820/ (島根)足立美術館

~2014/06/17~19山陰の旅(6)~

2014/06/18(水・曇り雨)

出雲大社を見学後、バスは20分走った後、足立美術館にきました。

日本庭園の美しさでも知られる足立美術館、前から行って見たいと
ずっと思います。とてもわくわくしています。

1
d0029363_14444764.jpg


2
d0029363_14445586.jpg


3 
館内に入ってから、
一気なり正面にある大きな窓風景に、目を奪われました。
d0029363_14451195.jpg


4
d0029363_14451876.jpg


5
d0029363_14452743.jpg


6
d0029363_1445274.jpg


7
d0029363_14454143.jpg


8
d0029363_14455034.jpg


9 
庭園日本一。2003年から11年連続。
d0029363_1446059.jpg


10 
庭園に創設者足立全康の銅像。
「足立全康氏は庭園をこよなく愛し、91歳で亡くなるまで、自分の目
と足で全国から植栽の松や石を蒐集し、庭造りに情熱を傾けました。」

50,000坪におよぶ6つの庭園は、四季折々にさまざまな表情を醸出します。
自然美と人工美が完璧に調和した庭園。
d0029363_1446988.jpg


11 
銅像下の碑字は、「案内する足立翁」。銅像の作者は北村西望氏。
d0029363_14461872.jpg


12
「足立美術館の庭園は、米国の日本庭園専門誌”ジャーナル・オブ・
ジャパニーズ・ガーデニング”の日本庭園ランキングで、かの有名な
桂離宮を抑え、5年連続第1位に輝き名実ともに世界一の日本庭園
として名を轟かせています。」
d0029363_14462632.jpg


13 
ぼーっと眺めました。
d0029363_14463586.jpg


14 
美術館内の優れる展示品より優れる庭園です。
d0029363_14464464.jpg


15 
館内の壁に「庭師たちにより年間の手入れ表」。
よく見ると、そのスケジュールの作業はほぼ毎日です。
美しい庭園の維持は、毎日庭師たちの丹念な作業です。
d0029363_14465336.jpg


16 
館内の喫茶室「翠」。
d0029363_1447437.jpg


17 
「翠」に入りました。飲み物は千円均一です。

d0029363_14471978.jpg


18 
日本一の庭園をゆっくり眺めることができるカフェ。
d0029363_14472829.jpg


19  
¥1000の抹茶ラテ、決して高くありません。

d0029363_1447414.jpg


20 
喫茶室「翠」内の抹茶ラテタイム、素晴らしい眺めをありがとう。
d0029363_14485984.jpg


21 
アイス抹茶あずきラテ。¥1000
d0029363_1449820.jpg


22
d0029363_14491711.jpg


23
d0029363_14492887.jpg


24 
池庭。
d0029363_14493973.jpg


25
d0029363_14495344.jpg


26 
白砂青松庭。
d0029363_1450363.jpg


27
d0029363_1450136.jpg


28
美しい庭園のほか、館内の展示物、横山大観、北大路蜀山人、
河合寛二郎の日本を代表する陶芸家、日本画家の作品を存分に
堪能しました。
d0029363_14502531.jpg


29 
素敵な庭園とたくさん優れる美術品を観賞し、すてきな時間でした。
d0029363_14503422.jpg


30 
喫茶室「大観」。
d0029363_14504483.jpg


31 
ミュージアムショップ。
d0029363_14505388.jpg


32 
館外、おみやげショップの軽食席。
d0029363_1451268.jpg


今日の午前、出雲大社見学。午後、足立美術館見学。うるおい旅に感謝します。

・足立美術館

~つづく















---------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-07-09 16:29 | 旅に出る