(宮古島) 東平安名崎灯台

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(16)

2017/06/10(土・晴れ)

東平安名崎灯台(=平安名崎灯台):
「岬の先端に平安名崎灯台(海抜43m、光達18海里。1967年初点灯)が設置されている。
灯台は参観灯台で、内部を見学し、上に登ることができる。
灯台の上からだと周囲320度が海なので、水平線が丸く見える。このように眺望が
良いため、初日の出の名所でもあり。」

東平安名崎灯台の見学は有料です。灯台内にに入って見ました。
灯台頂上からの眺めはとても素晴らしかった、目と心が洗われました。

1
東平安名崎灯台。
d0029363_00481621.jpg


2
東平安名崎灯台。
「灯台内部、灯室部分まで97段の階段があります。上の踊り場に出て、
東平安名岬、東シナ海、太平洋などを見渡すことが出来る。」
d0029363_00500670.jpg


3
平安名崎灯台。
d0029363_00501853.jpg


4
「平安名崎灯台」歴史:
「・1967年(S42年)、設置、初点灯。当初は琉球政府が管理しており、
  『東平安名崎灯台』と呼ばれた。
 ・1972年(S47年)、本土に復帰に伴い、管理業務が海上保安庁に引き継がれ、
  名称も『平安名崎灯台』に改名された。
 ・1996年(H8年)、参観灯台として、一般公開を開始。」
d0029363_01090283.jpg


5
灯台入場受付。
d0029363_00502273.jpg


6
入場券200円。
d0029363_00502862.jpg



7
d0029363_00503340.jpg


8
d0029363_00503837.jpg


9
d0029363_00504441.jpg


10
d0029363_00504967.jpg


11
灯台内最上部の照明器具。
d0029363_00505426.jpg


12
灯台内最上部の照明器具。
d0029363_00510055.jpg


13
灯台最上部の出口。
d0029363_00510633.jpg


14
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00511223.jpg


15
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00511730.jpg


16
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00512218.jpg


17
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00512852.jpg


18
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00513238.jpg


19
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00514468.jpg


20
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00515271.jpg


21
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00515891.jpg


22
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00520422.jpg


23
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00521235.jpg


24
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00521911.jpg


25
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00522555.jpg


26
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00523200.jpg


27
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00523803.jpg


28
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00524456.jpg


29
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00525256.jpg


30
(東平安名崎灯台)頂上からの眺め。
d0029363_00530059.jpg


31
灯台頂上から降りました。
d0029363_00531489.jpg

32
d0029363_00541214.jpg

33
d0029363_00542143.jpg


34
灯台一階。
d0029363_00544129.jpg


35
灯台出口(入り口と同じ)。
d0029363_00544869.jpg


36
受付隣りの灯台資料室。
d0029363_00545638.jpg


37
参観思い出ノート。
d0029363_00550382.jpg


38
書きましたよ。
d0029363_00551260.jpg


~つづく














---------------------------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-07-15 01:26 | 旅に出る

(宮古島) 東平安名崎

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(15)

2017/06/10(土・晴れ)

”東辺名崎見晴台”で”東平安名岬”を堪能しました後、バスは”東平安名崎”に移動
してきました。
宮古島の最東端、島一の景勝地「東平安名崎」。
細長い約2km続く東平安名崎、岬の先端には「平安名崎灯台」があります。

1
東平安名崎。
d0029363_13340421.jpg


2
この近くは保良漁港。
d0029363_13343403.jpg



3
d0029363_13351684.jpg



4
マムヤの墓石。
「妻子のある男との恋に破れ、この岬から身を投げた、という伝説で
知られる絶世の美女”マムヤ”のお墓石(岩陰墓)です。」
(洞窟の中は不気味で、写真を撮りませんでした)
d0029363_18412085.jpg


