kotoe's notebook

1055/ (輪島上大沢)間垣の里

~2016/02/20~22「奥能登・金沢・東尋坊」の旅(9)~

2016/02/21(日・風雨曇晴)

日本海の強風が生んだ町並み・上大沢町の「間垣の里」

バスが輪島市を離れ、山道を車で走ること約40分後、
目の前に冬の日本海が広がり、竹の垣根でぐるりと囲まれた
小さな村が現れます。
NHK連続朝ドラ「まれ」のゆかり地にもなった輪島の秘境、
海沿いの家には、軒先より高い「間垣」が多く見られます。

1
日本海側の上大沢町。
d0029363_22414838.jpg


2
d0029363_2242490.jpg


3
駐車場から見た上大沢町の「間垣の里」。
d0029363_22534248.jpg


4
駐車場近くの公衆便所板の「間垣」。
d0029363_22435587.jpg


5
公衆便所板の垣根の裏。
d0029363_2244634.jpg


6
立ってもいられないほど強風が吹いていました。
d0029363_2242137.jpg


7
d0029363_22422259.jpg


8
「間垣とは、長さ約3メートルのニガ竹という細い竹をびっしりと
隙間なく並べてつくった垣根のこと。」
d0029363_22423146.jpg


9
「間垣は、日本海から吹き付ける冬の風から家屋を守るためのもので、
冬は暖かく、夏は陽射しを遮るためとても涼しいのだとか。」

d0029363_22425612.jpg


10
「日本海から吹き付ける強い潮風から家を守る竹の垣根で、
奥能登の厳しい自然の中で暮らす人々の知恵を見ることができます。」

d0029363_2242466.jpg


11
それぞれの家に出入りできるように、間垣の一部が切り取られています。
この小さな空間を車が通るのです。
d0029363_22423977.jpg


12
d0029363_22432297.jpg


13
間垣の中は、昔風情のある町並みが広がっています。
間垣の内側にいると、間垣外の強風は弱くなった気がしました。

d0029363_22433429.jpg


14
「竹の間垣には程良い隙間があるため、土塀やブロック塀とは異なり、
強風が隙間を通り抜けていきます。その仕組みのお陰で、間垣自体も
強風による倒壊を防いでいるのです。」

d0029363_22431480.jpg


15
d0029363_2243482.jpg


16
間垣の中に、今でも住民の居住スペースでもあり
添乗員さんが「住民皆さんの迷惑にならないよう、
見学と撮影時、十分な配慮をお願いします」と言いました。

d0029363_22434413.jpg


17
20分の見学でしたが、とっても良い勉強でした。
d0029363_22441715.jpg


18
上大沢の不思議な町並みは、厳しい自然と共存してきた昔人たちの
生活の知恵がもたらしたものだったのです。

d0029363_2244278.jpg


~つづく














---------------------------------------------------------

by k_ogane | 2016-04-10 22:00 | 旅に出る
<< 1056/ 能登金剛巌門 1054/ 輪島朝市 しおやす... >>