kotoe's notebook

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


628/ 暴風雪中の宗谷岬

~2013/01/25~27幻となったオホーツク海流氷の旅(2)~

2013/01/25(金・暴風雪)

今日の予定
羽田空港11:00=稚内空港12:55=宗谷岬=港のゆ(温泉)16:30
=副港市場(夕食)18:00=稚内サハリンホテル。

大荒れ風雪の中で、宗谷岬に来ました。日本最北端の宗谷岬に来た
のは、今回で3回目。(2007、2008、2013。)
偶然にも3回とも悪天候でした。悪天候のレベルは、1回目より2回目、
2回目より3回目。今回の悪天候レベルは最悪でした。

1 
日本最北端の地の碑。北緯45度31分22秒、高さ4.53メートル。
d0029363_17193148.jpg


2 
超強烈な風吹雪が吹いていて、最悪天候でした。

間宮林蔵の銅像。
「樺太を探検した事で有名な間宮林蔵。彼は1808年
から樺太に渡り、はじめて樺太が島である事を証明したのでした。
ちなみに、樺太と大陸の間が「間宮海峡」と呼ばれているのです。」

d0029363_17193644.jpg


3
近くに、確かに歌の碑もありますが、でも、すべてが雪で埋められて、
一面雪原以外、なにも見えない。
d0029363_17195128.jpg


4 
ハプニングが起きた・・・
カメラのシャッターを押すと厚い手袋が邪魔なので、右手袋を外した途端、
右手袋は強い暴風雪に飛ばされて、雪面でくるくる回りながらと海岸防護柵へ
飛んで行きました。慌てて拾ろようと、深い積雪で早歩きしにくく、その手袋は
なんと柵の隙間から海に落ちた。私の手袋は宗谷岬のオホーツク海に落ちた!!!

d0029363_21341465.jpg


5 
片方だけ残った手袋。

d0029363_17195676.jpg


6 
日本最北端の店「柏屋」。三角屋根は宗谷岬をイメージしている。
日付と時刻が記された“最北端到着証明書”¥100を買いました。
d0029363_1720943.jpg


7
d0029363_17203654.jpg


8 
柏屋建物の中にある流氷館(入場無料)。
館内に、宗谷岬に流れ着いた流氷や海獣の剥製が展示されています。
d0029363_17201393.jpg


9
流氷館内はー11℃。しかし、屋外の大荒れ暴風雪の天候と比べると、
流氷館内のほうが暖かいと感じます。今日の稚内は、流氷館より寒かった。
d0029363_17202788.jpg


~つづく














----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2013-01-31 23:53 | 旅に出る

627/ 悪天侯の稚内空港着陸

~2013/01/25~27幻となったオホーツク海流氷の旅(1)~

2013/01/25(金・晴れ/暴風雪)

楽しみに待っていた2泊3日の「オホーツク海流氷の旅」、いよいよ
今日は出発の日。

午前、東京の天気は晴れでしたが、羽田空港でツアー会社のカウンター
で受付際、スタッフから「道北地方の悪天候に関するご案内」の紙を
もらいました。内容は、悪天候によって、稚内空港行きの便が欠航や
羽田空港に引き返しや新千歳空港や旭川空港に着陸した場合などの
それぞれの対応の案内です。

案内紙を読んで、「雪嵐は飛行機が到着する前に去ってゆくや弱くなる、
多分大丈夫・・」、と勝手に思って案内紙を無視し、頭の中では、今日から
の3日間の流氷の旅を楽しく想像しながら、心がわくわくしていました。

1
出発前に配られた「道北地方の悪天候に関するご案内」
d0029363_12101839.jpg


2
こんな美しい青い空、道北の雪嵐なんて、すぐ去ってしまうでしょう・・・
d0029363_03755.jpg


3
701ゲート、初めてでした。
701ゲートは70ゲートの近くと思ったが、70ゲートまで来ました。
見つからなかったので、慌てて引き返して、701ゲートは60ゲート近くの
脇道の下りる階段の下にある。隠すような、分かりにくい場所。
d0029363_0371658.jpg


4
701ゲートは登機ゲートではなく、登バスゲートです。
d0029363_0372184.jpg


5
航空便の客室乗務員、も一緒にバスに乗りました。

d0029363_0373495.jpg


6
アルジェリア人質事件で、人質と犠牲者の方を載せた政府専用機が
停まっていた。
d0029363_0373948.jpg


7
バスで、飛行機のところまで移動することは、何十年ぶりでしょう。
am11:00に出発の便。
d0029363_0374944.jpg


8
11:27
窓脇の座席なので、今日も窓の風景を楽しんでいました。
d0029363_0375665.jpg


9
稚内空港に到着のは、昼12:55。
昼食は、羽田空港で買ったお気に入りのお弁当、¥600。
d0029363_038918.jpg


10
11:59
窓外は一面綿ような雲、触ってみたくなる。
「こんな好天気、飛行機で2時間を離れている道北が悪天気、ありえないでしょう」、
とバカ思いしました。
d0029363_0381784.jpg