5
見晴台の建物。
d0029363_18200437.jpg


6
宮古島「トライアスロン」マーク。
d0029363_18195884.jpg


7
球体のモニュメント。
d0029363_18201163.jpg



8
日本最南端の人力車。
d0029363_18202765.jpg


9
宮古民謡の三線演奏もしてくれます。
駐車場から灯台までの往復1kmのコース。2名で2000円。
d0029363_18203330.jpg



10
d0029363_18205498.jpg



11
d0029363_18205923.jpg



12
d0029363_18211825.jpg


13

d0029363_18212341.jpg



14
d0029363_18213746.jpg



15
d0029363_18215111.jpg



16
d0029363_18215823.jpg



17
d0029363_18220392.jpg



18
d0029363_18221296.jpg



19
d0029363_18222064.jpg



20
d0029363_18223455.jpg



21
d0029363_18224339.jpg



22
d0029363_18225213.jpg



23
d0029363_18232729.jpg


24
d0029363_18233646.jpg



25
d0029363_18235047.jpg



26
d0029363_18235790.jpg



27
d0029363_18240532.jpg



28
d0029363_18241475.jpg



29
d0029363_18242198.jpg



30
d0029363_18243020.jpg



31
ハマヒルガオ。(浜昼顔)
d0029363_18243794.jpg



32
ハマヒルガオ。(浜昼顔)
d0029363_18244686.jpg



33
グラジオラス。
d0029363_18252210.jpg



34
ハマユウ(浜木綿。別名:ハマオモト)。
d0029363_18252876.jpg



35
テッポウユリ(鉄砲百合)。
d0029363_18253676.jpg



36
テリハクサトベラ(照葉草扉)。
d0029363_18254439.jpg

~つづく














--------------------------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-07-13 23:36 | 旅に出る

(宮古島) 東平安名岬

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(14)

2017/06/10(土・晴れ)

「東平安名岬は沖縄県宮古島市城辺字保良に位置し、太平洋及び東シナ海に面する岬。
沖縄方言で東のことを『あがり(太陽が上がる)』と呼ぶことから、『あがりへんなざき』
とも読む。また、宮古方言では『あがりぴゃうなざき』と呼ばれている。」

1
東平安名岬。(東辺名崎見晴台から)
d0029363_22434638.jpg


2
東平安名岬。(東辺名崎見晴台から)
「宮古島の南東端から南東方向に突き出た、長さ約2km、幅最大160m、
標高約20mの細長い半島で、隆起サンゴ礁の石灰岩からなりたつ。」
d0029363_09533276.jpg


3
東平安名岬。(東辺名崎見晴台から)
d0029363_23332376.jpg


4
東平安名岬。(東辺名崎見晴台から)
d0029363_23333382.jpg


5
東平安名岬。(東辺名崎見晴台から)
d0029363_23334421.jpg


6
東平安名岬。(東辺名崎見晴台から)
d0029363_23335096.jpg


7
東辺名崎見晴台から。
d0029363_23335530.jpg


8
東辺名崎見晴台から。
d0029363_23340061.jpg


9
東辺名崎見晴台から。
d0029363_23340727.jpg


10
東辺名崎見晴台。
d0029363_23341397.jpg


11
東辺名崎見晴台。
d0029363_23341893.jpg


12
東辺名崎見晴台。崖上のテッポウユリ(鉄砲百合)。
「東平安名岬半島上は平坦だが、海岸は断崖で、強風が吹き寄せている。
このため、テンノウメやイソマツを中心とした風衝地特有の植物群落が
成り立っており。1980年に『東平安名崎の隆起サンゴ礁海岸風衝植物群落』
として沖縄県の天然記念物に指定されている。」
d0029363_23342389.jpg


13
東辺名崎見晴台。
ハマユウ(浜木綿。別名:ハマオモト)。海岸でよく見かける花。
d0029363_23342974.jpg


14
東辺名崎見晴台。
海岸に似合う花「ハマユウ」。
d0029363_23343686.jpg


15
東辺名崎見晴台。
d0029363_23344322.jpg


16
ガーベラっぽいの花。(東辺名崎見晴台)
d0029363_23345593.jpg


17
グラジオラス。(東辺名崎見晴台)
d0029363_23350276.jpg


18
東辺名崎見晴台。
無人冷たい飲料販売箱。コカコーラ一本を買いました。
天気はとても暑かった。無人冷たい飲料販売を置いた地元の方へ、感謝します。
d0029363_23350874.jpg


~つづく














-------------------------------------------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-07-11 00:12 | 旅に出る

(宮古島) 来間大橋

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(13)

2017/06/10(土・晴れ)

来間大橋
「来間大橋は沖縄県宮古島南西部に位置し、宮古島と来間島とを結ぶ全長1690mの橋。
1988年7月に着工し、1995年3月に開通。
50トン級の船舶が航行出来るように、中央部が盛り上がった形状をしており、中央部の
海面から桁下までの高さは13.5mとされている。
車道の下には、宮古島の地下ダムから灌漑用水や電気を送るパイプラインが付設され、
来間島の農業を支えている。」

