kotoe's notebook

カテゴリ:芸術( 10 )


940/ 九谷焼陶器

2015/04/25(土・晴れ)

ネット通販で、九谷焼陶器3点を買いました。
前から九谷焼陶器がすごく好きなので、値段が高くてなかなか
買えません。今回はセールで、手頃な値段で九谷焼陶器3点を
買いました。

届いた後、開けてみたら、とっても素敵な陶器に感動しました。
これから大切に使います。

1
d0029363_10301249.jpg


2
d0029363_10302063.jpg


3 
九谷焼 湯のみ 白椿に鳥。

d0029363_10303444.jpg


4 
九谷焼 陶器 ビールグラス 吉田屋牡丹。

d0029363_1030464.jpg


5 
九谷 焼陶器 ビールグラス 金箔花紋。

d0029363_10305742.jpg


6
d0029363_10311327.jpg


7
d0029363_1031306.jpg


8
d0029363_10314080.jpg


9
d0029363_1031495.jpg


10
d0029363_10315834.jpg


「九谷焼(くたにやき)は、石川県南部の金沢市、小松市、加賀市、
能美市で生産される色絵の磁器である。
九谷焼の歴史は、明暦元年(1655)に、加賀藩の命により、有田で
陶技を学んだ後藤才治郎が、江沼郡九谷村で開窯したのが始まりです。」














----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2015-04-27 10:35 | 芸術

662/ はじめての宝塚観劇

2013/05/22(水・晴れ)

今日は初めて宝塚歌劇団を見に行きました。宝塚歌劇団は海外
でも有名ですが、日本に来てからなかなか見に行くきっかけがなくて、
いつか行って見たいとずっと思います。今日念願に見に行きました。

有楽町、銀座などよく来ますが、日比谷あたりにはあまり来ない。
日比谷あたりの劇場は、宝塚劇場のほか帝国劇場や日生劇場がある。

1 
東京宝塚劇場
d0029363_1065657.jpg


2
今日のチケット。2階11列66蕃、A席5500円。開演時間13:30。
チケットにダンスの模様が薄く印刷されて、宝塚らしいすてきなチケット。
チケットを見るだけで、わくわくします。
d0029363_107664.jpg


3 
東京宝塚劇場。
「1934年、東京での宝塚歌劇の拠点となる劇場として誕生。その後1998年
より建替工事を行い、2001年、21世紀の幕開けと共にリニューアルオープン。」

d0029363_107145.jpg


4 
今日の公演ポスター。
(ストーリー資料)「モンテ・クリスト伯」(仏: Le Comte de Monte-Cristo)は、
アレクサンドル・デュマ・ペールによる小説。
主人公エドモン・ダンテスが無実の罪で監獄に送られ、そこで長い年月を
過ごした後、脱獄して巨万の富を手にし、モンテ・クリスト伯爵を名乗って
自らを陥れた者たちの前に現れ、復讐する物語である。

d0029363_1826363.jpg


5
宝塚歌劇団は1914年に初の公演を行って以来、もうすぐ100年になる。
現在は花・月・雪・星・宙の5組と、いずれの組にも所属しない専科に
分かれている。今日の公演は宙組です。

公演時間:
第一幕、モンテ・クリスト伯 (95分)。休憩30分。
第二幕、Amour de 99 (55分)。
一幕と二幕があります、長い観劇です。

d0029363_107244.jpg


6
入口に入ってから、エントランスにはレッドカーペットが敷かれる階段、
光り輝くシャンデリアがエレガントな空間を演出しています。
d0029363_1073377.jpg