11
12:41
到着14分前の上空、下は北海道?白と灰色の大地。

d0029363_0384586.jpg


12
12:55
予定の到着時間。しかし、着陸が出来ない。
機内の放送では、稚内空港は最強暴風雪に襲われて、着陸困難状態に陥り。
d0029363_0385995.jpg


13
13:03
飛行機は一旦海の方へ引き返して、空をグルグルして、着陸のタイミング
をはかっていました。
d0029363_0391376.jpg


14
13:06
飛行機は再び着陸準備をしました。機体が大きく揺れて、乗客みんなは
不安な表情になり。
自分はやっともらった「悪天候の案内は大げさではない」と案内を甘く
見すぎたことを反省してます。
d0029363_0392124.jpg


15
13:07
再び着陸準備態勢。
d0029363_0393231.jpg


16
13:09
到着時間14分遅れました。
d0029363_0393896.jpg


17
13:09
無事に着陸成功しました。乗客全員は大きな拍手が沸いた。
d0029363_0395340.jpg


18
稚内空港内、通路の壁にANA60周年の書きこみ掲示板。
d0029363_0395960.jpg


19
空港ロビーで、現地の添乗員とバスガイドさんが待っていました。
添乗員さんの話によると、「今日の稚内天気は大荒れ、最大級暴風と
大雪。この状況、通常飛行機は羽田空港に引き返しやほかの空港に着陸
変更になる。変更なしで、無事に大暴れ天候の稚内空港に着陸できたこと、
ほんとうに奇跡に近い・・」と言いました。
d0029363_0401097.jpg


20
空港を出て、いきなり立つことも出来ないほど最強暴風雪に襲われて、
人も飛ばされそうな暴風雪、前進むさえ困難、運転手の手を借りて、
バスが停まるところまでに来て、たいへんでした。
d0029363_0401715.jpg


21
乗車後、窓外の空港風景。ほとんどの建物は雪で埋められた。
この時、これからの3日間ずっと稚内から出られないことを想像もしなかった。
d0029363_0403052.jpg


~つづく














---------------------------------------------------

by k_ogane | 2013-01-31 01:02 | 旅に出る

626/ ホワイトの成人の日

2013/01/14(月/祭・大雪)

今日は成人の日、朝から大雪。
昼は親戚らと大宮で食事することを約束したので、昼前に家を
出ました。駅までの道は、一面銀世界。

大雪があまり降らない我が町では、ほんとうに綺麗。
歩きながら、雪風景を撮りまくり、真っ白い世界へ 惹き込まれました。

1 
家前の道路
d0029363_22461896.jpg


2 
家の側
d0029363_2246446.jpg


3 
裏の駐車場
d0029363_22462961.jpg


4 
駅へ行く道
d0029363_22463650.jpg


5 
大和田駅
d0029363_22465254.jpg


一日雪が降り続きました。
昼に一緒に食事した親戚らは、埼京線で都内へ帰り、雪の影響で、
電車は途中の駅で、2時間ストップしたまま・・というメールがきました。

夜のニュースステーションは、東京では「予想外、7年ぶり大雪」という
特報。鉄道は運休や運転見合わせ、高速道路の大半が閉鎖されて
いる。羽田空港では、空の便は全ての便が欠航している。雪の影響で、
数百人の旅客が空港で、一夜を明かすということ・・
雪に弱い都会、大雪で都会機能が麻痺する。
大好きな大雪が、都会に嫌われる。

7 
今日(14日)の夕刊
d0029363_125525100.jpg


8 
翌日(15日)の朝刊

d0029363_1255292.jpg















------------------------------------------------

by k_ogane | 2013-01-14 23:14 | 節日

625/ レ・ミゼラブル

2013/01/09(水・晴れ)

水曜日の今日、映画館はレディースデイ、前から見たい映画
「レ・ミゼラブル」(Les Misérables)を見に行きました。

この映画の原作はフランス作家ヴィクトル・ユーゴー氏が1862年に
書いた小説であり、私は中学生の時、本を読んだことがあります。
当時、とても感銘を受けました。(中国名「孤星涙」)
本は1985年にミュージカルとして、全世界で公演された。
今回はスクリーンに初登場なので、さっそく見に行きました。