1
来間大橋
d0029363_00490962.jpg



2
d0029363_00491467.jpg


3
来間大橋
d0029363_00491941.jpg



4
d0029363_00492540.jpg


5
来間大橋
d0029363_00493167.jpg



6
d0029363_00494098.jpg


7
来間大橋
d0029363_00494586.jpg



8
d0029363_00495003.jpg


9
来間大橋
d0029363_00495557.jpg



10
d0029363_00500072.jpg



11
来間大橋
d0029363_00500657.jpg



12
d0029363_00501156.jpg



13
来間大橋
d0029363_00501705.jpg



14
来間大橋展望台
d0029363_00502244.jpg



15
来間大橋展望台
d0029363_00502758.jpg



16
来間大橋展望台
d0029363_00503206.jpg



17
来間大橋展望台
d0029363_00484762.jpg



18
d0029363_00485201.jpg



19
来間大橋展望台
d0029363_00485823.jpg




20
d0029363_00490326.jpg



21
来間大橋展望台
d0029363_00484167.jpg


~つづく














------------------------------------------------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-07-06 00:58 | 旅に出る

(宮古島) 与那覇前浜ビーチ

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(12)

2017/06/10(土・晴れ)

「与那覇前浜ビーチは宮古島では「マイパマビーチ”」と呼ばれ親しまれている。
延々と7kmも続く真っ白い砂浜は、東洋一といわれ。きめ細やかな白砂
と透き通ったコバルトブルーに輝く海とのコントラストは目を見張る美しさです。」

与那覇前浜ビーチはとてもとても美しい綺麗なビーチ、夢中に写真を撮りまくりました。
いつか、必ず与那覇前浜ビーチを再訪します。

1
与那覇前浜ビーチ。
d0029363_22041314.jpg



2
d0029363_22013909.jpg



3
与那覇前浜ビーチ。
d0029363_22031113.jpg



4
d0029363_22034471.jpg



5
与那覇前浜ビーチ。
d0029363_22051353.jpg



6
d0029363_22054429.jpg



7
与那覇前浜ビーチ。
d0029363_22130767.jpg




8
d0029363_22121797.jpg



9
与那覇前浜ビーチ。
d0029363_22122556.jpg



10
与那覇前浜ビーチ。(来間大橋)
d0029363_22124467.jpg



11
与那覇前浜ビーチ。(来間大橋)
d0029363_22125080.jpg


12
来間大橋。
d0029363_22250803.jpg



13
来間大橋。
d0029363_22251641.jpg



14
来間大橋。
d0029363_22252914.jpg



15
d0029363_22261820.jpg



16
d0029363_22262508.jpg



17
d0029363_22385327.jpg



18
d0029363_22390828.jpg



19
d0029363_22392395.jpg



20
ハマヒルガオ。(浜昼顔)
浜辺でよく咲くハマヒルガオ。好きな花です。
d0029363_22393175.jpg



21
ハマヒルガオ。(浜昼顔)
d0029363_22394501.jpg



22
ハマユウ。浜辺でよく見かける花。
d0029363_22400107.jpg



~つづく














------------------------------------------------------------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-07-01 23:11 | 旅に出る

(宮古島) ホテルの部屋から見た風景

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(11)

2017/06/10(土・晴れ)

朝起きて、ベランダから外の風景を撮りました。
思い出に残りたいため、ホテルの至る所も写真を撮りました。

1
部屋のベランダから。
d0029363_16040210.jpg



2
部屋のベランダから。
d0029363_16040769.jpg



3
d0029363_16042814.jpg



4
d0029363_16042146.jpg


5
前方は平良港。後方は伊良部大橋。
d0029363_16044083.jpg


6
前方は平良港。後方は伊良部大橋。
d0029363_16044486.jpg


7
伊良部大橋。
d0029363_16043439.jpg


8
平良港。
「平良港からは、宮古列島のうち、多良間島への定期船が就航している。
かつては、伊良部島の佐良浜港との間にも定期航路があったが、
2015年1月31日の伊良部大橋開通に伴い、同日に廃止された。」
d0029363_16045190.jpg


