合流点を
堰き止めて造った人工湖です。」 湖の中の橋は「夢のせ橋」です。
d0029363_21551059.jpg


3 
湖の中の橋は「夢のせ橋」です。
d0029363_1231449.jpg


4
「四方を国有林の大木に覆われ、特に秋の湖面にうつる紅葉は
すばらしいものである。」 湖の中の橋は「ほほえみ橋」です。
d0029363_2155289.jpg


5
d0029363_21552654.jpg


6
「湖畔には約1.2キロメートルの散策道があり、約20分で一周できます。」
湖一周約20分ということで、湖一周をまわりました。
d0029363_2155349.jpg


7
d0029363_21555092.jpg


8 
湖一周遊歩道。
d0029363_2156341.jpg


9 
湖一周遊歩道。
d0029363_21561234.jpg


10 
ほほえみ橋。
d0029363_21562276.jpg


11 
ほほえみ橋。
d0029363_21563362.jpg


12
「ほほえみ橋」の次は「夢のせ橋」です。その間を「ふれあいトンネル」
が結ぶ。今日は工事のため、”ほほえみ橋”以降は通行止めになるので、
これ以上進むことが出来ませんでした。
d0029363_21565251.jpg


13 
ほほえみ橋を渡る後、折り返しました。
d0029363_2157568.jpg


14
d0029363_21571446.jpg


15
d0029363_21572341.jpg


16
d0029363_2157351.jpg


17
「碓氷湖を形成する坂本ダムは、1958年(昭和33年)に建設省
(現・国土交通省)による砂防事業の一環として建設された、
高さ28.5メートル、堤頂長74メートルの砂防ダムであった。」
d0029363_21574595.jpg


~つづく















------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-23 23:13 | ウォーキング

803/ (群馬アプトの道) 第6号5号4号3号トンネル

~碓氷峠アプトの道ウォーキング(3)~

2014/04/17(木・晴れ)

1 
第六号トンネル。(546m)
d0029363_1850148.jpg


2 
第六号トンネル。(546m)
d0029363_1850991.jpg


3 
第五号トンネル。(244m)
第六号トンネルと第五号トンネルの間は”めがね橋”です。
d0029363_18501714.jpg


4 
めがね橋上の休憩場で、昼食のお弁当をいただきました。

d0029363_18502454.jpg


5 
第五号トンネル。(244m)
d0029363_18503087.jpg


6 
第五号トンネル。(244m)
d0029363_18364565.jpg


7 
第五号トンネル。(244m)
d0029363_18504015.jpg


8 
第四号トンネル。(100m)
d0029363_18504860.jpg


9 
第三号トンネル。(78m)
d0029363_18505591.jpg


10 
第三号トンネル。(78m)
d0029363_1851443.jpg


~つづく















----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-22 20:58 | ウォーキング

802/ (群馬アプトの道) めがね橋

~碓氷峠アプトの道ウォーキング(2)~

2014/04/17(木・晴れ)

「”碓氷第三橋梁”は、群馬県安中市松井田町にある鉄道橋。
通称”めがね橋”として親しまれている。」
”めがね橋は、第六号トンネルと第五号トンネルの間にあります。

1 
めがね橋。(91m)
d0029363_18382873.jpg


2 
「煉瓦アーチ橋で径間数4、長さ91m、高さ31mでわが国最大の
煉瓦づくりアーチ橋です。」
d0029363_18383516.jpg


3 
「明治25年に完成し、アプト式鉄道を支えてきましたが、
昭和38年新線開通に伴い廃線となりました。」
d0029363_18384399.jpg


4
「平成5年に国の重要文化財に指定され、平成13年廃線敷を利用した
遊歩道”アプトの道”として整備され、現在は橋上を歩くことができます。」
d0029363_18385086.jpg


5 
めがね橋。(91m)
d0029363_18385813.jpg


6 
めがね橋。(91m)

d0029363_1839611.jpg


~つづく















-----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-21 22:47 | ウォーキング

801/ (群馬アプトの道) 第10号9号8号7号トンネル

~碓氷峠アプトの道ウォーキング(1)~

2014/04/17(木・晴れ)