7
d0029363_1074446.jpg


8
上演中の撮影は禁止。休憩時、演劇場の様子。
「東京宝塚劇場の総客席数は2,069席、2層構造で段差がついた
ちどり配列。どの席からもステージが見えるように設計されています。
兵庫県宝塚市の「宝塚大劇場」と同様の舞台システムを備えます。」

d0029363_10102441.jpg


9
休憩中、外の売店の様子。劇場内の飲食は禁止。
驚くのは、観劇客はほとんど女性です。
d0029363_21301.jpg


10 
公演プログラム1000円。
d0029363_10104548.jpg


11 
主役写真のお菓子缶などがずっらりと並んでます。
d0029363_1011828.jpg


12 
終演後、観客が退場の様子。今日は一階、二階全部満席です。
d0029363_10115556.jpg


13
帰り、近くの「シアタークリエ」の前で、溢れる女性の群。いったい、何の行列
でしょうか?近く見たら、館内に「Live Houseジャニーズ銀座」の公演です。
初めて知りました。こっちも全部女性の観客、女性のパワー、恐れ入ります。
d0029363_10121065.jpg


感想
初めての宝塚観劇、第一幕、モンテ・クリスト伯のストーリーはとても
良かった、感動しました。
第二幕、Amour de 99。55分間の歌と踊り、本当に素晴らしかった。
55分間、すっかり宝塚の華麗な踊りや歌に魅了された。

100年近い歴史あるの宝塚歌舞劇、多くの人の心を惹き付ける魅力、
今日の観劇で、よくわかりました。また見にきたいです。















--------------------------------------------

by k_ogane | 2013-05-30 21:18 | 芸術

654/ (東京三鷹)ジブリ美術館

2013/04/05(金・晴れ)

今日は三鷹へジブリ美術館見学に行きました。
私は宮崎駿の大ファンです、彼が監督する映画、ほとんど子ども達と
一緒に見ました。どんな作品の物語の内容も、子どもだけ向けではなく、
大人向けのメッセージも。彼の映画を観る度に、いつも自分が素直になる。

1 
三鷹駅前のかわいいバス停。

d0029363_16215195.jpg


2 
ネコシャトルバス。
d0029363_219573.jpg


3 
かわいいトトロの案内板が建てられています。
d0029363_1622117.jpg


4 
風の散歩道。
d0029363_16422965.jpg


5 
川傍の満開なさくらを散策する保育園の園児たち。
d0029363_2192687.jpg


6 
トトロの案内板。

d0029363_16222966.jpg


7 
ジブリ美術館に着きました。
d0029363_16232846.jpg


8 
トトロが受付になっている!
d0029363_16224686.jpg


9 
トトロの受付から入口までの建物風景。
d0029363_16234562.jpg


10 
入口側の建物風景。
d0029363_1623459.jpg


11 
スタッフの若者、みんなかわいい子とイケメンくん。
d0029363_1624767.jpg


12 
館内は撮影禁止。こどもトイレなら大丈夫で?

d0029363_16232745.jpg


13 
「カフェ近道」の案内板。
d0029363_16234737.jpg


14  
2階のカフェ「麦わらぼうし」、外のテラス。
d0029363_16244958.jpg


15 
カフェ「麦わらぼうし」入口。
昨日の藤子不二雄ミュージアムカフェと同じ、満席です。

d0029363_162410100.jpg


16 
「麦わらぼうし」のメニュー。

d0029363_16251289.jpg


17 
「麦わらぼうし」オープン中のかわいい影絵。  
d0029363_16243299.jpg


18 
食べたくなるアイスクリームの絵。
d0029363_1625325.jpg


19 
「麦わらぼうし」テイクアウトコーナーのメニュー。
d0029363_16245347.jpg


20 
ラズベリーアイスクリーム。
d0029363_16255438.jpg


21 
ホワイトミルクアイスクリーム。
d0029363_1625143.jpg


22
3階ショップの名前は「マンマユート」。「紅の豚」に登場する空賊たち
のことで、イタリア語で「ママ、助けて」という意味そうです。
d0029363_20183698.jpg