9
平良港。
d0029363_16050005.jpg



10
平良港。
d0029363_16053758.jpg


11
伊良部大橋。
d0029363_16051577.jpg



12
伊良部大橋。
d0029363_16052016.jpg



13
対岸は伊良部島。
d0029363_16052728.jpg



14
ホテルのプール。
d0029363_16054291.jpg


15
朝食券。
d0029363_16054851.jpg


16
朝食会場、レストラン「サンタフェ」。
d0029363_16055581.jpg



17
朝食レストラン「サンタフェ」。
d0029363_16060100.jpg


18
朝食レストラン「サンタフェ」。
d0029363_16060976.jpg


19
ホテルロビー。
d0029363_16061600.jpg


20
ホテルロビー。
d0029363_16062260.jpg


21
ホテルロビー。
d0029363_16062808.jpg


22
ホテル売店。
d0029363_16063427.jpg


23
ホテルのレンタサイクル。
d0029363_16064117.jpg


24
石敢當。(いしがんどう)
「石敢當は石敢當などの文字が刻まれた魔除けの石碑や石標。
中国で発祥したもので、日本では主に沖縄県や鹿児島県で見かける。」
d0029363_16064772.jpg



25
d0029363_16065357.jpg



26
「石敢當豆知識」
d0029363_23215795.jpg



27
ホテル入り口の「んみゃーち」。
d0029363_16070025.jpg



28
「んみゅーち」は、沖縄の宮古島の方言で「ようこそ」のこと。
「ようこそおいてくださいました」
d0029363_23340422.jpg


29
「シークワーサ」飲料。美味しい。

d0029363_16070717.jpg


30
お気に入り「黒砂糖かりんとう」。
d0029363_16071368.jpg


31
ご当地新聞。
d0029363_16072181.jpg


32
ご当地天気予報。
d0029363_16073579.jpg


~つづく














-----------------------------------------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-06-28 01:00 | 旅に出る

(ホテルアトールエメラルド宮古島) サンタフェ

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(10)

2017/06/09(金・晴れ)

”渡口の浜”を散策した後、今日の行程が終わりました。バスはホテルへ向かいました。
今回のツアーは一人の参加者でも同一料金のため、一人の参加者が多かった。
そのため、ホテルは2つに分かれました。

一人の参加者は、シングル部屋が多いの”宮古第一ホテル”に宿泊します。
二人の参加者(3組のみ)は、”ホテルアトールエメラルド宮古島”に宿泊します。

実際にホテルに着いた見ると、”宮古第一ホテル”は一般のビジネスホテル。
でも、”ホテルアトールエメラルド宮古島”は少しランク高いの観光ホテル。
いつも一人旅に出た自分は、「今回主人を誘って良かった」と思いました。

1
ホテルアトールエメラルド宮古島。(写真はHPから)
d0029363_23375932.jpg


2
宮古第一ホテル。(写真はネットから)
d0029363_23383488.jpg


3
一階のラウンジ「カーレント」。(ホテルアトールエメラルド宮古島)
d0029363_23384017.jpg


4
今回のツアーは珍しく夕食がついてませんでした。夕食はオプションになります。
オプションの夕食場所は、市内の「のむら」レストラン。
私と主人は部屋でゆっくり休みたいので、オプションの夕食に申し込まなかった。
夕食はホテル内のレストラン「サンタフェ」でしました。

一階のレストラン「サンタフェ」。
d0029363_23384594.jpg


5
レストラン「サンタフェ」。
d0029363_23385298.jpg


6
宮古牛のステーキ。200g
d0029363_23385816.jpg


7
宮古牛のハンバーグステーキ。250g
d0029363_23390499.jpg


8
平良港が見える座席でした。
d0029363_23391062.jpg


9
主人は「宮古牛のステーキ。200g」を注文しました。
d0029363_23392631.jpg


10
私は「宮古牛のハンバーグステーキ。250g」でした。
d0029363_23392173.jpg

11
一日移動行楽、体が疲れましたが、
宮古島の美しい風景に癒やされて、心が満悦でした。主人はご機嫌でした。
d0029363_23393804.jpg



12
d0029363_23394447.jpg


13
宮古島の夕日、ハワイの夕日と同じ綺麗でした。
d0029363_23395591.jpg



~つづく














-----------------------------------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-06-27 00:47 | 旅に出る

(下地島) 渡口の浜

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(9)

2017/06/09(金・晴れ)