”妙義山さくらの里”をウォーキングした後、”おぎのや”で少し
休憩をとった後、バスは”熊ノ平”に来ました。ここから、今日の
本番ハイキングルートです。

1
d0029363_189299.jpg


2 
アプトの道:
「アプト式鉄道時代の廃線敷を利用して、横川駅~熊ノ平駅の間の
約6kmを遊歩道として整備されました。」
d0029363_1892445.jpg


3
「アプト式とは『ラック式』鉄道の方式の一つである。カール・ローマン・アプトが
1882年に特許を取得した方式で、”アプト式”の名称は開発者の名前に因む。
”Abt”はドイツ語発声に近い片仮名でアブトとも表記される。」

「『ラック式鉄道』(歯軌条鉄道)とは2本のレールの中央に歯型のレール
(歯軌条、ラックレール)を敷設し、車両の床下に設置された歯車と
かみ合わせることで急勾配を登り下りするための推進力と制動力の
補助とする鉄道のことである。」

d0029363_1893366.jpg


4 
旧熊の平駅。
「”アプトの道”は国の重要文化財である”旧丸山変電所”をはじめ
3つの橋梁と10の隧道があり、”めがね橋”を代表する鉄道煉瓦構造
物群などの碓氷峠鉄道遺産にふれることができます。」
d0029363_1894126.jpg


5 
旧熊の平駅。
「熊ノ平駅は、かつて群馬県碓氷郡松井田町(現・安中市)にあった、
日本国有鉄道(国鉄)信越本線の駅である。」
d0029363_1894888.jpg


6 
第十号トンネル。(103m)
d0029363_1895832.jpg


7 
熊ノ平殉難碑(碑文):
「昭和25年6月9朝、この静かな碓氷の山峡に山崩れが起きて、作業中
の職員と家族を一瞬にして埋め去りました。鐵道の安全を守って犠牲と
なられた五十のみたまに、ゆき交う人々と共に哀悼を捧げたいと思います。
 日本国有鐵道總裁 加賀山之雄」
d0029363_1810664.jpg


8 
熊ノ平殉難碑。
d0029363_18101531.jpg


9 
第十号トンネル。(103m)
d0029363_18102898.jpg


10 
第十号トンネル。(103m)
d0029363_18103765.jpg


11 
第九号トンネル。(120m)
d0029363_181046100.jpg


12 
第九号トンネル。(120m)
d0029363_18105877.jpg


13 
第八号トンネル。(92m)
d0029363_1811698.jpg


14 
第八号トンネル。(92m)
d0029363_18111786.jpg


15 
第七号トンネル。(左上・75m)
d0029363_18112914.jpg


~つづく













------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-20 22:31 | ウォーキング

800/ (群馬)妙義山さくらの里ウォーク

2014/04/17(木・晴れ)

今日は群馬県の「妙義山さくらの里と碓氷峠アプトの道」ハイキング
ツアーに参加しました。良い天気に恵まれて、両方で約10kmも歩き
ました。久しぶりのハイキングなので、美しい山さくら山野草と新緑に
触れて、心も体もリフレッシュしました。

一日の行程:
さいたま新都心=川越=甘楽PA(休憩)=妙義山さくらの里
ハイキング(60分)=おぎのや(休憩)=バプトの道ハイキング
(3時間)=嵐山PA(休憩)=川越=大宮。

1
d0029363_23554370.jpg


2
d0029363_23553397.jpg


3
d0029363_2352137.jpg


4
d0029363_23523447.jpg


5
d0029363_23524898.jpg


6
d0029363_2353659.jpg


7
d0029363_23531828.jpg


8
d0029363_23534235.jpg


9
d0029363_23535593.jpg


10
d0029363_2354698.jpg


11
d0029363_23544514.jpg


12
d0029363_23545444.jpg


13
d0029363_2355326.jpg


14
d0029363_23551339.jpg


15
d0029363_23552368.jpg


16
d0029363_0201362.jpg


17
d0029363_0202679.jpg


~つづく













------------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-19 22:19 | ウォーキング