23 
ひっそりとショップ外観の写真を撮りました。
d0029363_20194584.jpg


24
「マンマユート」出口傍のすてきな自転車。映画に出た自転車でしょうか?
d0029363_16242753.jpg


25
一階パティオ、「となりトトロ」に出てくる「まっくろくろすけ」。(自分のカメラも)
d0029363_16261825.jpg


26 
パティオ地面のマンホール絵。
d0029363_1625371.jpg


27
窓からのぞかれていても、気が付かないまま通り過ぎていくかもしれない。
d0029363_16263981.jpg


28 
屋上庭園からの眺め。
d0029363_16255895.jpg


29
屋上庭園のロボットは、「天空の城ラピュタ」の中に、登場している
ロボット兵です。今は美術館の屋上に立つ、「ジブリ美術館の守り神」
となっているそうです。
d0029363_16265726.jpg


2時間の散策、楽しい時間を過ごしました。
ジブリ美術館は、日本だけではなく、海外のいろんな年代の人々にも
好かれて、としみじみ感じます。















----------------------------------------------

by k_ogane | 2013-04-19 20:50 | 芸術

653/ (川崎市)藤子不二雄ミュージアム

2013/04/04(木・晴れ)

今日は川崎市の藤子不二雄ミュージアムへ行きました。
2011年9月3日に開館した藤子不二雄ミュージアム、今回来た
のは初めてです。

向ヶ丘遊園駅から川沿いの遊歩道を歩いて15分、ミュージアム
に着いた。山をバックに川に面して建てられた藤子不二雄ミュージアム。
外観は立派です。ミュージアムの入場は予約制で、一日4回、10:00、
12:00、14:00、16:00。館内の展示室では、撮影禁止。その以外
の撮影は可。

1 
藤子不二雄ミュージアム。
d0029363_1192950.jpg


2 
川の柵にドラえもんのシルエット。
d0029363_12335245.jpg


3 
ピー助の池。
d0029363_13533854.jpg


4 
「どこでもドア」、一番人気撮影撮影スポット。

d0029363_13534477.jpg


5
山の斜面に建てられた藤子不二雄ミュージアム、建物の3階と
言っても、斜面の地形を利用していたので、建物の階3という
イメージがありません。
d0029363_13535592.jpg


6 
きこりの泉。
d0029363_13535967.jpg


7 
休憩コーナー。
d0029363_13541094.jpg


8 
のび太の部屋。

d0029363_13541439.jpg


9 
のび太の部屋。

d0029363_13542654.jpg


10 
のび太の部屋。

d0029363_13543246.jpg


11 
どらえもん着替コーナー。

d0029363_13544640.jpg


12 
キッズスペース。
d0029363_13545245.jpg


13 
キッズスペース。
d0029363_135512100.jpg


14 
みんなのひろばの壁。
d0029363_13573343.jpg


15 
トイレのサインもミュージアムならでは。
d0029363_12305737.jpg


16 
まんがコーナー。
d0029363_2245535.jpg


17 
まんがコーナー。
d0029363_2253229.jpg


18 
休憩場の窓。
d0029363_13585950.jpg


19 
ミュージアムカフェ。
作品にちなんだオリジナルのメニューが楽しめます。
d0029363_13584669.jpg


20 
ミュージアムカフェのキャラクターのラテ。
キャラクターのラテを飲みたかったが、待ち時間が110分なので、
あきらめました。
d0029363_13592011.jpg


21 
ミュージアムショップ。
d0029363_1359755.jpg


22 
買ったおみやげ3点。
エスパー魔美のクリアファイル。どらえもんシャープペン。
どらえもんピンバッチ。ミュージアムパンフレット。入場券。
d0029363_1345594.jpg


23
JR登戸駅~藤子不二雄ミュージアムの有料シャトルバス。
大人200円、こども50円。その後調べたら、シャトルバスの
ナンバーは「2112」、どらえもんの生年です。
d0029363_13592898.jpg


24 
シャトルバス内のドラえもん降車ボタン。押してみたかった。

d0029363_140175.jpg


25 
JR登戸駅前のどらえもんモニュメント。

d0029363_13595034.jpg


2時間の館内散策、どらえもんの世界を存分に楽しめました。
お蔭で、忘れかけていた「赤子之心」をよみがえた。















--------------------------------------------------

by k_ogane | 2013-04-18 16:19 | 芸術

554/ 絵・写真どっち?