1
「愛とは、生きる力。」 とても心に響く言葉。
d0029363_1420619.jpg


映画のすごいところは、
監督を務めたのは、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー。
彼はミュージカル映画としては、異例の撮影現場で、ピアノ伴奏に
合わせて歌う「ライブレコーディング」方式を選んだ。
舞台のキャリアがある俳優たちを集め、俳優たちの高ぶった感情を、
見事に映画として切り取ってみせている。


2 
「孤星涙」(中文訳)

d0029363_14201670.jpg


・感想
映画は想像より以上素晴らしい。
ミュージカル俳優の鳥肌が立つ演技、迫力ある魂こもった歌声、
歌詞の内容に心を揺さぶられました。泣ける感動映画です。
許し、許され、愛し、愛されることの大切さ、さまざま愛の形に
感動しました。
出来るなら、歌のメッセージを全部覚えたいです。
2013年始に、こんな素晴らしい映画に巡り会えて、心から感謝します。
















------------------------------------------------

by k_ogane | 2013-01-11 16:05 | 映画

624/ 新年表参道散歩

2013/01/01(火・晴れ)

新年の初日、原宿表参道散歩をしました。
例年の一月一日はいつも横浜を散策します、今年は数年ぶりの
表参道散歩でした。

お陽さまさまがニコニコの好天。午前11時前家を出て、銀座線で表参道
で降りて、表参道駅から原宿駅方向へと漫歩しました。
表参道の散策、今までいつも原宿駅から表参道駅方向への散策でしたが、
新年の人出で、表参道は大変混雑していました。今日は逆スタートで、
表参道駅から原宿駅方向へ、意外と人混みもなく、のんびりと街散策
出来ました。

1
d0029363_23364445.jpg


2
表参道駅よりの表参道は、うそのように人出が少なかった、表参道散歩独占気分。
d0029363_23364142.jpg


3
表参道交差点から明治神宮に向けて歩くと、目につくのはパリの雰囲気が
漂う、おしゃれなオープンテラスカフェ。テラス席にストーブも完備。
d0029363_2337282.jpg


4
カフェの外観に誘われて、つい店内に入りました。
店は「ANNIVERSAIRE CAFE」(アニヴェルセル カフェ)。
d0029363_2337784.jpg


5
カフェメニューを見たら、びっくり!なんとコーヒーがすべて¥1000~。
お正月だけのプライスでしょうか、と思いました。
ウィンナーコーヒーとシューパリジャンのスイーツを注文しました。

d0029363_23372382.jpg


6
シューパリジャン。(¥600)
とてもかわいいスイーツ。高さがあって、クリームがたっぷり。
ふわふわクリームの中に、バナナが入って、クリームにハートがついてます。
食べてもったいないぐらい、気分はヤング!

d0029363_23374619.jpg


7
思い出になる千円コーヒー。

d0029363_9285117.jpg


8
店を出た後、もう一枚店の記念写真。
今度は、平日に一人でまた来ます。
d0029363_2337275.jpg
 

9
カフェの隣り店の前、着物を着て、エサを食べているかわいいワンちゃんがいる。
近づいて見ると、なんとおもちゃのわんちゃんです。動く姿は本物にそっくり!
d0029363_23374034.jpg


10
この辺りの表参道、走る車が少ない。
d0029363_2338818.jpg


11
表参道ヒルズビルに来ました。新年に表参道散策の人出は、
原宿駅から表参道ヒルズ近辺に集中してます。

d0029363_2338687.jpg


12
明治通り交差点、「東急プラザ表参道原宿 bills」前。人出で混雑していた。
d0029363_23553130.jpg


13
「東急プラザ表参道原宿」6階にスターバックス カフェがあり。
外のテラス席(おもはらの森)。
d0029363_23385475.jpg


14
「東急プラザ表参道原宿 bills」を見物した後、そろそろ帰宅すると原宿駅へ。
d0029363_23383353.jpg


15
木造の原宿駅舎はお気に入り駅舎の一つです。
資料では「二代目となる原宿駅舎は1924年(大正13年)に竣工した。
都内で現存する木造駅舎で最も古い。」
d0029363_2356111.jpg


4時間の表参道散策、とても楽しい新年初日を過ごしました。
¥1000のコーヒーは高かったが、お正月だけの贅沢。
カフェで表参道の並木や行き交う人々を眺めながら、美味しいコーヒー
をゆっくり吟味する都会の時間。
子ども達が社会人になったこそ生まれる心のゆとり。

2013年の願いは、今までと同じ、日々を大切に、感謝の心で過ごしていきたい。















-----------------------------------------------

by k_ogane | 2013-01-03 02:52 | 節日