渡口の浜は、沖縄県宮古島市伊良部島の南西部にある砂浜海岸である。
「緩やかな弓状の砂浜が約800mも続く海岸で、きめ細かな白砂の美しさと
水の透明度で沖縄県の中でも名高い。
渡口の浜の対岸には、宮古島、来間島の景色を望むことが出来る。」

1
白い砂浜が円弧を描いて、延びています。
d0029363_08525350.jpg


2
やさしい波の音、青空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜、
4つのコントラストはワンダフル、素晴らしい。
d0029363_10274092.jpg


3
砂がきめ細かく、とても綺麗です。
d0029363_07311450.jpg


4
d0029363_07312595.jpg


5
夫婦影。
d0029363_07350578.jpg



6
d0029363_07351188.jpg



7
主人の影。
d0029363_07312027.jpg


8
ビーチバレー。
d0029363_07352471.jpg


9
砂浜の小カニ。
d0029363_07353059.jpg


10
砂浜の小カニ。
d0029363_07353685.jpg


11
小カニの足跡。
d0029363_07354237.jpg



12
d0029363_07354849.jpg


13
砂浜で波の音を聴いて、心地が良い。
d0029363_07355846.jpg


14
d0029363_07360553.jpg


15
d0029363_07374948.jpg


16
d0029363_07375549.jpg


17
d0029363_07380715.jpg


18
d0029363_07381230.jpg


19
d0029363_07390109.jpg


20
d0029363_07385416.jpg

21
自転車で来られたのは羨ましい。
d0029363_07390858.jpg

22
ビーチバレー。島の子達、いいなぁ。
d0029363_07391683.jpg

23
主人の影。
d0029363_07393046.jpg


24
海岸からジャンプ。
d0029363_07412598.jpg


25
海岸からジャンプした男子、島の子はたくましい。
d0029363_07413269.jpg


26
d0029363_07414587.jpg


27
岩の隅に、小さなカニを探しました。
d0029363_07415437.jpg


28
d0029363_07420776.jpg


29
小さくカラフルな魚は熱帯魚らしい。
d0029363_07421941.jpg

30
小さくカラフルな魚は熱帯魚らしい。
d0029363_07423538.jpg


~つづく














-----------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-06-26 11:32 | 旅に出る

(下地島) 通り池

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(8)

2017/06/09(金・晴れ)

”下地島空港17エンド”を離れた後、バスは近くにある通り池にきました。
通り池は、沖縄県宮古島市の下地島に西岸にある池である。

1
通り池(下地島)の位置。(右/伊良部島。左/下地島)
d0029363_06341953.jpg


2
駐車場から通り池まで、茂る林道を通りました。歩行5~6分くらい。
d0029363_20255533.jpg


3
d0029363_20260242.jpg

4
野生パイナップルがありました。
d0029363_20260713.jpg

5
歩く5~6分後、通り池に着きました。
d0029363_20261462.jpg


6
d0029363_20262103.jpg



7
海岸の高台に、大きな穴の通り池。
d0029363_20270707.jpg


8

d0029363_20271306.jpg


9
通り池は2つがあります。
「海側の穴池が直径75m、水深45m。陸側の穴池は直径55m、水深25mである。」
d0029363_20272086.jpg



10
d0029363_20272694.jpg



11
d0029363_20273351.jpg



12
d0029363_20274824.jpg



13
d0029363_20275606.jpg



14
d0029363_20280460.jpg


15
「海岸高台に大きな穴池は2つと見えますが、実際に穴池の底部は繋がっております。
”通り池”という名は、このような穴池の構造に由来する。」
d0029363_20262719.jpg

16
「通り池の形成は、海岸にあった鐘乳洞が、海の波によって浸食されて、
大きくなり。また、鐘乳洞の天井が部分的に崩落して、形成された
陥没ドリーネに海水が浸入したものである。」
穴池の水は濃藍で、鏡のように平静しており。
d0029363_20263424.jpg


17
「通り池は深度によって、塩分濃度や水温に差があるため、
多種他様な魚介類が分布しており。」
d0029363_20264125.jpg



18
d0029363_20264720.jpg


19
「穴池の底は海と繋がっているため、潮の干満につれて、水面が上下し、
サーモクラインによって、通り池の水色が変化して見える。」
(サーモクライン:海洋や湖沼内部で、水温が鉛直に急激に変化する層
のこと。”水温躍層”とも訳される。)
d0029363_20265479.jpg


