kotoe's notebook

790/ (釧路阿寒)アイヌコタン

~2014/02/25~27オホーツク海流氷の旅(17)~

2014/02/26(水・晴れ)

阿寒湖「幸福の森商店街」を真っ直ぐ歩くと、右に大きな建物
「あかん湖鶴雅リゾートスパ鶴雅ウィングス」があります。
建物正面の通りを直行すると「アイヌコタン」の巨大アーチが見え
ます。

暗闇の「アイヌコタン」散策、一人で心が少々細かった。
何軒の店の明りを見ると少し安心しました。意外にも台湾若者
カップルたち何人見えました。

1
アイヌは、日本とロシアにまたがる北方先住民族である。
「コタン」は、アイヌの「集落」、または「部落」のことである。
d0029363_1072290.jpg


2
アーチに巨大なフクロウ。写真を撮る私をじっと見つめるようで、
ハリーポッター映画のシーンを思い出した。雰囲気にぴったり。
d0029363_1073119.jpg


3
「アイヌ民族はシサム(和人)が渡来するより古くから日本列島に住んで
いた先住民、とエカシ(長老)・フチ(媼(オウナ))より伝えられています。
祖先は、この地をアイヌモシリ(人間の静かなる大地)と呼び、自然界を
カムイ(神々)として謙虚に祈り、自然の恵みに感謝をし、
『カムイありて我あり、我ありててカムイあり』との互助精神で、
自然を改造・破壊・汚染することなく生活してきた民族です。」
d0029363_1073884.jpg


4
「”アイヌコタン”では、アイヌの民芸品と踊りの発信地です。
アイヌ古式舞踊をはじめとする舞踊や演劇を毎日上演するとともに、
アイヌ生活記念館や、森と湖の藝術館などがあり、昔からのアイヌの
生活や文化を学ぶことができます。」
d0029363_1074639.jpg


5
「ムックリの講習会やアイヌ民族の歴史の講話などもあり、
アイヌに関するいろんなベントが盛りだくさんです。
アイヌは文字を持たず、”ユーカラ”という叙事詩が口承で、
代々伝えられてきた。」
d0029363_1075413.jpg


6
このフクロウの後ろの建物は、アイヌコタンの「オンネチセ」です。
「オンネチセ」のアイヌ語意味は、「親なる家」だそうです。
「オンネチセ」では、アイヌ古式舞踊がおこなわれています。

d0029363_1084156.jpg


7
d0029363_10816100.jpg


8
d0029363_1082477.jpg


9
阿寒湖のアイヌコタンには30軒ほどの 個性的な民芸品店があり、
それぞれの店で 一流の木彫り師による独創的な作品が作ら れています。
d0029363_1092554.jpg


10
d0029363_1084979.jpg


11
木彫りの作品を中心に動物や 鳥などをモチーフにした小物
や美しいアク セサリー、アイヌの楽器ムックリなどのさ まざまな
商品があります。

d0029363_109524.jpg


12
アイヌコタンには、民芸品おみやげ店のほか、アイヌ料理のお店、
喫茶店などもあります。
d0029363_1085633.jpg


13
d0029363_1091592.jpg


14
d0029363_1093516.jpg


15 
「歓 アイヌ部落 迎」
d0029363_109447.jpg


夜のため、アイヌコタン内の店や飲食店など、よく見ることが出来なかった。
次回来る機会があれば、昼間に再訪したいと思います。

~つづく















-------------------------------------------------

by k_ogane | 2014-03-27 15:45 | 旅に出る
<< 791/ (釧路)阿寒湖氷上フ... 789/ (釧路阿寒町)幸運の... >>