799/ (北海道)女満別空港 

~2014/02/25~27オホーツク海流氷の旅(26)~ (おわり)

2014/02/27(木・晴れ)

網走・砕氷船おーろら号に乗った後、時間は16:40でした。
帰りは18:25の便なので、バスは休憩なしで女満別空港へ
走りだした。

1 
網走から女満別空港までの車窓風景。とてもきれい。
d0029363_20142728.jpg


2 
車窓風景。果て無し雪原、なにもないのに、なぜこんなに美しい。
d0029363_2014387.jpg


3 
車窓に2頭の動物が見えました。
ガイドさんが「動物はエゾオオカミです」と言ってました。ちょっとビビった。
d0029363_20144756.jpg


4 
車窓風景。
d0029363_20145525.jpg


5 
女満別空港駐車場。
d0029363_2015489.jpg


6  
17:25バスは女満別空港に到着しました。
d0029363_20153877.jpg


7  
17:25、気温は0.7℃でした。
d0029363_2015477.jpg


8
d0029363_20155687.jpg


9
d0029363_2016939.jpg


10 
一階のロビーで、添乗員さんはみんなさんとお別れの挨拶をした後、
解散になります。3日間お世話になりました、ありがとうございました。
d0029363_12254325.jpg


11 
フロントで荷物を預けた後、2階の出発ロビーへ。
d0029363_2017055.jpg


12  
2階の出発手荷物検査。
d0029363_2017963.jpg


13  
18:25発、ADO 80便東京行き。行きはANA、帰りはADOでした。
d0029363_20171889.jpg


14 
映画ポスター「抱きしめたい」
「『抱きしめたい・真実の物語』は2014年2月1日に公開された映画。
北海道網走市を舞台に、交通事故により左半身の麻痺と記憶障害の
後遺症を抱えて、車椅子での生活を送る女性と平凡なタクシードライバー
との、実話に基づく純愛物語。」
d0029363_2017279.jpg


15 
女満別空港ビル応援キャラクター・結月ゆかり。
(おばさんの私、キャラクター・結月ゆかりは誰、全然分かりません。)
d0029363_20173677.jpg


16  
2階の売店。
d0029363_2017465.jpg


17 
まりもっこり栄養ドリンク。¥315
d0029363_20175892.jpg


18 
網走監獄・出所まんじゅう。
d0029363_20184357.jpg


19 
脱獄犯・豆せんべい。

d0029363_20185234.jpg


20 
豚丼。
北海道道東地方(主に十勝地方)の郷土料理だそうです。
d0029363_2019189.jpg


21 
売店を一回り見てから、手荷物を検査後、搭乗ゲートにきました。
d0029363_2019986.jpg


22 
売店で買った夕食の大きいおむすび、2個。(¥195x2)
d0029363_20192173.jpg


23 
機内で頂きました。美味しかった。
d0029363_2019332.jpg


~おわり

感想

去年の流氷の旅は、強烈暴風雪に遭遇し、全行程が駄目になったが、
今回は良い天気に恵まれて、どこの流氷もとても綺麗、最高の流氷の旅でした。
あきらめなく、もう一回流氷ツアーに参加して、良かったと思います。

素晴らしい思い出がいっぱい詰まった3日間、毎日が感動でした。
一ヶ所一ヶ所の出会いや想いなどを詳細に記録したいので、旅日記
26篇もエントリーしました。時間をたくさん費やしました。
でも、書き終えたの満足感があり、これで良いと思います。













---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-05 21:37 | 旅に出る

798/ (網走)砕氷船おーろら号②

~2014/02/25~27オホーツク海流氷の旅(25)~

2014/02/27(木・晴れ)

