カテゴリ:お気に入り( 12 )

1175/ (赤坂プリンス)クラシックハウス

2017/04/05(水・晴れ)

紀尾井ガーデンテラスを一通り見学した後、敷地内のクラシックハウスにも
行って見ました。クラシックハウスの外観を撮影し、ハウスの中にあるカフェ
にも入りました。

(赤坂プリンス)クラシックハウス:
「クラシックハウスは”旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館”として親しまれた、
美しいチューダー様式の洋館”旧李王家東京邸”は、1930年に旧宮内省内匠寮の
工務課長として活躍した北村耕造と、技師の権藤要吉らの設計により建設され、
2011年には東京都指定有形文化財に指定されました。建設当時の詳細な資料など
を基に照明器具や外壁などの主要部分を当時の状態に復原し、気高く優雅な往時
のしつらえを取り戻すと同時に、現代の多様なニーズに応えるため、料飲施設や
バンケットを備えた”赤坂プリンス クラシックハウス”がオープンいたします。」

1
クラシックハウス紀尾井。
d0029363_23155541.jpg

2
d0029363_23160703.jpg

3
クラシックハウス紀尾井。
d0029363_23161844.jpg

4
d0029363_23162746.jpg

5
クラシックハウス紀尾井。
d0029363_23170342.jpg

6
d0029363_23171218.jpg

7
クラシックハウス紀尾井。
d0029363_23164592.jpg

8
d0029363_23163747.jpg

9
クラシックハウス紀尾井内カフェ。
d0029363_23172713.jpg

10
d0029363_23182821.jpg


11
d0029363_23174019.jpg


12
クラシックハウス紀尾井内カフェ。

d0029363_23182109.jpg




























13
今日だけ贅沢して、
紅茶とプチケーキセットを注文しました。
1500円。

d0029363_23180419.jpg




























14
贅沢な一時、幸せでした。

d0029363_23181313.jpg










































---------------------------------------------------

by k_ogane | 2017-04-18 23:47 | お気に入り

740/ (お菓子)ウォーカーショートブレッド

2013/12/16(月・晴れ)

友人から頂いたクリスマスお菓子、開けて見たら、お菓子は
「ウォーカーショートブレッド」です。缶ケースの模様はなんと
英国女王ロイヤルファミリー。「ウィリアム王子・キャサリン妃。
エリザベス女王。チャールズ皇太子・カミラ夫人」。とても素敵、
とてもお気に入り。

1 
中見より菓子缶ケースに一目ぼれ。
d0029363_1835983.jpg


2 
この2つの缶ケースは「永久保存缶」。

d0029363_1841013.jpg


ウォーカー社(ホームページより)
1898年、スコッチウイスキーのメッカ、スペインサイドの小さな村に
ウォーカー社は誕生しました。“世界最高のショートブレッドを作る”こと
を夢にジョセフ・ウォーカーが、小さなベーカリーを開業したのです。
以来100年余、世界60カ国以上で愛されるスコットランド随一の
ショートブレッドメーカーとなった現在も変わることなく、良質の原材料に
こだわり、誰にも真似のできないジョセフ・ウォーカーの伝統のレシピ
を忠実に守り作り続けています。













-------------------------------------------------------

by k_ogane | 2013-12-23 18:30 | お気に入り

707/ 大和田駅舎内の鳩 

2013/09/12(木・晴れ)

昼ごろ、用で大宮へ出かけました。
大和田駅プラットフォーム連絡通路の上、
壁と天井の間に止まってる2羽のハト。

1
青い空を背に、仲良く黒い鳩の姿、見るだけで微笑ましくなります。
d0029363_1358484.jpg


2 
日常の不意な出会い、心が温まるひと時。
d0029363_13563396.jpg


一ヶ月半後の今日(10月28日)の大和田駅舎内、前回で見たハトが
止まった場所は、こんな風景に変わった。とってもショックでした。

3 
鳩の対策は針山・・ひどい。
d0029363_13341584.jpg


4 
ハトよけの対策、見た目は最低。
d0029363_13342471.jpg


ハトのフンを防止の対策、いろんな方法があります。
ハトを傷つけずに、一番大切。
針状のような針山、針の先端素材は、たとえ鋭利ではなく、鳩を刺し
傷つけることがないとしても、見た目では仁慈なき対策です。

