kotoe's notebook

843/ (香川県)屋島

~2014/08/24~26瀬戸内海の旅(7)~

2014/08/25(月・晴れ)

徳島県霊山寺のあとは、香川県屋島にきました。

正直で、四国の観光地の歴史は、私はほとんど無知でした。
とにかく見た風景をカメラに収めて、帰ってからゆっくり調べます。

1 
屋島地図。
d0029363_10503436.jpg


2 
屋島ドライブウェイ。
「屋島ドライブウェイ長さ3,664m。香川県高松市にある自動車道における
有料道路。1961年開始され、屋島山上へのアクセスルートとなっている。」
d0029363_10511746.jpg


3 
屋島ドライブウェイを走る約10分、車窓からの眺めはとてもきれい。
d0029363_1051345.jpg


4
「屋島は瀬戸内海国立公園にある海抜293メートルの半島形溶岩
台地である。頂上部が平坦で、その形状が屋根に似ている所から
屋島と名づけられた。1934年(昭和9年)3月16日に国立公園として
初の瀬戸内海国立公園に指定された。」
d0029363_10514177.jpg


5
「白村江の戦いの後、667年(天智天皇6年)に屋嶋城が築かれ、山上全域が
城とされている。また、唐僧の鑑真が創建したとの伝承をもつ屋島寺がある。
さらに、東岸の入江の一帯は源平合戦の屋島古戦場である。
その他、長崎鼻古墳・屋島経塚・長崎鼻砲台跡などを有し、1934年(昭和9年)
11月10日に屋島全域が国の史跡『屋島』に指定された。」
d0029363_10514937.jpg


6 
屋島マップ。
d0029363_11334411.jpg


7 
血の池。
「別名『瑠璃宝池』ともいい、屋島寺創建のとき、宝珠を本堂の前に
埋め、そのまわりに池を掘ったのでその名がある。源平合戦の折、
義経はじめ源氏軍が血刀を洗ったところ池はまっ赤に染まったといわれる。」
d0029363_10515838.jpg


8 
屋島寺。

d0029363_10523639.jpg


9 
屋島寺は四国霊場第八十四番。

d0029363_10521652.jpg


10 
屋島寺。
d0029363_1052640.jpg


11 
屋島寺本堂。
「室町時代の再建と伝わる朱塗りの本堂は、本尊の千手観音座像と
ともに国指定の重要文化財。」
d0029363_10533291.jpg


12
d0029363_10524856.jpg


13 
蓑山大明神。
「屋島本尊千手観音の御申狸として善行をつむため、四国狸の大将として
あがめられている。屋島に異変があるとき、事前に住職にしらせたという。
家庭円満、縁結び、水商売の神様。」
d0029363_10532447.jpg


14 
屋島寺宝物館。
「宝物館には、平安時代の薬師如来坐像や源平合戦の遺品など
寺宝を展示。」
d0029363_10534260.jpg


15
d0029363_10525861.jpg


16 
三躰堂(さんたいどう)。
「千手観音を安置する千躰堂、弘法大師・空海を祀る大師堂と並び立つ。」

d0029363_10531027.jpg


17
d0029363_1054120.jpg


18 
樹齢344年ほどの「可正桜」。
d0029363_1054105.jpg


19 
可正桜。
「この老桜は、高松藩士松平半左衛門可正が老後の楽しみとして寛文五年
(1665)に、屋島寺石段の左右に七株を植えました。そのうち六株は枯れ、
残った一株を現在の地に移植したものです。可正は次のような歌も残しています。」
『花の時 人きてもしも問うならば 可正桜と名を知らせてよ』
d0029363_10542029.jpg


20 
獅子の霊巌。
「内海に突き出た断崖に、海に向かって吼えているような獅子そっくり
の岩がそそり立っている。瀬戸内海随一の展望といわれている。」
d0029363_10544892.jpg


21 
かわら投げ。
「合戦に勝った源氏の将兵が陣笠を山上から投げて勝どきをあげた
古事にならい、小さな素焼きのカワラケを投げ飛距離を競うもので、
屋島名物の一つ。遠投力ではなく風にうまく乗せるのがコツ。
戦勝にちなみ、受験の合格祈願にも霊験があるとか。
かわらは展望台の売店にて売っております。」
d0029363_11245818.jpg


22 
獅子の霊巌からの眺め。
d0029363_10545688.jpg


23 
獅子の霊巌からの眺め。
d0029363_105578.jpg


24 
獅子の霊巌に建つ「れいがん茶屋」。
d0029363_10543091.jpg


25 
眺望が素晴らしい「れいがん茶屋」。
d0029363_10543919.jpg


26 
昼食は「れいがん茶屋」で。釜あげうどん、¥500。
d0029363_1055195.jpg


27 
釜あげうどんは冷たくて、美味しかった。

d0029363_10553031.jpg


28 
売店で買った”ゆずアイス”。¥160

d0029363_10554690.jpg



~つづく















----------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-09-17 12:24 | 旅に出る
<< 844/ 高松港から小豆島池田港へ 842/ (徳島)霊山寺四国八... >>