砕氷船おーろら号船上で、雪原ような壮大流氷に出会えて、
とても感動しました。素晴らしい旅に感謝します。

1
流氷砕氷船「おーろら号」が、ドリルで厚い流氷をガリガリと砕きながら
前に進んでいく風景、とても迫力でワンダフル。
d0029363_163144.jpg


2
d0029363_1631646.jpg


3
d0029363_16162321.jpg


4
d0029363_16164670.jpg


5 
見渡す限り流氷の原。
d0029363_16203152.jpg


6 
流氷の原。
d0029363_16205954.jpg


7
d0029363_1621895.jpg


8 
流氷の原。
d0029363_16214586.jpg


9 
流氷の原。
d0029363_16215592.jpg


10
d0029363_1623362.jpg


11 
流氷の原。
d0029363_16224822.jpg


12
d0029363_16225825.jpg


13 
流氷の原。
d0029363_16234569.jpg


14
d0029363_1624417.jpg


15 
流氷の原。
d0029363_16241497.jpg


16
d0029363_16251341.jpg


17
d0029363_16252750.jpg


18
d0029363_16253965.jpg


19 
流氷の原。
d0029363_16262224.jpg


20
d0029363_16255040.jpg


21
d0029363_16265368.jpg


22 
流氷のオホーツク海の上空を飛んでいるかもめ。
d0029363_1627418.jpg


23 
一時間の乗船時間、素晴らしい流氷風景を満喫しました。
d0029363_16271622.jpg


24
d0029363_16274561.jpg


25 
d0029363_16275410.jpg


26
d0029363_1628268.jpg


27 
d0029363_16281190.jpg


28 
一時間、夢のような流氷の旅時間でした。
d0029363_16282050.jpg


~つづく















---------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-04 16:56 | 旅に出る

797/ (網走)砕氷船おーろら号①

~2014/02/25~27オホーツク海流氷の旅(24)~

2014/02/27(木・晴れ)

昼食後、いよいよ旅の最終観光「道の駅・流氷街道網走」にきました。
ここで、「砕氷船おーろら号」に乗船します。

今回旅の目玉の一つでもあり・「2つの流氷砕氷船のりくらべ」。
昨日、「紋別・砕氷船ガリンコ号」に乗船しましたが、今日は「網走・
砕氷船おーろら号」に乗船。絶景流氷の対決。2つの流氷砕氷船
のりくらべ、結果はどうでしょうか?網走の流氷が勝ちでした。

1 
道の駅・流氷街道網走。
d0029363_14422362.jpg


2
d0029363_14423355.jpg


3
d0029363_14424028.jpg


4
d0029363_14424882.jpg


5
d0029363_14425749.jpg


6
d0029363_1443687.jpg


7 
館内の売店。
d0029363_14433273.jpg


8 
館内の売店で買ったおみやげ:
ホタテ貝ひも¥140x2+流氷塩もち¥400=¥680。
d0029363_14434133.jpg


9
d0029363_1443214.jpg


10 
乗船券。

d0029363_14431483.jpg


11 
乗客は乗船します。
d0029363_14435381.jpg


12 
砕氷船おーろら号。
d0029363_1444379.jpg


13 
おーろら号船内。
d0029363_12313886.jpg


14 
おーろら号船内。
d0029363_14442377.jpg


15 
砕氷船おーろら号はゆっくりと離岸しました。
接岸しているのは、同じ砕氷船のおーろらⅡ号。
d0029363_14443581.jpg


16
d0029363_14444580.jpg


17 
たくましく生きている北の鳥たち。
d0029363_14452488.jpg


18
d0029363_14453482.jpg


19 
砕氷船上の同乗者・かもめちゃん。
d0029363_1445434.jpg


20 
止まっているだけで癒されます。
d0029363_14451661.jpg


21
d0029363_14454430.jpg


22
d0029363_14455424.jpg


23
d0029363_1446275.jpg


24 
真っ白な流氷、日の丸旗とはとても似合います。
d0029363_14461339.jpg


25 
見渡す限り一面の流氷。
d0029363_1446231.jpg


26
d0029363_14463351.jpg


27
d0029363_1446424.jpg


28
d0029363_14465285.jpg


29 
素晴らしい流氷原。
d0029363_1447134.jpg


30
d0029363_14471067.jpg


31
d0029363_14472150.jpg


32
d0029363_14473155.jpg


33
d0029363_14474279.jpg


34 
写真ずっと撮り続きました。百枚以上も撮りました。
d0029363_14475271.jpg


35
d0029363_1448327.jpg


~つづく













---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-04-03 15:38 | 旅に出る