5 
(10月31日)ハトが飛んできた、
憇の場に針山を見つめる、ハトは何を考えているでしょうか?
d0029363_147961.jpg
















----------------------------------------------------------

by k_ogane | 2013-09-18 14:07 | お気に入り

706/ ミッドタウンの空中散歩

2013/08/20(火・晴れ)

今日はミッドタウンへ、ミッドパークのアスレチックに挑戦
しました。きっかけは7月22日朝日新聞紙面の紹介でした。
「ビルの谷間 飛んでるみたい」という記事。
とっても楽しそう、写真を見るだけで、あ~、やってみたい
と思いました。

1  
7月22日朝日新聞紙面。

d0029363_17305588.jpg


2
昼前に、ミッドパークに来ました。人は思ったより少なかった。

パークのアスレチックは、スカイグライダー、ブレイブフォール、
クライムチャレンジ、東京3Dエスケープ、4種類があります。
今日挑戦したいのは、スカイグライダーとブレイブフォールです。
d0029363_1722222.jpg


3
アスレチック1回券¥800、平日4回セット券¥2.000。
今日は、お得な4回セット券(¥2.000)を買いました。ちょっとわくわくしてます。
d0029363_1722306.jpg


4 
クライムチャレンジ。
11mの立ちはだかる壁、クライミングにチャレンジする子どもたち。
d0029363_17223716.jpg


5 
スカイグライダー。
下から上を眺め、すごく格好が良い。上空を飛ぶ鳥のように、
空中ワイヤーを猛スピードで滑走! 
d0029363_17224388.jpg


6 
戦するのは若者ばかり。
私のような中高年者は一人もいませんでした。
ちょっと恥ずかしくなってきました。「やめようか」と思うようになりました。
d0029363_17224997.jpg


7
一人の中高年者もいれば、随分心が強くなります。
中高年者のチャレンジャー、一人もいない。困りました。
d0029363_17225691.jpg


8 
余計な考えも仕方がありません。入口に入りました。
d0029363_1723450.jpg


スタッフは全員若者です。滑り前、安全装備の着用をしてくれ
ました。若いスタッフは笑顔で、「大丈夫だよ、想像より怖くないです。」
と言いました。不安そうに高台に登りました。
高台にいるスタッフが、丁寧に簡単な説明後、いよいよ滑り態勢。

9 
おばあさんの空中散歩①

d0029363_1723124.jpg


10 
おばあさんの空中散歩②

d0029363_17232183.jpg


11 
おばあさんの空中散歩③

d0029363_17232932.jpg


風のように、一瞬の滑りですが、思ったより怖くなかった。
刺激満点、楽しかった。
(写真は下の若い女性に頼んで、撮ってもらいました)

12 
おばあさんの空中散歩④

d0029363_17233999.jpg


13 
次の挑戦はブレイブフォール。
一番高いところに登っていた、安全装備を着用後、下を見て、
先のスカイグライダーとは全然違い、高さが有る分で怖さが倍です。
ブレイブフォールはスカイグライダーより怖いです。

ここから逃げると笑われるから、目を閉じて、命綱一本で、10mの
ジャンプ台から、バンジージャンプのように、一気に飛び降りる。
飛び降りる瞬間、心臓が停まった。
d0029363_17234628.jpg


14
着地時、足が震え立つ力もなかった。これは、超怖かった。
4枚のセット券、結局ブレイブフォールを一回。
スカイグライダーを3回乗りました。終わった後、体全身が
緊張の汗で濡れてました。

d0029363_17235557.jpg


15
ミッドタウン内のスペイン料理「ボデガ サンタ リタ」で
昼食をしました。

d0029363_1724374.jpg


16 
前菜の3種のピンチョス。

d0029363_17241180.jpg


17 
トマトの冷製スープ。

d0029363_17242034.jpg


18 
メインの魚介類スペイン風スパゲティ。

d0029363_17242851.jpg


19 
アイスコーヒーと杏仁アイスクリーム。
運動後の食事、こんなににも美味しかった。
それにしても、オシャレな料理、値段は1300でした。
(平日昼ランチ)

d0029363_17244980.jpg


今日はミッドタウンパークのアスレチックに挑戦しました。
自分の若い頃、アウトドアとは無縁でした。「キャンプ」さえ
したことがありません。これから、過度なスリルがない若者
のスポーツ、機会があれば、やってみたいと思います。















