kotoe's notebook

625/ レ・ミゼラブル

2013/01/09(水・晴れ)

水曜日の今日、映画館はレディースデイ、前から見たい映画
「レ・ミゼラブル」(Les Misérables)を見に行きました。

この映画の原作はフランス作家ヴィクトル・ユーゴー氏が1862年に
書いた小説であり、私は中学生の時、本を読んだことがあります。
当時、とても感銘を受けました。(中国名「孤星涙」)
本は1985年にミュージカルとして、全世界で公演された。
今回はスクリーンに初登場なので、さっそく見に行きました。

1
「愛とは、生きる力。」 とても心に響く言葉。
d0029363_1420619.jpg


映画のすごいところは、
監督を務めたのは、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー。
彼はミュージカル映画としては、異例の撮影現場で、ピアノ伴奏に
合わせて歌う「ライブレコーディング」方式を選んだ。
舞台のキャリアがある俳優たちを集め、俳優たちの高ぶった感情を、
見事に映画として切り取ってみせている。


2 
「孤星涙」(中文訳)

d0029363_14201670.jpg


・感想
映画は想像より以上素晴らしい。
ミュージカル俳優の鳥肌が立つ演技、迫力ある魂こもった歌声、
歌詞の内容に心を揺さぶられました。泣ける感動映画です。
許し、許され、愛し、愛されることの大切さ、さまざま愛の形に
感動しました。
出来るなら、歌のメッセージを全部覚えたいです。
2013年始に、こんな素晴らしい映画に巡り会えて、心から感謝します。
















------------------------------------------------

by k_ogane | 2013-01-11 16:05 | 映画
<< 626/ ホワイトの成人の日 624/ 新年表参道散歩 >>