カテゴリ:頑張れ( 5 )

1072/ 熊本の復興を心から祈ります

2016/04/21(木・晴曇雨)

2016年4月16日、熊本マグニチュード7.3の大地震が発生してから
一週間経ちました。その後、絶えず余震、現地の様子を毎日テレビで
見て、悲しく心が痛みます。

一昨日、いつも利用しているANAから案内がありました。
「平成28年熊本地震による災害への支援とマイル寄付の募集」の内容です。

今日、日頃貯まったANAのマイルを全額寄付しました。
微額ですが、少しでもお役に立つと願います。

d0029363_2220532.jpg


d0029363_22218100.jpg


熊本の復興を心から祈ります。

犠牲者のご冥福をお祈りいたします。

被災地のみんな様、一日も早く家に戻れるように心から願います。














----------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-04-21 22:29 | 頑張れ

646/ あの日を忘れない

2013/03/11(月・晴れ)

今日は東日本大震災から2年。

今朝の朝日新聞朝刊、「一歩ずつ この2年」という別刷り特集
(12ページ)をくわしく読みました。
10ページの「笑顔 取り戻す」、笑顔で前に進もう、悲しみを生きる力
に変える。11ページの「災禍 時が語る」、今と昔の写真を見比べ、
あの日の悲しみがよみがえる。 復興が遅くても確かに少しずつ
一歩一歩。

1
「一歩ずつ この2年」、2011/03/11~2013/02/20 の 91枚写真。
一枚一枚の写真を見ているうちに、2年間の復興への歩みを 91枚の
写真で 綴られる。 とっても貴重な紙面です。

d0029363_22404660.jpg


2
めげた。くじけた。それでも
d0029363_20332844.jpg


震災は、多くの人々の暮らしや人生観に大きな影響を与えました。
自分もその一人です。 去年、震災地を訪ねる旅に参加しました。
今年は個人で東北震災跡地をもう一回訪ねたいと思います。
そして、三陸鉄道にも乗りたいです。

これからもいろんな形で、東北の復興に応援し続けると思います。














------------------------------------------

by k_ogane | 2013-03-11 20:33 | 頑張れ

620/ 三陸鉄道の復興を応援しましょう

2012/12/08(土・晴れ)

9月28~29日、「浄土ヶ浜・北山崎・三陸鉄道”絆”でつなぐ三陸路」
というツアーを参加しました。その時、4月1日に復旧した三陸鉄道
北リアス線(久慈~田野畑間)に乗りました。
311震災津波で、全線が不通となった三陸鉄道が、区間に乗ったこと、
ほんとうに万感な思いでした。

帰宅してから、早速「三陸鉄道株式会社」のホームページを見ました。
三陸鉄道支援プロジェクト~枕木に名前を残そう」というプログラムを
知り、迷わず申し込みました。
つい、三陸鉄道ファンクラブも加入しました。

1
先日、「三陸鉄道復興支援証明証」と「三陸ファンクラブ会員証」が
届きました。

d0029363_225092.jpg


2
個人会員と家族会員がある。

d0029363_2253734.jpg


3
d0029363_2251667.jpg


美しい陸中海岸沿いを走る小さなローカル線・三陸鉄道。
311の震災津波で大きな被害を受け、 いまだに全線復旧に至らない。
日本ローカル線の宝です、微力ながら 応援の輪を広げたいと思います。

4 
ローカル線・三陸鉄道
d0029363_2245287.jpg

(写真は”三鉄ファンクラブ会報”表紙)












----------------------------------------------

by k_ogane | 2012-12-08 23:20 | 頑張れ

477/ 被災地の復興を祈り

~2011/03/12から31の日記~

2011/03/31(木・晴れ)

昨日(3/30)の朝日夕刊の写真、「それでも 花は咲く」、
とても切ない風景です。

d0029363_114434.jpg


歴史的悲しい出来事の3月、今日で終わり。 明日から4月、
入学式や入社式が行われるシーズン、多くの若者にとっては、
新しいスタートラインです。
この一が月、長い長い重い重いと感じた一が月です。

大地震の翌日から、メティア各社の勇敢なレポーター達は毎日
現地に入り、現地から、懸命に災情を伝えています。
何故か、国会議員の姿が、一人も見えませんでした。
国会で口だけで吼える、こんな国難の災害には、現地への視察や慰問や、
テレビの報道から全く見えません。 情けなすぎます。

被災地のみんな様、
頑張る限界をはるかに超える艱難ですが、強く強く生きて下さい。
世界一の大災害、世界一の頑張りを見せたい」という被災者
の力強い言葉、自分が勇気づけられます、ありがとうございます。

この3週間 悪夢ような出来事、ほんとうの生きる意味を学びました。
自分できることは、一年間毎月少しずつ義援金を寄付します。
来年の桜が咲くごろ、車で今回の震災地を訪れたい、と思います。



------------------------------------------------------------
・2011/03/29(火・晴れ)

「普通の生活」に感動

地震以来、どこのガソリンスタンドもガソリンが売り切れや一時営業停止
でした。車のガソリンも底につくので、この頃、自転車の活躍が生活の
足になります。今日、近くのガソリンスタンドが営業再開したので、ガソリン
を買いに行きました。
「ガソリン残量の表示メーター、赤い針が”F”ところを指して」 を見て、
何故か感動しました。

d0029363_10202023.jpg




---------------------------------------------------------
・2011/03/28(月・晴れ)