------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2013-09-13 23:59 | お気に入り

291/ 白花ハマナス

2008/10/11(土)

利尻島への旅、帰ってから1ヶ月半経ちました、
今でも、島の風景を忘れません、時々夢に出てきます。

先月、24の旅のエントリーもアップしたので、新しいエントリー
は、しばらく休みと思っています。 そんな思いの中で、
今日、北海道の旅人の友人から ”白花ハマナス” の写真が
届いた。

私は旅していた時、白花ハマナス 一度も見かけたこと
はなかった。とても珍しいなので、ブログに載せます、
より多くの人にも見ていただきたいです。

1
d0029363_1813366.jpg


いつから?花を愛でる心が芽生えたを忘れた。
若い頃、花も好きですが、今のように ”感動” はなかった、
ただの ”綺麗” の思いだけでした。

2
d0029363_1813396.jpg


年を重ねると、自然の生物や草花に対する想いも変ってきました、
物を心の目で 観るようになります。
季節の花を見に行くだけで、往復5時間の電車も乗ったことがある。
なぜでしょう。

3
d0029363_181447100.jpg


北の大地を代表するクイーン花 ハマナス、その美しい白花を堪能
できたことを、送ってくれた友人に感謝します。















-----------------------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2008-10-11 12:38 | お気に入り

262/ 海辺のハマナス

2008/07/09(水)

旅人の友人が、先日 北海道からハマナスの写真を送ってくれました。
あまりにも 綺麗なので、写真はブログに載せます。

北海道道花ハマナス、私は写真しか見たことがありません。
去年の11月末、稚内旅行の時、ノシャップ岬で見たハマナスの赤い実、
それだけです。

1
海辺に咲く一輪のハマナス、なんとも言えず美しい。
d0029363_21452082.jpg


歌になるハマナスは、たくさんあります、
中で 一番有名なのは”知床旅情”と”宗谷岬”。

♪知床の岬にの咲くころ・・・
 ♪流氷とけて 春風吹いて・・ハマナス揺れる 宗谷の岬

いかに ハマナスの花は、たくさんの人に愛されています。
ハマナスは、旅情をそそる花なのでしょうか。

2          
d0029363_21461041.jpg


ハマナスは 主に海岸の砂地に自生している。 花言葉は
「悲しく そして美しく」。 夏の花も 冬の実も美しい、鮮やかで
芯の強い花を感じます。

3
d0029363_21465451.jpg


ハマナスの英語は ”ジャパニーズ・ローズ(Japanese Rose)”。
名前の由来は、浜に生え、ナシに形が似ている実を付けることから
ついた。”ハマナシ” という名が 訛ったものであって、茄子に由来する
ものではないだそうです。

写真を眺めると、ますます 夏の北海道へ、ハマナスの花を見に
行きたくなります。














-------------------------------------------------------

by k_ogane | 2008-07-09 01:27 | お気に入り

170/ 流浪の科学者

2007/07/29(日)

ネットで、「ある科学学者の巨大ホームページ」 を読んでいる。

いろんな分野で、カテゴリを細かく分けて、学術に関する記事は、
ごく一普通な家庭主婦の私には、理解できないものです。

先生が 長い研究生活に、見た、接觸した、たくさんの科学学者
の人間模様、その鋭い観察と温もりの描写、淡々とした叙述に、
一抹の哀愁を感じとった。

教授や学者 という肩書は、社会では尊敬される地位である。

外面で見られる形像と反対に、ひとりの人間として、研究仕事 と
定められた立場 とプライベートの生活、その辺の摩擦、苦悩、と
葛藤・・、記事を読んで、なんとも言えない心情になります。
私は 特に気になるのは、「科学者の哀れな話しシリーズ」
「裁判通信シリーズ」
です。  

「裁判通信シリーズ」、このシリーズは、一トップ科学学者が
冤罪にかかれた始末、と現在の日本司法、と独房生活171日
の獄中手記・・、生々しい記事を読んで、心が痛みます。  