2012/03/13(火・晴れ)

主人が仕事で中国の深圳市へ、そこで有名な「大芬油絵村」に寄って
行きました。経済特区として知られる深圳に、「中国一の油絵村」と
呼ばれる村である。

そこには、中国本土から約数千人の画工が住み着き、世界の名画を
見ながら、日々複製作りに没頭している。 年間生産量は、数百万枚
と言われます。 ヨーロッパやアメリカなど全世界中に輸出し、村の発展
を支えている。

1 
描かれたわんちゃんの絵。
d0029363_8445178.jpg


店の話によると、大口の注文が来れば、10数人の流れ作業が始まり、
人、物、景、など、それぞれのパーツを担当し、ひたすら書き続けるという
作業。店主や画工たちの著作権に対する認識は低いようです、著作権の
保護期間が切れていない名作の複製品が、ずっらりと店頭に並べられて
います。明らかに著作権違反なのだが、現場の画工たちは「注文を受けて
描いているだけ」と、全く気にしない。

2
描かれたわんちゃんの絵。
d0029363_8445961.jpg


主人は愛犬”ももちゃんの写真”を見せて、愛犬写真の複製絵を頼みました。
今日、写真の複製絵が出来上がりという連絡が来た。店側は複製絵を撮影して、
送ってくれました。 絵を見て、あまりにも似ているので絶句しました。
(オダ絵、500元=6500円です。)

3
実際のわんちゃんの写真。
d0029363_845790.jpg


中国「大芬油絵村」












---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2012-03-17 23:11 | 芸術

359/ 熊田千佳慕 画展

2009/08/20(木・晴れ)

新聞で 銀座の”松屋”で、99才の現役細密画家 ”熊田千佳慕”氏
の画展が 開催される(8/12~8/24) ということを知り、今日は
バイオリン稽古後、松屋へ「熊田千佳慕画展」を観に行きました。

夏休みの平日なので、会場では、奥様達や小学生連れの家族で
賑わっていた。

1
d0029363_1583553.jpg


2
”熊田千佳慕”氏の絵、初めて観るので、1時間をかけて、ゆっくり絵
を観賞した。どれの絵も、自然に生きている昆虫、小鳥や小さな動物達、
四季の草花を、心の目で観察し、小さな生き物や植物をありのままで、
繊細に表現し、見る人の心が、さりげなく感動を覚える。

d0029363_15151658.jpg


3
観賞後、出口の所に、絵のグッズコーナーを設けました。 どのグッズも
昆虫や草花や蝶々の模様で、清々しく、可愛らしく、我慢しないと、
どれも買いたくなります。迷う末、今回の”画展記念カタログ”を買いました。

171ページの精装本、素晴らしい絵が満載。 ¥1.900。
d0029363_1781223.jpg


4
本の中に、熊田千佳慕氏の代表的な作品が全揃い、また彼の生涯、
年譜、作品リストも載ってますので、ほんとうに記念あるの買物でした。
お陰で、うれしい一日になりました。

d0029363_1784886.jpg
















--------------------------------------------------------

by k_ogane | 2009-08-21 17:22 | 芸術

294/ ピカソ画展

2008/10/23(木・雨)

今日 習い事の帰りに国立新美術館へ、
「巨匠ピカソの画展」を見に行きました。

ピカソの絵は、見た目で”美しい”と感じたことは、あまりないです。
人物の画は、いつも苦痛に満ちていると感じる。 理解難しい絵が
ほとんどです。

なぜ、ピカソは こんなに ”世紀を代表する絵の巨匠” となったの?
その理由を知りたくて、今回 国立新美術館とサントリー美術館
両館で、同時開催されている”ピカソ画展”を観に行きました。