20
海岸高台に遊歩道が設置されてある。
d0029363_20281139.jpg


21
d0029363_20283866.jpg


22
d0029363_20303601.jpg


23
「通り池の周辺には、石灰岩が点在する”カレンフェルト”と
呼ばれるカルスト地形が発達している。」
d0029363_20304452.jpg


24
「通り池のある海岸は、希少な”カルスト地形”であるため、
周囲に貴重な植物が分布してある。そのため、
通り池は、2006年に国の名勝及び天然記念物にしてされている。
名勝と天然記念物と二重指定は33年ぶりのことである。
また、指定によって、通り池のダイビングが規制を受けることがないとされる。」
d0029363_20305229.jpg


25
d0029363_20311136.jpg


26
d0029363_20313614.jpg


27
d0029363_20314528.jpg


28
d0029363_20315685.jpg


29
通り池の近く、下地空港の「航空管制レーダー塔」2基が見えました。
d0029363_20323436.jpg


30
写真(30~36)はネットから引用したもの。
通り池と下地島空港の距離。
d0029363_08312673.jpg


31
空から見た通り池は、地面に大きな穴が2つ。とても神妙的。
d0029363_20324318.jpg


32
d0029363_20325152.jpg


33
自然は不思議です。
d0029363_20330161.jpg


34
通り池底のダイビング。池底が繋いでる、池の出口は2つ。
d0029363_20331032.jpg


35
イラストでこんな感じ。
d0029363_20332086.jpg


36
宮古島消防部により、通り池の救難訓練。いかにも危険と困難であり。
通り池を見学際、なるべく穴池に近づかない、落ちないように。
d0029363_20333550.jpg


~つづく














----------------------------------------------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-06-23 06:43 | 旅に出る

(下地島) 下地島空港17エンド

~宮古島4島(池間島/伊良部島/下地島/来間島)旅行~(7)

2017/06/09(金・晴れ)

下地島の青い空とエメラルドグリーンの海に伸びる一本桟橋。
あまり美しいすぎて、言葉が出ませんでした。
心打たれる美しさ、まさに目前にある風景。

1
d0029363_20225432.jpg


2
日本一美しい桟橋・下地空港の桟橋。
滑走路への進入灯を設置するための桟橋です。
d0029363_20234111.jpg


3
「下地島の大部分が空港施設で占められており、南北に延びる島の形に添って、
滑走路が作られています。その滑走路の北の一部が、海に突き出しており、
海に突き出した滑走路に進入灯が設置された美しい桟橋です。」
d0029363_20234876.jpg


4
「下地空港の北端、海上に突き出した美しい桟橋は通称「17エンド」と呼ばれます。
真北を0度とし、170度の方角に向かって、航空機が着陸してくるということ
から、こういう呼び方になっています。」
d0029363_20241302.jpg

下地空港の北端、海上に突き出

5
「下地空港の南端はその反対なので、170度に180度を足した350度の角度になり、
通称「35エンド」と呼ばれます。」
d0029363_20242289.jpg

下地空港の北端、海上に



6
海上桟橋は空港施設の一部なので、桟橋には入ることができません。
しかし桟橋のある海の周辺には道路が整備されており、堤防から海上の桟橋
眺めることができます。
海上桟橋は海の水平線まで延びているような風景、天空への一本道の光景です。
本当に素晴らしくて素晴らしくて、感動な絶景です。
d0029363_20243093.jpg


7
d0029363_20243603.jpg


8
d0029363_20244378.jpg


9
前方は下地空港の滑走路。海上の桟橋とは距離が近い。
d0029363_20245030.jpg


10
バスは海と空港敷地の間の道路をゆっくり走る。
d0029363_20251089.jpg


11
堤防側でぎりぎりバスが止まった。
d0029363_20251859.jpg


12
右に海上の桟橋、左に柵の向こうは下地空港。
d0029363_20252511.jpg


13
右に柵内側の敷地は下地空港です。
d0029363_20253711.jpg


14
d0029363_20254474.jpg


15
下地空港のタッチアンドゴー(Touch&Go)
(15~16)写真はネットから引用したもの。
こんなワンダフルな風景、永眠まで一回みたいです。
d0029363_00290360.jpg


16
d0029363_00402258.jpg

~つづく














-------------------------------------------------------------------------------------------------

# by k_ogane | 2017-06-22 01:06 | 旅に出る