821/ (鳥取)すなば咖啡

~2014/06/17~19山陰の旅(7)~

2014/06/18(水・曇り雨)

足立美術館(島根県)を見学後、バスは約2時間走った後、鳥取県に
入りました。今晩の宿は、鳥取駅前の「ホテルニューオータニ鳥取」です。

1 
ホテルニューオータニ鳥取。
d0029363_20342646.jpg


2 
広々としたホテルのロビー。
d0029363_20344422.jpg


3
夕食(17:30~)後、相部屋友のヒサフジさんと二人で、鳥取駅辺りを
散策しました。19:10という時間、空はまた明るい。
d0029363_2035401.jpg


4
駅内のショッピングセンター「シャミネ」で、いろいろなショップを見て、
雑貨とお菓子などを買いました。
d0029363_20354996.jpg


5 
駅の外を出ると、空が少し暗くなりました。(19:52)
d0029363_20355814.jpg


6 
うわさの「すなば咖啡」を見に来ました。(駅の近く)
らくだの絵は、なかなかチャーミングです。
d0029363_20361041.jpg


7 
「すなば咖啡」の文字もいい感じです。
d0029363_20361875.jpg


8 
鳥取知事の名言:
「鳥取にはスタバは無いですけれども、日本一のスナバ(砂場)があります。」
このことをテレビの報道で見たので、是非鳥取県を応援したいの思いで、
旅友を誘って、店の前にきました。

しかし、中に入ろう「すなばコーヒー」を飲んでみたいですが、
「すなば咖啡」は密室喫茶店のように、女性には入り難かった。

鳥取県をアピールしたいなら、「すなば咖啡」は開放的オシャレな
カフェになってほしい。ドア閉め、窓もないカフェは、不気味なカフェです。
せっかく「すなば咖啡」を応援したい、わざわざ来ましたが、2人とも入る
勇気がないので、残念でなりません。
d0029363_20362774.jpg


9 
鳥取駅辺りを散策後、20:00ホテルに戻りました。
昨日の相部屋友はフクジマさんでした。今日の相部屋友はヒサフジさん。
旅で、相部屋友が変わったのは初めてです。

その後、相部屋友が変わった理由が分かりました。
ヒサフジさんは、昨夜の相部屋友とは合わなかったので、添乗員さん
に「相部屋友を変わりたい」と申し出をしたのです。

ツアーの一人参加、初対面の人と同じ部屋に宿泊することは、なかなか
難しいです。でも、自分は初対面の人(同性)と打ち解けやすい。
コツはありません。自然体で人と接して、一緒に楽しい時間を過ごす
ことが出来ると思います。
d0029363_20364748.jpg


10 
部屋のキー、5階514室。

d0029363_203772.jpg


11 
地域限定飲料「出雲はとむぎ茶」。(¥150)

d0029363_20371687.jpg


12 
沖縄シークワァサードリンク。(¥157)
これは大好き。ヒサフジさんと一緒に飲みます。
d0029363_20372510.jpg


13 
その後、ヒサフジさんはビール、私はカプチーノ(家から持てきた)。
部屋で二人は楽しいドリンクパーティー。
d0029363_20373415.jpg


14 
ヒサフジさんはビールが大好き。1、2、3、4、プラスワイン一本。
こんな酒好きな相部屋友に遭ったのは初めてです。酔ったらどうする?
と心配になりました。

その後、4本のビールとワイン一本、5本の酒を全部飲み干したヒサフジさん
は気持ちよさそうにベッドに横になって、一分も経たないうちに、いびきを
かきながら寝てしまいました。おばさん子どもみたい。
d0029363_20374572.jpg


15 
朝、目が覚めました。(5:10)
ヒサフジさんのいびきは気にせず、一夜よく眠れました。
d0029363_20375348.jpg


16 
部屋の窓から、鳥取駅の上に電車が走ってます。(5:19)
こんな早い時間の始発電車は、何の電車ですか?と調べました。
「鳥取駅5:18発、智頭急行」です。
d0029363_2038253.jpg


17  
6:30~朝食バイキング。今日バスの出発時間は8:10でした。
旅の3日目、今日のバス座席も一人で2席。ありがとうございました。

d0029363_20381486.jpg


18
バス内、自分の靴が穴が空いたのは気つきました。
今日は鳥取砂丘、天橋立などの観光。もし、靴の穴が大きくなって、
履けなくなり、裸足で羽田に戻ることを想像したら、焦ってきました。

添乗員さんに言って、一応テープで貼りました。
あとは、行楽地で靴屋があることを祈るだけ。
d0029363_20382479.jpg



~つづく















--------------------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-10 00:33 | 旅に出る