1
d0029363_15431063.jpg


ピカソ(1881~1973)はスペインに生まれ、美術教師の父の
影響で、小さい時から画を覚えた。 フランスで画の制作活動をし、
画家、彫刻家、芸術家でもあった。92才の生涯に、約13,500点の
油絵と素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、300点の彫刻
と陶器を制作した。
最も 多作な画家であること、とギネスブックに記載されているの
だそうです。

今回、パリのピカソ美術館の改修工事のため、海外で大規模な
「ピカソの回顧展」を実現することになりました。

会場で買った365ページの 「ピカソ愛と創造の軌跡」 の写真集。
カバーの絵は 「ドラ・マールの肖像」 、ポスターの絵と同じ。
1937年の作品。

2
写真集の表紙「ドラ・マールの肖像」      
d0029363_1793996.jpg


3
泣く女(ドラ・マール)
d0029363_14222789.jpg


・「ドラ・マールの肖像」 について

この画について、ちょっと興味があったので、調べてみた・・
”ドラ・マール”は、ピカソの肖像画の中で、最も多く描かれた女性です。
彼女は、1907年フランスに生まれ。 1936年彼女29才の時、ピカソの
前に現れた知的女性。 二人は当時交際をしていた。
しかし、ピカソは同じ時期に、マリー(テレーズ・ワルテル)という女性と
の交際もしていた。 そんな関係で、二人はいろんな喧嘩を起こした。
その頃から、ピカソの描く”ドラ・マール”は、「泣く女」 として描かれて
いきます。ピカソはその後に、「私にとって、(ドラ・マールは)”泣く女”で
あった」 と述べたほどでした。 そんなピカソ自身、”ドラ・マール”に涙を
見せたことがあります。 「何故泣いているの?」 と聞くと、「人生はあまりに
もひどい、あまりにもひどい」 と言う以外に 説明できない、と答えた
そうです。

どんな時代でも、「愛の争い」 は創造の原動力、と感じています。

・感想
ピカソの生涯をいくつのパートに分けて、その年代の作品を展示し、
紹介する。油絵、版画、彫刻のほか、木炭のデッサン、木片や金属など
を使った作品もある。どの作品も奇形異状、作品とタイトルは不一致?
のが多い。(?)私が見ても分らない作品がたくさん、参観者はみんな
作品へ真剣に見つめる表情、美術の関係者でも思われる。

画展を観て、求めたい答えは見つからなかった。 超素人の私は、多分
一生 巨匠の画を理解できないと思います。 それでも、画展を通じて、
世界のピカソ その人生の精髄であるダイナミックの作品を目前に、
そのわずかなエネルギーに触れることは、何だか心がとても豊かに
満ちる。















-------------------------------------------------

by k_ogane | 2008-10-23 23:08 | 芸術

223/ 抽象絵 「泣く女」

2008/02/02(土・曇り)

午後、図書館へ借りた本を返却しに行ってきた。
そうして、今日も10冊の本を借りた。 最近、絵本にはまっている、
今日借りた10冊の本は、全部絵本でした。

その中の一冊 「天才ピカソのひみつ」、子供向けの絵本ですが、
難しいことを分りやすく説明し、大人の私にはぴったりと思います。

1
絵本 ”天才ピカソのひみつ”

d0029363_159283.jpg


作者の美術家の”古山浩一”氏は、長い間教師をしていた時、
生徒から最大の問いかけ 「ピカソの絵はめちゃくちゃで、理解できない!」
ということがきっかけで、この本を書いた理由だそうです。

正直、ピカソの絵は私も理解できない、絵画界の巨匠と分っても、
「幼い子が描くような絵」 と思うのは、けっして私だけではない。

偉大な芸術家の作品を理解するのは、その芸術家の背景を知る
のは重要です。 でも、低学年の子供達には、大人の思想を理解
することを要求するのは難しいことです。 このことに対して、作者は、
「理解できない絵を ”楽しむコツ” 」 を教えて、と伝えているのです。

本の中に載っている 4点の 「泣く女」 の絵・・
一枚目は巨匠ピカソの絵、そのほかの3枚は 本に出ている3人の子供
の絵です。 どこか違うでしょうか?