「科学者の哀れな話しシリーズ」 の中に、一番胸に残るのは
「流浪の科学者」
」 のエントリーです。

●文の最後に・・
「・・自分の人生を世界史にモミクチャにされた科学者なのである。
人生はやり直せるものではない。けれども、せめて自分に代わって
子供に人生をやり直して欲しい、と思っているに違いない。」

たまらなく、何ともやり切れない思いが湧いてくる。

















-----------------------------------------------

by k_ogane | 2007-07-29 01:08 | お気に入り

69/ 美しい言葉~手話

2006/08/01(火)

手話は、美しく静かな言葉です。
その”コンミュニケーション”を見るたびに、いつも見とれてしまい、
なんて素敵な言語だろう、と思いました。

先日、用があって区役所へ行きました。ロピーで順番を待つ時、
一番前の座席に二人が座っていて、会話を交わしていました。 
背後から見た姿で、おばさん風の一人は唖者、もう一人若い
女性は役所の手話通訳者みたい、書類申請の説明をしている
らしい。

「手話」はこんなに近くで見たのは、初めてです。 
女性方はきびきびとした手ぶりで、一つ一つの手順をおばさん
に説明する風景を見ると、胸にほのぼの、なんとも言えない優しさ。

社会にいろんな人々が共生している。 自分が当たり前の世界は、
ある人達にとては、努力しないと、「当たり前」のことは手に入らない
です。 いつも自分の視線からまわりを見るのはいけない、と再気が
つきました。

街で、不意な「出会い」で、心に降り注ぐ小さな優しさ。 
「自分だけ楽しい生き方はいいですか?欲求不満ばかりより、自分
より弱い、助けが必要な人に、手を伸ばしてあげたい。そのため、
身につける知の大切さ。」、とつくづく考えました。














----------------------------------------------------

by k_ogane | 2006-08-01 05:10 | お気に入り

63/ かたくりの花

2006/07/12(水)

かたくりの花、初めて知ったのは、4年前でした。
それまで、「かたくり粉」しか知りませんでした。

ネットで見たかたくり花の写真、花の大きさはユリと同じ、高さは
バラ木と同じくらいと思いました。実際の花を見ると、莖が短く、
十数センチ位低い小さな花です。林床に咲いて、それほど
目立つ花ではない。

ネットで見たイメージを頭に、実花と出逢った時、ちょっとがっかり。 
ネットでの美しい花は、レンズで大きくしたマイクロ世界の花素顔です。

花が咲くまで、7~8年の長い歳月を要することは、万花の中に
きわめて少ない。 その長い年月に潜める命の蘊蓄を想うと、
目の前に潔く咲く姿が、幽かな花言葉が聞こえてくるよう、美しさ
の重みが胸に沁みる。

長い花びら、うつむいて咲く姿は、シャイな少女のよう、
花言葉「初恋」、とはぴったり。
その凝った気品は、とても好き。


















-------------------------------------------------

by k_ogane | 2006-07-12 09:44 | お気に入り

62/ 星空を眺める

2006/07/07(金)

子供の時から、星空を眺めるのが好きでした。

日本に来てから、忘れられない夜空は、いくつかありました・・
来てまもない時、ある日の夜に、大学の図書館から大学の寮への
帰り道、広いキャンパスを通りぬけ。異国の深秋、夜風が肌寒い、
口から息を吐きながら冷たい手を温め、なんとなく上を見上げ。
月無き暗闇の空に、数えきれない星々がきらめき、あまりにも
綺麗過ぎ、目が潤い・・




初めて行った沖縄、北の”本部”に、海洋博公園の近くホテルに
泊る。夕食後、潮音と海風に誘われ、夜の浜辺へ散歩。天辺まで
深藍の海に輝く銀波、それにマッチする、深藍の夜空に満天輝く
砂星。忘我の一瞬に胸が熱く・・

今は、都会に住み、きれいな星空がなかなか見られない。
日常の生活に追われ、何にもかも嫌な時、いつも車で近く
の見沼田圃へ、星空を見る。 一望の田圃の隅に、車を止め、
車明りを消し、車内から星空を眺め。 星屑散りばめた夜空、
暗闇だけの夜空、雲だらけの夜空、・・いろいろな
夜空模様。星が見えなくても、夜空を眺めるだけで、平静心を
取り戻す。















---------------------------------------------

by k_ogane | 2006-07-07 01:10 | お気に入り