世界に広がる温かい支援

小さな島国日本は、世界の国々に愛されています。
今まで日本に対して、ちょっと不友好な国でも、実際に日本へ好意
を持てます・・と感じた最近の心境。

(2011/3/28テレビから)
d0029363_1019692.jpg


・アメリカ異例の手厚い支援 「Operation Tomodachi=友達作戦」
(ネットから引用)
d0029363_10523155.jpg


ネットで売り切りのワッペン。(ネットから)

d0029363_1115042.jpg


ワッペンを考案したのは、月刊誌「航空ファン」編集部員の雨宮隆太さん。
「”トモダチ作戦”という名前を聞いて、涙が止まらなくなった。
お礼の気持ちからワッペンを作ろうと、手がすぐに動いた」 と本人が語った。
デザインは雨宮さんが担当、奥様が運営するネット航空グッズショップを
通じて、台湾の刺繍工場に発注し、3/14から製作にとりかかったという
ことだそうです。


(2011/3/23朝日新聞から)
d0029363_10561979.jpg




-----------------------------------------------------------
・2011/03/25(金・晴れ)

心はだれにも見えないけれど
心づかいは 見える

思いは 見えないけれど
思いやりは だれにでも見える

d0029363_10422271.jpg


最近、テレビで頻繁に出るACジャパンのCM ”その気持ちをカタチに”、
この時期こそ 心に響く、温まります。
詩は宮澤章二さんの「行為の意味―青春前期のきみたちに」より。

・AC JAPAN=経済産業省所管の特例社団法人
大震災時、すべてのCMの放送が自粛されたため、ACのCMが一日中放送されます。



--------------------------------------------------------
・2011/03/20(日・晴れ)

震災後、買い占めが続出、私の住む町のスーパーと近辺の
大型スーパー、お米とパンと卵、インスタント食品、トイレット
ペーパーなどが消えた。

d0029363_1301092.jpg


家のお米が無くなったので、どこへ行っても売り切れ、神戸に住む
親類がお米を送ってくれた。 ネットで探し、熊本のお米屋さんから
通販でお米を注文しました。
関東からの注文が殺到したので、届くまで10日間がかかるということ。
トイレットペーパー、今日の午前、開店前のスーパー前、30分間列を
並んで、やっと1つのみ買えました。

(@stam_mats2さんの素敵な買占め防止のポスターをお借りします。)




--------------------------------------------------------
・2011/03/15(火・晴れ)

被災地へささやかな義援金を寄付、お願いします。
一人一人、日常でいっぱいのコーヒー、自動販売機で買った一本
の飲料、一本の缶ビール、一本のタバコ、わずかな額でも良い、
義援金にまわして下さい、被災地のみなさんへ温かい心の支援を。
明日の新生東北被災地のため。

ゆうちょ銀行・郵便局
口座名 「日本赤十字社・東北関東大震災義援金」
口座番号 00140-8-507

d0029363_8151167.jpg




----------------------------------------------------
・2011/03/12(土・晴れ)

2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」で、
連日ショッキングな映像がテレビから流れています。
見る度に涙が出ます。
被災地の皆様には、心よりお見舞い申し上げます

1
(2011/03/12 朝日新聞)
悲しい悲しい悲しい悲しい悲しい悲しい~
d0029363_232879.jpg


2
d0029363_23281410.jpg


3
d0029363_23282475.jpg


4
d0029363_23283258.jpg


5
d0029363_23284072.jpg


悪夢であってほしい~









-------------------------------------------------

by k_ogane | 2011-03-12 22:14 | 頑張れ

393/ 日本の翼 頑張れ

2010/01/24(土・晴れ)

日本 ”空の顔”とも言える日本航空、経営破綻で会社更生法に
より救済、株価はゼロ円に近い。 連日、メディアの報道で、日本
航空を愛する一主婦の私は、報道する度に、心を痛めます。

経営破綻に至るまで、その一時期一時期のトップ経営者たち、
予測が出来なかったでしょうか、何故 破綻を回避できなかった
でしょうか。私はただ一普通の日本航空を愛する主婦、でも、
日本航空の破綻は、完全に「人為的原因」だと思います。

日本航空 旧機体の赤いツルのデザイン「鶴丸」、JALの
シンボルマークとして、半世紀に近い世界の旅人に親しまれて
きました。海外では、「日本の航空機の象徴」と受け止められる。

尾翼に「赤ツル丸」が描かれた旧航空機は、私が一番最愛、最高
のブランドです。 以前、「鶴のマーク」の航空機に乗る時、ほかの
航空機に乗るより、誇らしく優越感があります。

80年代、初めて日本に来たとき、JAL便でした。 それ以来、外国へ
行く度に、いつも日本航空を利用してます。 日本航空への愛着、
これからも変わりません。

日の丸の日本航空、今回の再生を機に、5年後、10年後、以前の
ように 航空界のトップ座に戻れるでしょうか?
新生日本航空、いつか昔と同じよう、日の丸の機体で 世界の空
を飛び回る栄光の日に戻る日を、心から願い 祈ります。

















-----------------------------------------------

by k_ogane | 2010-01-24 22:16 | 頑張れ