2
ピカソの 「泣く女」

d0029363_2345080.jpg


3
ヴィトという子の 「泣く女」

d0029363_2355842.jpg


4
バブという子の 「泣く女」

d0029363_2362954.jpg


5
エルという子の 「泣く女」

d0029363_2353122.jpg


巨匠と子供達、それぞれの「泣く女」の絵。 もし、名前をふせて、
4枚の絵の中、ピカソの絵を当てるとしたら、はたして当るでしょうか?
理解し難い絵を、「絵を楽しむ」のという視線から絵を見ること、
「音楽の音を楽しむこと」と同じです。 何だか作者の気持ちが
よく分ります。

4枚の絵を全部 ピカソが描いた と言われたら、私は疑いなく
信じると思います。















--------------------------------------------------

by k_ogane | 2008-02-03 23:57 | 芸術

222/ ”横山大観”画展 観賞記

2008/01/24(木・強風)

国立新美術館で、”横山大観”の画展を観賞しました。

横山大観(1868~1958)は、近代日本画壇の巨匠の一人
でした。明治、大正、昭和の戦前戦後を通じて 活躍を続けました。
やまと絵、琳派、水墨画などに学び、自らの絵画世界を築いて、
多くの名画を描いた。今回の展示は、横山大観が没後50年の
記念展です。

展示される作品は、初期から晩年までの代表作のほか、海外から
の里帰り作品などもまじえ、見るうちに、初期日本画家の素晴らしさ
を再確認しました。

1
買った本。
d0029363_1461411.jpg


絵は好きですが、日本の近代画家について、
全く無知でした。日本画を習っている友人の影響で、いろんな画展
を見るようになり、知らずに 日本の画を好きになりました。 画家に
ついて、またいろいろ勉強中。 自分の思いを絵にするのは、音楽の
作曲と同じ、奥が深い、素晴らしいことと思います。


★買ったポスター。
2
「柳蔭」。1913年(大正2年)

d0029363_1491945.jpg


3
「秋色」。1917年(大正6年)

d0029363_149541.jpg


4
「紅葉」。1931年(昭和6年)

d0029363_1485152.jpg


5
「霊峰飛鶴」。1953年(昭和28年)

d0029363_1483595.jpg


・観後感
晴れているのに、一日冷たい寒風が吹いていました。
バイオリンを抱えながらの観賞、本と記念グッズも買ったので、
帰り荷物が増えて たいへんでした。
でも、久しぶり良い画展を観賞したので、絵を通じて、何だか
偉大な画家と心の交流をしたよう、胸に充実感がいっぱいでした。















--------------------------------------------------

by k_ogane | 2008-01-28 07:31 | 芸術

199/ ”中国障害者芸術団~千手観音”公演 観賞記

2007/11/15(木・晴れ)

今日の午前、バイオリン稽古が終わった後。 午後、東京
厚生年金会館へ、「中国障害者芸術団千手観音」の公演
を見に行きました。

”千手観音”の日本公演、、どっちの会場も チケットは当日完売。
今回、追加公演ということを知って、チケットの販売初日、早速
ネットで予約し、やっと手に入れた。

出演者全員が 聴覚障害者の彼女達、何故、こんなに素晴らしい
踊りができるの?

音楽が聞こえないの代りに、息と空気と振動感を体でリズムを
読み取りながら、踊ります。
その美しく慈しみの動きを観客席で見る、ただただ胸がいっぱい。

彼女達のドキュメンタリー、テレビで見ました。
意志と努力、彼女達は音の闇世界から抜け出して、
自分だけの青空を見つけ出した。

人は、どんなに定められた理不尽な運命でも、自らの努力で、
それを変えられる。彼女達の踊りは、そう教えてくれた気がします。














-----------------------------------------------

by k_ogane | 2007-11-16 06:25 | 芸術